鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【卒論】 アルミニウム陽極酸化における定電位電流絞り込み過程での皮膜成長機構
一覧戻る進む
ID⇒#136@卒論;
要約【卒論】こまたは、1998年に、それまでの研究をアルミニウム陽極酸化における定電位電流絞り込み過程での皮膜成長機構というテーマで修士論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#136@卒論;。
書誌情報アルミニウム陽極酸化における定電位電流絞り込み過程での皮膜成長機構
小又 一義, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (1998).
学籍番号・氏名 小又一義
受理日1998/03/01
関連外部URL
シラバス卒業研究(C1-尾形研究室2003)
講義ノート結果と考 > 卒業論文 > 卒業研究について
研究室松木・仁科研究室
指導教員C1:立花
グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
管理者立花 和宏
研究場所(未登録 > (未登録)
検索 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
口頭発表
 
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
説明
水溶液系におけるアルミニウム陽極酸化高電場機構パラメータ定式化しました

電池の発表もしました1)インピーダンス解析もやりました2)シミュレーションもやりました3)
有機電解液と両方でした4)

小又義…らは1997年に新宿で開催された電気化学会第65回大会においてアルミニウムの定電位陽極酸化時の皮膜厚みの変化-インピーダンス測定による検討とそのコンピュータシミュレーション-について報告している5)


関連講義卒業研究-電気化学2004,アルミニウム|水溶液6)

1997年度平成卒業研究7)
1997平成年度研究ノート8)

1996平成年度研究ノート9)
1992平成年度ノート10)

こまた11)


単一正弦波相関法によるLiMn2O4を正極とするテストセルの充放電時におけるIn situ インピーダンス測定
小又一義,第37回電池討論会講演要旨集 (1996).

アジピン酸アンモニウム水溶液中におけるアルミニウム陽極酸化反応のインピーダンス解析による検討
小又一義,平成8年度化学系7学協連合東北地方大会講演要旨集 (1996).

アルミニウムの定電位陽極酸化時の皮膜厚みの変化-インピーダンス測定による検討とそのコンピュータシミュレーション-
小又一義,電気化学会第65回大会講演要旨集 (1997).

アルミニウムの定電位陽極酸化時の皮膜厚みの変化-インピーダンス測定による検討とそのコンピュータシミュレーション-
小又一義,電気化学会第65回大会講演要旨集 (1997).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニウム|水溶液,集電体|電解液(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

緒言(C > C1履歴 > 【1997年度(平成9)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1997).

◆1997(平成9)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1997).

◆1996(平成8)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1996).

◆1992(平成4)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1992).

(1単一正弦波相関法によるLiMn2O4を正極とするテストセルの充放電時におけるIn situ インピーダンス測定
小又一義,第37回電池討論会講演要旨集 (1996).
(2アジピン酸アンモニウム水溶液中におけるアルミニウム陽極酸化反応のインピーダンス解析による検討
小又一義,平成8年度化学系7学協連合東北地方大会講演要旨集 (1996).
(3アルミニウムの定電位陽極酸化時の皮膜厚みの変化-インピーダンス測定による検討とそのコンピュータシミュレーション-
小又一義,電気化学会第65回大会講演要旨集 (1997).
(4非水有機電解液中におけるアルミニウム微小電極の陽極酸化
根兵 靖之, 卒業論文, (1996).
(5アルミニウムの定電位陽極酸化時の皮膜厚みの変化-インピーダンス測定による検討とそのコンピュータシミュレーション-
小又一義,電気化学会第65回大会講演要旨集 (1997).
(6結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニウム|水溶液,集電体|電解液(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(7緒言(C > C1履歴 > 【1997年度(平成9)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1997).
(8◆1997(平成9)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1997).
(9◆1996(平成8)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1996).
(10◆1992(平成4)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1992).
(11ジカルボン酸によるマンガン化合物の生成について
小又 一義, 卒業論文, (1993).
文献
出版物…
試料
試料…
学会発表
学会…