鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【卒論】 アルミニウム集電体への炭素導電助材の塗布圧による充放電性能への影響
一覧戻る進む
ID⇒#196@卒論;
要約【卒論】かずみは、2003年に、それまでの研究をアルミニウム集電体への炭素導電助材の塗布圧による充放電性能への影響というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#196@卒論;。
書誌情報アルミニウム集電体への炭素導電助材の塗布圧による充放電性能への影響
佐藤 和美, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2003).
学籍番号・氏名99511099 佐藤 和美
受理日2003/03/31
関連外部URL
シラバス卒業研究(C1-尾形研究室2003)
講義ノート結果と考 > 卒業論文 > 卒業研究について
研究室尾形・仁科研究室
指導教員C1:尾形健明・仁科辰夫・立花和宏
グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
管理者立花 和宏
研究場所(未登録 > (未登録)
検索 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
口頭発表
 
【学会】第45回電池討論会@京都府京都市
アルミニウム集電体への炭素の塗布条件の違いが内部
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
説明
緒言及び目的市販のリチウム電池製造される際高密度化平滑化の理由によりプレスされるがそのプレス圧が電池の充放電性能にどのような影響及ぼすか不働態皮膜観点からは調べられていないよって本研究では不働体皮膜の観点からアルミニウム集電体炭素導電助剤接触状態プレスすることによってどのように変化するか調べた

実験方法前処理してアルカリ脱脂行ったアルミニウム箔に超微粒子炭素コロイド(UFC)塗布プレスしたもの試料極した対極にPt, 照極にAg用いた3電極方式Arグローブボックス中でクロノポテンショメトリー行った電解液してM LiBF4/PC+DME用いた

結果Fig1プレス無しFig2プレス3tのアルミニウムクロノポテンショグラム示す塗布圧が大きい程サイクル目の電位上昇曲線の傾きがが小さくなるこれは炭素導電助剤への充電ではなくプレスよって破壊されたアルミニウム皮膜修復行われていると考えられるまた塗布圧が大きい程アノード時の漏れ電流は大きくなるがサイクル追うごとに漏れ電流は小さくなる塗布圧が大きい程15サイクル目のアノード掃引時の電位上昇曲線の傾きが小さいことより塗布圧が大きい程壊された皮膜が修復しきれないことがわかった

まつはしは2002年にそれまでの研究微粒炭素分散液用いたアルミニウム集電体接触抵抗の低減というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した1)

2002年度平成14年度卒業研究2)
2002平成14年度ノート3)

関連講義
卒業研究C1-電気化学グループ-20042005,アルミニウム関係4)


文献
出版物…
試料
 

トーヤルカーボ

試料…
学会発表

アルミニウム集電体上への炭素導電助材の塗布圧による充放電の変化

アルミニウム集電体への炭素導電助剤の塗布圧による充放電性能への影響  山形大学工学部物質工学科4年 尾形・仁科研究室 99511099 佐藤和美 かずみ⇒#277@卒論;⇒#196@卒論; 緒言及び目的:市販のリチウム電池は、製造される際、高密度化、平滑化の理由によりプレスされるが、そのプレス圧が電池の充放電性能にどのような影響を及ぼすか、不働体皮膜の観点からは調べられていない。よって本研究では、不働体皮膜の観点から、アルミニウム集電体と炭素導電助剤の接触状態が、プレスすることによって、どのように変化するかを調べた。 実験方法:前処理としてアルカリ脱脂を行ったアルミニウム箔に超微粒子炭素コロイド(UFC)を塗布し⇒#16260@業績;、プレスしたものを試料極とした。対極にPt, 参照極にAgを用いた3電極方式でArグローブボックス中でクロノポテンショメトリーを行った。電解液として1M LiBF4/PC+DMEを用いた。 結果:Fig1にプレス無し、Fig2にプレス3tのアルミニウムのクロノポテンショグラムを示す。塗布圧が大きい程、1サイクル目の電位上昇曲線の傾

立花 和宏佐藤 和美遠藤 孝志仁科 辰夫尾形健明 ,平成14年度化学系7学協連合東北地方大会 (2002).

学会…