(C)1996- 2022   Copyright  データベースアメニティ研究所
バーチャル卒業式やりませんか?

うこぎ葉中の総ポリフェノール量に及ぼす調理加工の影響



http://mri.yz.yamagata-u.ac.jp/


うこぎポリフェノール

材料フェノール試薬1)
手法フォーリン-チオカルト法
機器フラトベドスキャナー(EPSON GT-S620,EPSON)2)

同期
植物ストレスポリフェノール3)
カイポリフェノール4)

先輩
高~大は2012年にそれまでの研究スキャナ用いる多検体同時比色分析法の研究 ポリフェノール量の定量というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した5)
さやえんどうは2007年にそれまでの研究ESR法によるヒメウコギ抗酸化能評価の研究というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した6)
豊~朗は2010年にそれまでの研究スキャナによる多検体同時比色分析法の検討というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した7)

文献資料
http://jglobal.j…
特開201133347,ポリフェノールの定量法
緑茶と紅茶の総ポリフェノール量の決定ISO公定法8)



フラットベッドスキャナー
,EPSON GT-S620,スキャナ,(EPSON,).

(1フェノー > フェノール試薬
フェノール試薬Phenol Reagent, (材料).
(2フラットベッドスキャナー
,EPSON GT-S620,スキャナ,(EPSON,).
(3植物ストレス&ポリフェノール(仮)
大木 乃梨子, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).
(4カイワレ&ポリフェノール
斎藤 充慶, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).
(5スキャナを用いる多検体同時比色分析法の研究 ―総ポリフェノール量の定量―
高瀬 雄大, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 卒業論文 (2012).
(6ESR法によるヒメウコギの抗酸化能評価の研究
遠藤芳寛, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2007).
(7スキャナによる多検体同時比色分析法の検討(仮)
豊田 樹朗, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2010).
(8 > 緑茶と紅茶の総ポリフェノール量の決定(ISOの公定法)
International Organization for Standardization, ISO 14502-1 Determination of substances characteristic of green and black tea -- Part 1: Content of total polyphenols in tea -- Colorimetric method using Folin-Ciocalteu reagent, International Organization for Standardization, (2005).