鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
エッチド…
研究テーマ一覧
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
 

エッチドアルミ箔に塗布したバインダーの接触角がサイクル特性に及ぼす影響

接触角⇒#281@物理量; 比抵抗⇒#173@物理量;5MΩのイオン交換水で5wt%アジピン酸アンモニウム水溶液を調整した。 銀線を3M硝酸で前処理した後、0.1M塩酸中で0.8mA/cm2の電流密度で15分間電解し、銀/塩化銀を作成した。 アジピン酸アンモニウム水溶液を寒天で固め、塩橋を作成した。 0.1MNaOH水溶液および0.65M硝酸を調整した。 恒温槽に3電解式の電解セルを組み立てた。 アルミニウムを0.1MNaOH水溶液および0.65M硝酸で前処理した後、ポテンショスタット、ファンクションジェネレーター、XYレコーダーを用いてサイクリックボルタモグラムを測定した。 1.アルミニウムの前処理・・・NaOH(60sec)→蒸留水(10sec)→硝酸(30sec)→蒸留水(10sec) 2.蒸留水から出してから15秒後に自然電位測定。 3.自然電位を測定してから30秒後に掃引開始。 ⇒#19@材料; <実験結果> 図3~5に測定を行ったボルタモグラムを示す。 図3~5は同日に同条件で6回連続測定したうちの3枚である。 卒業研究中

なおちゃん, 山形大学 卒業論文(仁科・立花研), (2006).

卒論…