鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【卒論】 In vivo ESR/スピンプローブ法による酸化還元状態計測 ー種々の植物中の還元状態とNO2曝露応答ー
一覧戻る進む
ID⇒#267@卒論;
要約【卒論】SENは、2005年に、それまでの研究をIn vivo ESR/スピンプローブ法による酸化還元状態計測 ー種々の植物中の還元状態とNO2曝露応答ーというテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#267@卒論;。
書誌情報In vivo ESR/スピンプローブ法による酸化還元状態計測 ー種々の植物中の還元状態とNO2曝露応答ー
菅野 千尋, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2005).
学籍番号・氏名00512030 菅野 千尋
受理日2005/03/31
関連外部URLhttp://mri.yz.ya…
シラバス卒業研究(C1-磁気共鳴計測研究グループ-2004~)
講義ノート結果と考 > 卒業論文 > 卒業研究について
研究室尾形・仁科研
指導教員C1:立花
グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
管理者尾形 健明
研究場所(未登録 > 3号館3 > C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室)
検索 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
口頭発表
 
低周波ESR法のためのマーカーの開発 慣
【申請】アルミニウム研究助成
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
説明
植物は,地球上のどの場所でも,成長や生存を制限する各種のストレスに曝されている.地球環境問題の悪化で,大気汚染,砂漠化,紫外線の増加などに耐えられる植物が求められている.よって環境の変化と植物ストレスとの関係の解明が必須である.

 これまでは本研究室では、インビボ(in vivo) ESRスピンプローブ法を用いカイワレ大根を指標植物として研究を行ってきた。しかし,指標植物として用いられている背景がデータとして出されていない.

 本研究では,更なる指標植物の可能性を求めることを目的とし,種々の植物測定を行い,スピンプローブ剤の還元及びNO2曝露に対する応答を観測した.
文献
出版物…
試料
試料…
学会発表
学会…