鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【卒論】 ESR法による魚類のストレス評価技術の開発に関する研究
一覧戻る進む
ID⇒#271@卒論;
要約【卒論】よっしーは、2005年に、それまでの研究をESR法による魚類のストレス評価技術の開発に関する研究というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#271@卒論;。
書誌情報ESR法による魚類のストレス評価技術の開発に関する研究
吉村 裕, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2005).
学籍番号・氏名03521697 吉村  
受理日2005/03/31
関連外部URLhttp://mri.yz.ya…
シラバス卒業研究(C1-磁気共鳴計測研究グループ-2004~)
講義ノート結果と考 > 卒業論文 > 卒業研究について
研究室尾形・仁科研
指導教員C1:立花
グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
管理者尾形 健明
研究場所(未登録 > 米沢キャ > 3号館 > 3号館3 > 3-3303 C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室)
検索 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
口頭発表
 
サクラマス魚卵のストレス耐性評価技術の研究
サクラマス魚卵のストレス耐性評価技術のためのスピンプローブ剤の開発
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
説明
魚類で確立された唯ストレス評価法は血中コルチゾル濃度測定する方法であるストレス成魚だけでなく血液採取が不可能な発生過程である稚仔魚でも負荷されるがこれらのステージでのストレス応答検出する方法は皆無であり評価することは困難であるそこで研究従来のストレス評価方法が応用できない発生ステージ新たなストレス評価技術の開発目的としスピンプローブESR法1)およびESR画像法用いてインビボ(in vivo)サケ科魚発生過程における生体酸化還元状態知るとともにサケ科魚におけるストレス応答評価技術の開発ストレス負荷が軽減される養殖魚育種の確立とストレス耐性系統作出への応用図ること目的する


文献
出版物…
試料
試料…
学会発表
学会…