鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
導電助材…
研究テーマ一覧
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
 

導電助材の混練による正極活物質の結晶構造変化と電池性能

炭素接触によるリチウム電池正極活物質の金属価数変化(仮) 炭素と活物質をミリングすると活物質の結晶構造が変化する。それは炭素の結晶構造にはよらずむしろ炭素の表面の性質に起因しているようだ。いったい活物質にどのような変化が起きているのか、結晶構造が変化した活物質を化学分析して価数をチェックする。 【同輩】しょうた⇒#476@卒論;ちあき⇒#472@卒論; 【卒業論文】 たなかは、2000年に、それまでの研究を二酸化マンガンの化学分析と標準化というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#168@卒論;。 まきは、2010年に、それまでの研究を液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池負極カーボン材料選びの最適条件の解析というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#437@卒論;。 いながわひろむ⇒#35@卒論; 【2011年度(平成23)卒業研究】⇒#3493@講義; 【キーワード】 XRD 滴定 化学分析 ミリング 【試料】 マンガン酸リチウム⇒#464@化学種; 本田千秋,武…らは、2011年に朱鷺メ

もな, 山形大学 卒業論文(仁科・立花研), (2012).

卒論…