鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【学会】 コンダクトメトリーによる炭素材料分散スラリー乾燥過程における導電ネットワーク形成の解析
一覧戻る進む·J-GLOBAL | 出張旅費申請
ID⇒#307@学会;
要約【学会】佐藤史人,立…らは、2011年に〒464-0813 名古屋市千種区仁座町(名古屋大学東山キャンパス内)で開催された第38回炭素材料学会においてコンダクトメトリーによる炭素材料分散スラリー乾燥過程における導電ネットワーク形成の解析について報告している⇒#307@学会;。
タイトルコンダクトメトリーによる炭素材料分散スラリー乾燥過程における導電ネットワーク形成の解析
講演番号2A13
発表者佐藤 史人立花 和宏仁科 辰夫
会議名第38回炭素材料学会
場所〒464-0813 名古屋市千種区仁座町(名古屋大学東山キャンパス内)
会期2011/11/29
イベント第38回炭素材料学会
URLhttp://w…
外部J-GLOBAL
対応URL
関連外部URLhttp://c1.yz.yam…
管理者立花 和宏
研究グループ仁科・立花研究室(旧応用化学C1講座)
研究テーマリチウムイオン二次電池電極合材スラリー中炭素粒子分散剤に関する研究
PME形式佐藤史人,立花和宏,仁科辰夫,コンダクトメトリーによる炭素材料分散スラリー乾燥過程における導電ネットワーク形成の解析,第38回炭素材料学会,〒464-0813 名古屋市千種区仁座町(名古屋大学東山キャンパス内), ,2011/11/29
書誌情報コンダクトメトリーによる炭素材料分散スラリー乾燥過程における導電ネットワーク形成の解析
佐藤史人,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2011).

タイトルコンダクトメトリーによる炭素材料分散スラリー乾燥過程における導電ーク形成の解析

発表区分オーラル

キーードコンダクトメトリー 炭素導電助材分散粒子ストラクチャーリチウム次電池
概要リチウムイオン次電池合材スラリー中の分散粒子が乾燥過程においていかにして導電ーク形成するかその粒子凝集過程は分に解明されているとは言えない本研究はコンダクトメトリー炭素材料分散スラリー評価応用することでスラリー乾燥過程における導電ーク形成の解析試みた

コンダクトメトリーによる導電ペースト乾燥過程における導電ーク形成の解析
(山形大院理工*) ○佐藤史人*立花和宏*仁科辰夫*
英語要約

1. 緒言
 柳沼らはリチウムイオン次電池用正極合材スラリー乾燥過程において炭素|炭素間炭素|活物質間の導電ーク形成解析in-situインピーダンス測定より試みた結果スラリーよってインピーダンス位相差の変化が異なると述べている1)
 交流での抵抗(インピーダンス)導電性フィラーだけでなくベース樹脂特性影響導通経路の出来映えの影響受けるため直流抵抗値が同じような材料であっても大きく異なる場合があることが報告されている2)
 導電性接着剤実装の信頼性評価に関して電気抵抗値や絶縁特性始めとするいずれの評価においても標準的な評価方法が確立していないのが現状である2)
 導電性接着剤乾燥過程においていかして導電性が発現するのか粒子凝集過程は現在も明らかにされていない3)
 本研究は柳沼らの測定法導電性接着剤の評価にも応用し乾燥過程においてスラリー中の分散粒子がいかにして導電ーク形成するか電流アドミタンス位相指標として解析試みた

2. 実験方法
スラリー 炭素材料 分散剤
AB ノニオン
AB アニオン
KB ノニオン
親水化AB ノニオン
 4mm×40mmのアルミ厚み0.1mm2枚用意し1mmの間隔空けてエポキシ樹脂マルトーペトロポキシ154アルミ貼り付け乾燥プロセスインピーダンス測定するためのセル作製した次に炭素材料スラリー作製した炭素導電助材ABアセチレンブラ親水化ABKBチェンブラ用いてTable 1示す4種のスラリー作製したスラリーは分散剤使って水に分散させただけのスラリーであるスラリーセルに塗布しトプレートマルトーMS16060℃から80℃に昇温し乾燥させた乾燥と同時に2017Hz0.1Vppでアドミタンスと位相差測定した測定装置ポテンショスタ東方技研, 2020ファンクションジェネレータNF回路ブロWF1945BクインアンプNF回路ブロLI575レコーダーグラフテGL900オシロスコープテクトロニクス2247A使用した

ふみとは2012年にそれまでの研究リチウムイオン次電池正極用合材スラリーの評価法に関する研究というテーマで修士論文としてまとめ山形大学卒業したリチウムイオン二次電池正極用合材スラリーの評価法に関する研究1)

関連講義卒業研究-電気化学2004,カーボン材料カーボンブラカーボン材料(カーボンブラック系)2)

材料炭素材料スラリー

物理量ポットライフ t 〔s導電率 κ 〔S/m誘電率 ε 〔F/m双極子モーメント μ 〔D

○柳沼雅章,…らは2009年に国立京都国際会館〒606-0001 京都市左京区宝ヶ池開催された第50回電池討論会においてリチウムイオン次電池合材スラリーin-situインピーダンス測定による乾燥プロセス解析ついて報告しているリチウムイオン二次電池合材スラリーのin-situインピーダンス測定による乾燥プロセスの解析3)

関連講義コンダクトメトリーによる導電ペースト乾燥過程における導電ーク形成の解析,コンダクトメトリー:電解液から分散液まで4)

学会炭素材料学会愛知県名古屋【学会】炭素材料学会@愛知県名古屋市


カーボン材料(カーボンブラック系)
リチウムイオン二次電池合材スラリーのin-situインピーダンス測定による乾燥プロセスの解析
コンダクトメトリー:電解液から分散液まで
【学会】炭素材料学会@愛知県名古屋市

ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧