鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【卒論】 植物の屋外計測のための永久磁石一体型ESRプローブの開発
一覧戻る進む
ID⇒#269@卒論;
要約【卒論】Seedは、2005年に、それまでの研究を植物の屋外計測のための永久磁石一体型ESRプローブの開発というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#269@卒論;。
書誌情報植物の屋外計測のための永久磁石一体型ESRプローブの開発
種市 暁, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2005).
学籍番号・氏名03521660 種市  
受理日2005/03/31
関連外部URLhttp://mri.yz.ya…
シラバス卒業研究(C1-磁気共鳴計測研究グループ-2004~)
講義ノート結果と考 > 卒業論文 > 卒業研究について
研究室尾形・仁科研
指導教員C1:立花
グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
管理者尾形 健明
研究場所(未登録 > 3号館3 > 3-3303 C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室)
検索 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
口頭発表
 
低周波ESR法のためのマーカーの開発 慣
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
説明
植物ストレス応答機構解明するためには植物生きたままでかつ植物生息している環境の中での測定行う必要があるこれまで植物ストレス応答測定表面コイル型共振器持つ携帯可能な低周波ESR装置700MHz使用されているしかしその装置では対向型のつの磁石使用されているために試料大きさには静磁場発生磁石磁極間隔で決まる制限があったそこでより大きな試料対応するために永久磁石1個と表面コイル型共振器体化したESRプローブ提案されたこれは聴診器のように使用できるためより大きな計測可能であるまたより軽量小型化が可能であるためにフィールドーク適しているしかし装置安定性や感度問題あった研究ではこのESRプローブついて磁場高めるための磁気回路試作し屋外でのインビボin vivo計測への有効性検討する
文献
出版物…
試料
試料…
学会発表
学会…