鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【卒論】 クエン酸錯体法によって合成したLiMn2O4の形状制御と電池特性の改善
一覧戻る進む
ID⇒#259@卒論;
要約【卒論】はらは、2005年に、それまでの研究をクエン酸錯体法によって合成したLiMn2O4の形状制御と電池特性の改善というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#259@卒論;。
書誌情報クエン酸錯体法によって合成したLiMn2O4の形状制御と電池特性の改善
原 啓, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2005).
学籍番号・氏名01512098 原 
受理日2005/03/31
関連外部URLhttp://c1.yz.yam…
PDFhttps://spf.yz.y…
シラバス卒業研究(C1-電気化学2004~)
講義ノート結果と考 > 卒業論文 > 卒業研究について
研究室仁科・立花研
指導教員C1:仁科辰夫・立花和宏
グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
管理者立花 和宏
研究場所(未登録 > 9号館3 > 9号館: > 仁科研究室(南東側)たたみ部屋
検索 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
口頭発表
 
今年度の卒業研究発表会についてご連絡致します。
クエン酸錯体法では高速充放電可能な活物質が合成で
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
説明
マンガン酸リチウム焼成温度によって活物質粒径が異なること見出し活物質粒径が小さいほど高速充放電が可能であること明らかにしました

雨宮らは爆発的な合成しました1)

クエン酸錯体2)

進学
はらは2007年にそれまでの研究クエン酸錯体法によるリチウムイオン次電池正極活物質の合成とハイレート特性評価というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した3)


文献
出版物…
試料
試料…
学会発表
学会…