鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【学会】 アルミニウム集電体からの炭素導電助材剥離現象に関わるバインダーの種類
一覧戻る進む·J-GLOBAL | 出張旅費申請
ID⇒#291@学会;
要約【学会】本田千秋,及…らは、2011年にタワーホール船堀(〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1) で開催された第52回電池討論会においてアルミニウム集電体からの炭素導電助材剥離現象に関わるバインダーの種類について報告している⇒#291@学会;。
タイトルアルミニウム集電体からの炭素導電助材剥離現象に関わるバインダーの種類
英文タイトルThe influence of the several types of binder on the exfoliation of carbon conductor from aluminium current corrector
講演番号
発表者本田 千秋, 及川俊他, 佐々木貴史, 立花 和宏仁科 辰夫
会議名第52回電池討論会
場所タワーホール船堀(〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1)
会期2011/10/17
イベント第52回電池討論会
URLhttp://b…
外部J-GLOBAL
対応URL
関連外部URLhttp://c1.yz.yam…
管理者立花 和宏
研究グループ仁科・立花研究室(旧応用化学C1講座)
研究テーマ正極集電体へのバインダー接触と電池の信頼性(仮)
PME形式本田千秋,及川俊他,佐々木貴史,立花和宏,仁科辰夫,アルミニウム集電体からの炭素導電助材剥離現象に関わるバインダーの種類,第52回電池討論会,タワーホール船堀(〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1) , ,2011/10/17
書誌情報アルミニウム集電体からの炭素導電助材剥離現象に関わるバインダーの種類
本田千秋,及川俊他,佐々木貴史,立花和宏,仁科辰夫,第52回電池討論会 講演要旨集, p.312 (2011).

集電体バインダー導電助材ヘテロ界面現象過充電時の内部抵抗上昇
スラリー間接触抵抗に及ぼすバインダの影響仮題

集電体不動態皮膜バインダ炭素形成されるヘテロ界面バインダ種類よって大きく挙動が異なるまるで分子トランジスタようだ

とくにSBRは導入に注意が必要

Fig.1 バインダーと集電体変えて炭素材料塗布した電極の1M TEMA BF4 PC中でのボルタモグラム示すバインダーPVdF/NMP溶液使用した電極では初回アノード分極時に1.52.0Vでスパイク状の過渡電流が観察されたこのスパイク状の過渡電流は集電体と炭素材料の微小剥離によって瞬間的に生じるフレシュな露出面に流れる電流であり集電体にTi使用した場合により顕著になった逆に予めアノード酸化した集電体ではこのスパイク状の過渡電流は観察されなかったバインダーSBR/H2O分散液使用した電極では集電体の種類や状態に関わらずほとんどこのスパイク状の過渡電流が観察されなかった


著者
ちあきは2012年にそれまでの研究正極集電体へのバインダー接触電池信頼性いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した1)

しゅんやは2012年にそれまでの研究炭素導電助材の集電体からの微小剥離と過渡電流観察いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した2)

サイクリックボルタンメトリー 交流インピーダンス法

バインダーの極性と電池性能に関する研究3)

スチレンブタジエンゴムSBR4)

物理量緩和時間5)誘電率6)双極子モーメント7)誘電損失8)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,バインダ9)
分散バインダーSBR10)
溶剤バインダーPVdF11)
卒業研究-電気化学2004,学会発表201112)
卒業研究-電気化学2004,交流インピーダンス法13)
卒業研究-電気化学2004,サイクリックボルタンメトリーCV14)
卒業研究-電気化学2004,電池討論会15)



実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ > 分散系バ > 分散系バインダー(SBR系),分散系バインダー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ > 溶剤系バ > 溶剤系バインダー(PVdF),溶剤系バインダー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2011_H23@C1,【2011年度(平成23)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

実験方法 > 測定と評 > 交流インピーダンス法,測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

実験方法 > 測定と評 > ボルタン > サイクリックボルタンメトリー(CV),ボルタンメトリー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

結果と考 > 学会発表 > 電池討論会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).

(1正極集電体へのバインダー接触と電池の信頼性(仮)
本田 千秋, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 卒業論文 (2012).
(2炭素導電助材の集電体からの微小剥離と過渡電流観察(仮)
及川 俊也, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 卒業論文 (2012).
(3バインダーの極性と電池性能に関する研究プロジェクト.
(4@ > 有機材料 > 高分子材 > プラスチ > ゴム > スチレンブタジエンゴム(SBR)
スチレンブタジエンゴム(SBR), (材料).
(5緩和時間 tr / s.
(6誘電率 ε / F/m.
(7双極子モーメント μ / D.
(8誘電損失 tanδ / .
(9実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(10実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ > 分散系バ > 分散系バインダー(SBR系),分散系バインダー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(11実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ > 溶剤系バ > 溶剤系バインダー(PVdF),溶剤系バインダー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(12緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2011_H23@C1,【2011年度(平成23)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(13実験方法 > 測定と評 > 交流インピーダンス法,測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(14実験方法 > 測定と評 > ボルタン > サイクリックボルタンメトリー(CV),ボルタンメトリー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(15結果と考 > 学会発表 > 電池討論会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2012).

ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧