鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【学会】 導電助材の混練による正極活物質の結晶構造変化と電池性能
一覧戻る進む·J-GLOBAL | 出張旅費申請
ID⇒#292@学会;
要約【学会】本田千秋,武…らは、2011年に朱鷺メッセ(新潟市) で開催された2011年電気化学秋季大会において導電助材の混練による正極活物質の結晶構造変化と電池性能について報告している⇒#292@学会;。
タイトル導電助材の混練による正極活物質の結晶構造変化と電池性能
英文タイトルChange in a crystal structure and battery performance of cathode active material by mixing with carbon conductor
講演番号
発表者本田 千秋武田 浩幸八重樫 起郭立花 和宏仁科 辰夫, 松嶋雄太
会議名2011年電気化学秋季大会
場所朱鷺メッセ(新潟市)
会期2011/09/09
イベント
URL
外部J-GLOBAL
対応URL
関連外部URLhttp://c1.yz.yam…
管理者立花 和宏
研究グループ仁科・立花研究室(旧応用化学C1講座)
研究テーマ正極集電体へのバインダー接触と電池の信頼性(仮)
PME形式本田千秋,武田浩幸,八重樫起郭,立花和宏,仁科辰夫,松嶋雄太,導電助材の混練による正極活物質の結晶構造変化と電池性能,2011年電気化学秋季大会,朱鷺メッセ(新潟市) , ,2011/09/09
書誌情報導電助材の混練による正極活物質の結晶構造変化と電池性能
本田千秋,武田浩幸,八重樫起郭,立花和宏,仁科辰夫,松嶋雄太,2011年電気化学秋季大会 講演要旨集 (2011).

正極活物質メカニカルミリングによって各種炭素導電助材と粉体混練すると炭素の種類によって正極活物質の結晶構造が変化するこれは炭素の表面官能基によって正極活物質のリチウムが脱離したためと考えられる

ちあきは2012年にそれまでの研究正極集電体へのバインダー接触電池信頼性いうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した1)

もなは2012年にそれまでの研究炭素接触によるマンガンリチウム金属価数変化というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した2)

○本田,…らは2011年に横浜国立大学(横浜市保土ヶ谷区常盤台79-5)で開催された電気化学会第78回大会においてリチウム電池サイクル特性向上のための材料混合の順序とバインダー選択について報告している3)

ミリングの効果4)

たけ5)

マンガンリチウム6)

スピネル
カーボンブラック
アセチレンブラ基準試料7)
KS-158)9)10)
ハードカーボン11)
チェンブラ EC-600JD12)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,学会発表201113)
卒業研究-電気化学2004,電気化学秋季大会14)
XRDX線回折…はXRDX線回折です 結晶の秩序について調べますX線管クーリ15)16)発生したX線試料照射回折してきたX線の粒子デテクタシン…ことが知られている17)
卒業研究-電気化学2004,導電助材|活物質界面18)
エネルギー変換化学特論,粉体混合粒度分布19)
電極操作の基礎とスラリー調整,スラリーの調整材料の分散と乾燥条件20)


学会2011年電気化学秋季大会新潟県新潟市21)

XRD(UitimaRIGAKU,)用いた22)



リチウム電池のサイクル特性向上のための材料混合の順序とバインダーの選択
○本田千秋,八重樫起郭,藤田圭介,佐藤史人,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2011).

緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2011_H23@C1,【2011年度(平成23)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

結果と考 > 学会発表 > 電気化学秋季大会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

実験方法 > 装置と器 > 装置、器 > 機器分析 > XRD(X線回折),機器分析
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 導電助材|活物質(界面),電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

エネルギ > 【201 > 化学工学 > 粉体の混合と粒度分布,化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~(2011_H23)
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

 > スラリーの調整/材料の分散と乾燥条件,
立花 和宏,電極操作の基礎とスラリー, 講義ノート, (2012).

【学会】2011年電気化学秋季大会@新潟県新潟市
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

XRD
,UitimaⅣ(RIGAKU),,(,).

(1正極集電体へのバインダー接触と電池の信頼性(仮)
本田 千秋, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 卒業論文 (2012).
(2導電助材の混練による正極活物質の結晶構造変化と電池性能
相田 桃那, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 卒業論文 (2012).
(3リチウム電池のサイクル特性向上のための材料混合の順序とバインダーの選択
○本田千秋,八重樫起郭,藤田圭介,佐藤史人,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2011).
(4ミリングの効果.
(5過充電時における導電助材の体積膨張に及ぼす電解組成の効果
武田 浩幸, 山形大学 理工学研究科 物質化学工学専攻, 修士論文 (2012).
(6マンガン酸リチウム, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2005).
(7アセチレンブラック(基準試料), 仁科研究室(南西側)パソコン, 立花 和宏, (2009).
(8KS-15, C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室), 尾形 健明, (2005).
(9KS-15, C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室), 尾形 健明, (2005).
(10グラファイト KS-15 (フコク提供), 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2005).
(11ハードカーボン, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2009).
(12ケッチェンブラック EC-600JD, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2005).
(13緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2011_H23@C1,【2011年度(平成23)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(14結果と考 > 学会発表 > 電気化学秋季大会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(15波長 λ / m.
(16 > 原子と原子核
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, , (2006).
(17実験方法 > 装置と器 > 装置、器 > 機器分析 > XRD(X線回折),機器分析
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(18結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 導電助材|活物質(界面),電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(19エネルギ > 【201 > 化学工学 > 粉体の混合と粒度分布,化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~(2011_H23)
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).
(20 > スラリーの調整/材料の分散と乾燥条件,
立花 和宏,電極操作の基礎とスラリー, 講義ノート, (2012).
(21【学会】2011年電気化学秋季大会@新潟県新潟市
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(22XRD
,UitimaⅣ(RIGAKU),,(,).

ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧