鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【卒論】 薄膜LiMx(M=Co,Ni,Mn)Oy電極の作成及び高速電位掃引時の反応可逆性
一覧戻る進む
ID⇒#164@卒論;
要約【卒論】まさのりは、2000年に、それまでの研究を薄膜LiMx(M=Co,Ni,Mn)Oy電極の作成及び高速電位掃引時の反応可逆性というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#164@卒論;。
書誌情報薄膜LiMx(M=Co,Ni,Mn)Oy電極の作成及び高速電位掃引時の反応可逆性
佐藤 昌則, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2000).
学籍番号・氏名 佐藤昌則
受理日2000/03/31
関連外部URL
シラバス卒業研究(C1-尾形研究室2003)
講義ノート結果と考 > 卒業論文 > 卒業研究について
研究室仁科研究室
指導教員C1:仁科辰夫・立花和宏
グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
管理者立花 和宏
研究場所(未登録 > (未登録)
検索 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
口頭発表
 
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
説明
薄膜LiMx(M=Co,Ni,Mn)Oy電極の作成及び高速電位掃引時の反応可逆性

クエン酸錯体1)

クリスマスイブの研究室恋人と素敵な時間過ごすばかりがクリスマスじゃないやいと負け惜しみ言いながらサイクリクボルタモグラム取り続ける教員と学生もっと早くやってみなよ!ほらいけるじゃないか!ピークがですねいいんだピークが見えなくなる掃引速度が知りたいんだ!活物質がかなりの高速で充放電ができるということ確かめた思い出深いクリスマスイブした彼の研究はじゅん2)に引き継がれます

論文たちばな電池の高速充放電に関する論文3)

クエン酸錯体法では高速充放電可能な活物質が合成で4)

1999年度平成11卒業研究5)
1999平成11年度ノート6)

集電体|活物質界面7)


(1クエン酸錯体,材料&試料
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(2フォトリソグラフィ技術を用いたリチウム電池正極活物質配置制御によるレート特性の改善
上村 潤, 卒業論文, (2001).
(3【論文】たちばな;電池の高速充放電に関する論文
立花和宏, 研究ノート, (2003).
(4クエン酸錯体法では高速充放電可能な活物質が合成で
立花和宏, 研究ノート, (2000).
(5【1999年度(平成11)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(6◆1999(平成11)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1999).
(7集電体|活物質(界面),電極に内在する界面
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
文献
出版物…
試料
試料…
学会発表
学会…