鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

×
【人名】 本田 千秋
一覧戻る進む·スパイシー·J-GLOBAL·CiNii/検索·MS Academic·プロジェクト·研究助成·口頭発表·研究ノート
研究者
● スパイシー
個人情報保護
山大図書
山大雑誌
研究者
■ 山形大学研究者情報
山大スタッフ
● 研究者人材
● 研究開発支援
プロジェクト
● Webレター
● スパイシー
● J-GLOBAL
● CiNii/検索
● MS Academic
プロジェクト
研究助成
口頭発表
研究ノート
ID⇒#651@人名;
要約【人名】本田 千秋⇒#651@人名;
ハンドルちあき
氏名本田 千秋
教職員
研究活動第40回炭素材料学会(2013/12/3)第30回ARS弘前コンファレンス(2013/11/7)第54回電池討論会(2013/10/7)電気化学会第80回大会(2013/3/29)表面技術協会第127回講演大会 (2013/3/18)第53回電池討論会(2012/11/14)第29回ARS津軽コンファレンス(2012/11/1)2012年電気化学秋季大会(2012/10/7)表面技術協会第125回講演大会 (2012/3/13)第52回電池討論会(2011/10/17)電気化学会第78回大会(2011/3/29)
文献 
研究ノートESILTOと内部抵抗【実験】PVdFとPTFE(クロノアンペロメトリー)【実験】集電体のアノード酸化ミリング試料ピーク観察されずサイクリックボルタンメトリーSEM(EDX)による活物質粒度の確認SEM(EDX)、粒度分布、ESRコンタクト(スピネル)CVサイクル劣化率、ピーク幅電位増大コンタクト(スピネル)XRD半値幅増大新規電解液ミリングの有無誘電率、双極子モーメント、柔軟性巡検自主配属
個人情報ソース
プロフィールJ-GLOBAL Read CiNii MS_Academic SPYSEE
関連外部URL/amenity/Laborat…
研究ノート
研究ノートにはいろいろなコンテンツがあります。研究テーマや学会発表タイトルとリンクさせることもできます。研究ノートを追加するには…詳細…
プロジェクトメンバー

バインダーの極性と電池性能に関する研究

/バインダーの極性と電池性能に関する研究/ちあき

電池の分散剤について

/Liイオン二次電池用分散剤の電気化学的評価の研究/ちあき

集電体のアンカーコートについて

/集電体のアンダーコートに関する研究/ちあき

炭素導電助材の分散について

/炭素導電助材の分散について/ちあき

炭素材料に関する研究

/炭素材料に関する研究/ちあき
研究者グループ…
経過
経過…
対象
Al|AB,PVdF,LiMn2O4|TEMABF4/PC Lot1
Al|AB,PVdF,LiCoO2|TEMABF4/PC Lot1
Al|LiTiO2,AB,
PVdFで作製した電極(AB/KF7200=5/10の比率で15μmのアルミ箔に塗布)
Al|AB|IX-1-NE-101
Al|AlF3(新)|AB(粉),PTFE|1M LiPF6、EC、EMC|Pt
Al|AlF3(BF4)|AB(粉),PTFE|1M LiPF6、EC、EMC|Pt
EDLCセル:Al|AB+|TEMA|
EDLCセル:Al|AB+|TEMA|
EDLCセル:Al|AB+|TEMA|
EDLCセル:Al|AB+|TEMA|
EDLCセル:Al|AB+|TEMA|
対象…
説明
ちあきは2014年にそれまでの研究固体表面双極子モーメント抑制によるリチウム電池集電体炭素材料界面接触抵抗低減というテーマで修士論文としてまとめ山形大学卒業した1)

ちあきは2012年にそれまでの研究電気化学炭素分散バインダーいうテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した2)

○上岡孝弘,…らは2012年に秋田大学で開催された平成24年度 化学系学協会東北大会においてリチウムイオン次電池用バインダーある高分子材料溶解した溶液の導電機構について報告している3)