鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【卒論】 生体を対象とした高感度L-バンドESR装置の開発
一覧戻る進む
ID⇒#173@卒論;
要約【卒論】えびなは、2002年に、それまでの研究を生体を対象とした高感度L-バンドESR装置の開発というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#173@卒論;。
書誌情報生体を対象とした高感度L-バンドESR装置の開発
海老名 里花, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2002).
学籍番号・氏名98511040 海老名 里花
受理日2002/03/31
関連外部URL
シラバス卒業研究(C1-尾形研究室2003)
講義ノート結果と考 > 卒業論文 > 卒業研究について
研究室尾形・仁科研究室
指導教員C1:尾形健明・仁科辰夫・立花和宏
グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
管理者立花 和宏
研究場所(未登録 > (未登録)
検索 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
口頭発表
 
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
説明
生体対象とした高感度L-バンドESR装置の開発

えびIn vivo ESR/TEMPO繰り返し投与法によるラットの抗酸化能に関する研究1)
2003平成15年度ノート◆2003(平成15)年度ノート2)
2002平成14年度ノート◆2002年(平成14)研究ノート3)
2001平成13年度ノート◆2001(平成13)年度ノート4)


文献
出版物…
試料
試料…
学会発表
学会…