鷹山 (C)1996-2020 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?
【学会】 in situ ESR法によるイオン液体を電解質に用いたEDLC中の炭素表面ラジカルの電位依存性、およびインピーダンス評価法の検…
一覧戻る進む·J-GLOBAL | 出張旅費申請
ID⇒#264@学会;
要約【学会】○関根智仁,…らは、2009年に神戸大学 百年記念館六甲ホール、瀧川記念学術交流会館で開催された第48回電子スピンサイエンス学会年会においてin situ ESR法によるイオン液体を電解質に用いたEDLC中の炭素表面ラジカルの電位依存性、およびインピーダンス評価法の検討について報告している⇒#264@学会;。
タイトルin situ ESR法によるイオン液体を電解質に用いたEDLC中の炭素表面ラジカルの電位依存性、およびインピーダンス評価法の検討
講演番号
発表者○関根智仁,伊藤智博,小林賢雄,吉田真由美,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明
会議名第48回電子スピンサイエンス学会年会
場所神戸大学 百年記念館六甲ホール、瀧川記念学術交流会館
会期2009/11/10
イベント第48回電子スピンサイエンス学会年会
URLhttp://e…
外部J-GLOBAL
対応URL
関連外部URLhttp://c1.yz.yam…
管理者仁科 辰夫
研究グループC1磁気共鳴計測グループ
PME形式○関根智仁,伊藤智博,小林賢雄,吉田真由美,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,in situ ESR法によるイオン液体を電解質に用いたEDLC中の炭素表面ラジカルの電位依存性、およびインピーダンス評価法の検討,第48回電子スピンサイエンス学会年会,神戸大学 百年記念館六甲ホール、瀧川記念学術交流会館, ,2009/11/10 9:00:00
書誌情報in situ ESR法によるイオン液体を電解質に用いたEDLC中の炭素表面ラジカルの電位依存性、およびインピーダンス評価法の検討
○関根智仁,伊藤智博,小林賢雄,吉田真由美,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,電子スピンサイエンス学会年会講演要旨集, 214-215  (2009).

現在電気重層キャパシター(EDLC)新しい電源として注目されているしかしEDLCに充放電繰り返すことで容量劣化起こることが知られている1)本研究では電極材料使われている炭素中のラジカル注目し異なる電解質カチオンによる炭素ラジカルの発生濃度の違いについてin situ ESR用いて測定し電解質カチオン種類炭素ラジカル量に及ぼす電解条件との関係調べたその結果ESR法によりサイクリクボルタモグラムからでは分からない反応の電位依存性みてとれるすなわちin situ ESR法によって電池やキャパシター容量劣化解析可能となる

関~仁は2010年にそれまでの研究In situ ESR法によるイオン液体用いたEDLCの評価② -炭素電極ラジカル量と電位依存性の関係-いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した1)


ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧