鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

×
【人名】 斉藤 純一郎
一覧戻る進む·スパイシー·J-GLOBAL·CiNii/検索·MS Academic·プロジェクト·研究助成·口頭発表·研究ノート
研究者
● スパイシー
個人情報保護
山大図書
山大雑誌
研究者
■ 山形大学研究者情報
山大スタッフ
● 研究者人材
● 研究開発支援
プロジェクト
● Webレター
● スパイシー
● J-GLOBAL
● CiNii/検索
● MS Academic
プロジェクト
研究助成
口頭発表
研究ノート
ID⇒#1008@人名;
要約【人名】斉藤 純一郎⇒#1008@人名;
ハンドル斉藤 純一郎
氏名斉藤 純一郎
教職員
研究活動
文献 
研究ノート 
個人情報ソース
プロフィールJ-GLOBAL Read CiNii MS_Academic SPYSEE
関連外部URLhttp://amenity.y…
研究ノート
研究ノートにはいろいろなコンテンツがあります。研究テーマや学会発表タイトルとリンクさせることもできます。研究ノートを追加するには…詳細…
プロジェクトメンバー
研究者グループ…
経過
経過…
対象
対象…
説明
さいとうは2012年にそれまでの研究物質管理データベース活用した工場排出物の資源リサイクル技術への展開に関する研究というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した1)

伊藤智博,齊…らは2011年にで開催された平成22年度情報処理学会東北支部研究会においてフェデレーションアーキティクチャによる資源有効活用のためのデータベース構築の検討について報告している2)

伊藤智博斉…らは2011年に福岡国際会議場で開催された大学ICT推進協議会 2011年度年次大会において分散配置されたアクティブディレクトリ利用した高可用性認証連携システムの実現について報告している3)

○斎藤純郎…らは2011年に東北大学川内北キャンパス(宮城県仙台市青葉区川内27-1) 開催された平成23年度 化学系学協会東北大会においてフェデレーション技術よる廃棄物処理法電子マニフェストPRTR法物質管理統合システム開発ついて報告している4)

(1物質管理データベースを活用した工場排出物の資源リサイクル技術への展開に関する研究
齊藤 純一郎, 山形大学 理工学研究科 物質化学工学専攻, 修士論文 (2012).
(2フェデレーションアーキティクチャによる資源有効活用のためのデータベース構築の検討
伊藤智博,齊藤純一郎,栗原聖和,奥山澄雄,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,講演要旨集 (2011).
(3分散配置されたアクティブディレクトリを利用した高可用性認証連携システムの実現
伊藤智博,齊藤 純一郎,位多,立花和宏,講演要旨集 (2011).
(4フェデレーション技術による廃棄物処理法電子マニフェストとPRTR法物質管理との統合システムの開発
○齊藤 純一郎,栗原聖和,伊藤智博,奥山澄雄,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,平成23年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2011).