鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【学会】 交流インピーダンス測定によるリチウムイオン二次電池の合材スラリーの分散安定性モニタリング
一覧戻る進む·J-GLOBAL | 出張旅費申請
ID⇒#345@学会;
要約【学会】本田千秋、小…らは、2013年に京都教育文化センターで開催された第40回炭素材料学会において交流インピーダンス測定によるリチウムイオン二次電池の合材スラリーの分散安定性モニタリングについて報告している⇒#345@学会;。
タイトル交流インピーダンス測定によるリチウムイオン二次電池の合材スラリーの分散安定性モニタリング
講演番号2A10
発表者本田 千秋小野寺 伸也伊藤 知之立花 和宏仁科 辰夫
会議名第40回炭素材料学会
場所京都教育文化センター
会期2013/12/03
イベント第40回炭素材料学会
URLhttp://w…
外部J-GLOBAL
対応URL/amenity/~host/y…
関連外部URL
管理者立花 和宏
研究グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
PME形式本田千秋、小野寺伸也、伊藤知之、立花和宏、仁科辰夫,交流インピーダンス測定によるリチウムイオン二次電池の合材スラリーの分散安定性モニタリング,第40回炭素材料学会,京都教育文化センター, ,2013/12/03
書誌情報交流インピーダンス測定によるリチウムイオン二次電池の合材スラリーの分散安定性モニタリング
本田千秋、小野寺伸也、伊藤知之、立花和宏、仁科辰夫,講演要旨集, p.136 (2013).

リチウムイオン次電池の合材スラリーゲル化に活物質の種類が及ぼす影響

交流インピーダンス測定によるリチウムイオン次電池の合材スラリー分散安定性モニタリング

リチウムイオン次電池用炭素分散スラリーは後にバインダーや活物質などが添加され合材スラリーとして集電体に塗工される井町らは活物質が添加されてからの合材スラリー分散安定性が悪くなり集電体への塗工性密着性影響すると述べている1)集電体への最適な塗工のため活物質投入後の合材スラリー分散状態モニタリング望まれているしかし合材スラリーは黒いため目視での観察が難しいよって本研究ではリチウムイオン次電池の合材スラリー分散安定性交流インピーダンス法によるモニタリングの可能性調べること目的とした

> 発表要旨
> リチウムイオン次電池用炭素分散スラリーは後にバインダー活物質などが
添加さ合材スラリーとなり電極に塗工されるそこで炭素分散スラリー
スラリーにしたときの分散安定性交流インピーダンス法で見ること試み見

> 合材スラリー分散性が交流インピーダンス測定することによって解析でき
特にガラスセル使用することによって分散していたものが沈殿していく様
子が確認できたトライフ予測ができる

ABとKBの違い1)

学会○藤原翔, …らは2012年にで開催された平成24年度 化学系学協会東北大会において交流インピーダンス法による炭素材料スラリー分散安定性とゲル化の評価について報告している2)



ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧