鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【卒論】 電気化学キャパシタの急速充放電時における有効容量の向上
一覧戻る進む
ID⇒#370@卒論;
要約【卒論】なりは、2007年に、それまでの研究を電気化学キャパシタの急速充放電時における有効容量の向上というテーマで修士論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#370@卒論;。
書誌情報電気化学キャパシタの急速充放電時における有効容量の向上
及川 文成, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2007).
学籍番号・氏名 なり
受理日2007/03/31
関連外部URL
シラバス卒業研究(C1-電気化学2004~)
講義ノート結果と考 > 卒業論文 > 卒業研究について
研究室仁科・立花研
指導教員
グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
管理者立花 和宏
研究場所(未登録 > 9号館3 > 9号館: > 仁科研究室(南西側)パソコン
検索 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
口頭発表
 
【学会】平成16年度化学系9学協会連合東北地方大会@岩手県盛岡市
【継承】二酸化マンガンを用いたレドックスキャパシタの特性改善
【学会】2005電気化学秋季大会@千葉県千葉市
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
説明
EDLC集電体アルミニウム表面処理炭素塗布条件違いが急速充放電に及ぼす影響

キャパシタ1)

05520804 及川 文成
 電気化学キャパシタ急速充放電時における有効容量の向上
 主査仁科 辰夫  副査立花 和宏  副査菅原 陸郎

2006年度平成18年度卒業研究2)
アルミニウム炭素3)

及川らは2006年にで開催された2006年電気化学秋季大会において炭素担持アルミニウム電極重層容量に対する電極表面処理の効果について報告している4)

2005年度平成17卒業研究5)

及川らは2005年に葉大学工学部で開催された2005年電気化学秋季大会においてEDLC集電体アルミニウム表面処理炭素塗布条件違いが急速充放電に及ぼす影響について報告している6)

なり7)

立花和宏,,EDLC集電,2005年電8)
中間発表9)
立花和宏,,EDLC集電,2005年電10)
高電圧アルミニウムコンデンサ用の11)

就職


キャパシタ(コンデンサ),エネルギーデバイス
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

【2006年度(平成18)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

アルミニウム/炭素,アルミニウムとその化合物
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

炭素担持アルミニウム電極の二重層容量に対する電極表面処理の効果
, 2006年電気化学秋季大会, (2006).

【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

EDLC集電体アルミニウムの表面処理と炭素の塗布条件の違いが急速充放電に及ぼす影響
立花和宏,○及川文成,佐藤和美,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 2005年電気化学秋季大会, (2005).

EDLC集電体アルミニウムの表面処理と炭素の塗布条件の違いが急速充放電に及ぼす影響
立花和宏,○及川文成,佐藤和美,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 2005年電気化学秋季大会, (2005).

修士中間発表(C1)
立花和宏, 研究ノート, (2006).

EDLC集電体アルミニウムの表面処理と炭素の塗布条件の違いが急速充放電に及ぼす影響
立花和宏,○及川文成,佐藤和美,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 2005年電気化学秋季大会, (2005).

高電圧アルミニウムコンデンサ用の
立花和宏, 研究ノート, (2005).

(1キャパシタ(コンデンサ),エネルギーデバイス
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(2【2006年度(平成18)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(3アルミニウム/炭素,アルミニウムとその化合物
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(4炭素担持アルミニウム電極の二重層容量に対する電極表面処理の効果
, 2006年電気化学秋季大会, (2006).
(5【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(6EDLC集電体アルミニウムの表面処理と炭素の塗布条件の違いが急速充放電に及ぼす影響
立花和宏,○及川文成,佐藤和美,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 2005年電気化学秋季大会, (2005).
(7二酸化マンガンを用いたアシンメトリックハイブリットキャパシタの特性改善
及川文成, 卒業論文, (2005).
(8EDLC集電体アルミニウムの表面処理と炭素の塗布条件の違いが急速充放電に及ぼす影響
立花和宏,○及川文成,佐藤和美,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 2005年電気化学秋季大会, (2005).
(9修士中間発表(C1)
立花和宏, 研究ノート, (2006).
(10EDLC集電体アルミニウムの表面処理と炭素の塗布条件の違いが急速充放電に及ぼす影響
立花和宏,○及川文成,佐藤和美,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 2005年電気化学秋季大会, (2005).
(11高電圧アルミニウムコンデンサ用の
立花和宏, 研究ノート, (2005).
文献
出版物…
試料
試料…
学会発表
学会…