鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【卒論】 液晶材料の漏れ電流とインピーダンス測定条件の最適化
一覧戻る進む
ID⇒#379@卒論;
要約【卒論】にれぎは、2008年に、それまでの研究を液晶材料の漏れ電流とインピーダンス測定条件の最適化というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#379@卒論;。
書誌情報液晶材料の漏れ電流とインピーダンス測定条件の最適化
楡木 崇仁, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2008).
学籍番号・氏名 楡木 崇仁
受理日2008/03/20
関連外部URL
PDFhttps://spf.yz.y…
シラバス卒業研究(C1-電気化学2004~)
講義ノート結果と考 > 卒業論文 > 卒業研究について
研究室仁科・立花研
指導教員
グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
管理者立花 和宏
研究場所(未登録 > 米沢キャ > 9号館 > 9号館3 > 9号館:9-300-3 仁科辰夫研究室
検索 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
口頭発表
 
【学会】電気化学会@東京
【学会】液晶サマースクール@静岡県熱海市
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
説明
液晶材料の漏れ電流とインピーダンス測定条件最適化
液晶材料の漏れ電流インピーダンス測定おける測定条件
液晶の高速応答性の評価 …は…ことが知られている1)

液晶漏れ電流

液晶物質2)
にしまた3)

楡木 崇仁4)
このペンにれぎ5)の用途で使用されています

○楡木崇仁,…らは2007年に東京工業大学大岡山キャンパスで開催された2007年電気化学秋季大会において顕微鏡下における液晶材料の分極時のリーク電流相変化のその場観察について報告している6)

液晶材料に関する研究7)

(1年間計画 > イベント > 発展実験 > 発展実験 > 液晶の高速応答性の評価,発展実験2007
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(2実験方法 > 材料&試 > 液晶物質,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(3交流信号の利用による電気化学デバイスのマネージメントシステム
西俣 樹, 修士論文, (2009).
(4楡木 崇仁人名.
(5にれぎ,,直筆ノート.(2007).
(6顕微鏡下における液晶材料の分極時のリーク電流と相変化のその場観察
○楡木崇仁,立花和宏,仁科辰夫,竹本博文(※),大平則行(※),2007年電気化学秋季大会講演要旨集 (2007).
(7液晶材料に関する研究プロジェクト.
文献
出版物…
試料
試料…
学会発表
学会…