鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

×
【人名】 山口 晃
一覧戻る進む·スパイシー·J-GLOBAL·CiNii/検索·MS Academic·プロジェクト·研究助成·口頭発表·研究ノート
研究者
● スパイシー
個人情報保護
山大図書
山大雑誌
研究者
■ 山形大学研究者情報
山大スタッフ
● 研究者人材
● 研究開発支援
プロジェクト
● Webレター
● スパイシー
● J-GLOBAL
● CiNii/検索
● MS Academic
プロジェクト
研究助成
口頭発表
研究ノート
ID⇒#248@人名;
要約【人名】山口 晃⇒#248@人名;
ハンドル山口 晃
氏名山口 晃
教職員
研究活動
文献 
研究ノート 
個人情報ソース
プロフィールJ-GLOBAL Read CiNii MS_Academic SPYSEE
関連外部URLhttp://amenity.y…
研究ノート
研究ノートにはいろいろなコンテンツがあります。研究テーマや学会発表タイトルとリンクさせることもできます。研究ノートを追加するには…詳細…
プロジェクトメンバー
研究者グループ…
経過
経過…
対象
対象…
説明
立花和宏,○…らは1993年に岩手大学教育学部で開催された平成5年度化学系7学協連合東北地方大会において単正弦波相関法によるリチウム次電池の充放電時のインピーダンス挙動について報告している1)

立花和宏, …らは1993年に広島国際会議場広島市中区中島町1-5 平和祈念公園内で開催された第34回電池討論会において単正弦波相関法によるリチウム次電池の性能評価について報告している2)

やまぐちは1994年にそれまでの研究リチウム次電池への単正弦波相関法の適用についてというテーマで修士論文, No.1732としてまとめ山形大学卒業した3)