鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【卒論】 エネルギーデバイス材料の電気伝導性に関する研究
一覧戻る進む
ID⇒#402@卒論;
要約【卒論】たかつかは、2010年に、それまでの研究をエネルギーデバイス材料の電気伝導性に関する研究というテーマで修士論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#402@卒論;。
書誌情報エネルギーデバイス材料の電気伝導性に関する研究
高塚 知行, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2010).
学籍番号・氏名08520233 高塚  知行
受理日2010/03/20
関連外部URL
シラバス卒業研究(C1-電気化学2004~)
講義ノート実験方法 > 材料&試 > カーボン材料
研究室仁科・立花研
指導教員C1:仁科辰夫・立花和宏
グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
管理者立花 和宏
研究場所(未登録 > 米沢キャ > 9号館 > 9号館3 > 9号館: > 仁科研究室(南西側)パソコン
検索 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
口頭発表
 
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
説明
ESR法によるバルブメタルアノード酸化皮膜酸素欠損の評価
ESRコンデンサ関係
りん酸1)

デンカブラIC-32)

後輩吉田3)遠藤4)小林5)まき6)
先輩あゆみ7)

研究会議ESR8)

炭素表面処理9)

○森田 茉季,…らは2010年に富山大学キャンパス(富山市3190) で開催された電気化学会第77回大会において液晶場プローブとした炭素導電助材の表面官能基の評価について報告している10)

○高塚知行,…らは2009年に幕張 国際会議場葉市美浜区中瀬2-1 で開催された第120回講演大会においてリチウム電池活物質の表面特性が粉体抵抗に及ぼす効果と電極内部抵抗の関係について報告している11)

EDLCAu|高比表面積親水化AB1.4M TEMABF4/PC12)

たかつかは2008年にそれまでの研究ESRによるNb2O5酸素欠損の評価というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した13)

T. Tak…らは2007年にEvaluation of Defect Species in Niobium Oxide for Electrolytic Capacitors by ESRついて報告し酸化ニオブESRよる評価 ITEレターズ14)…と述べている15)

○高塚知行,…らは2007年に山形大学 小白川キャンパス山形県山形市小白川町1-4-12開催された平成19年度 化学系学協会東北大会においてESRによるNb25格子欠陥評価ついて報告している16)


17)

EDLCAl|高比表面積親水化AB|電解液18)

炭素材料に関する研究19)

関連講義お散歩の中にサイエンス探し求めて♪,和鋼博物館20)

【研究会議】ESR
立花 和宏, 研究ノート, (1).

炭素表面処理の影響を調べるための試料
高塚  知行, 研究ノート, (1).

液晶場をプローブとした炭素導電助材の表面官能基の評価
○森田 茉季,楡木 崇仁,高塚 知行,立花 和宏,仁科 辰夫,米竹 孝一郎,電気化学会第77回大会講演要旨集 (1).

リチウム電池活物質の表面特性が粉体抵抗に及ぼす効果と電極内部抵抗の関係
○高塚知行,立花和宏,仁科辰夫,第120回講演大会要旨集 (1).

ITEレターズ
立花 和宏, 研究ノート, (1).

ESRによるNb2O5格子欠陥の評価
○高塚知行,齋藤歩美,立花和宏,仁科辰夫,伊藤智博,平成19年度 化学系学協会東北大会要旨集 (1).

炭素導電助材を圧着したアルミニウム電極を用いたリチウム二次電池駆動用電解液の分解挙動
○佐藤幸裕・立花和宏・遠藤孝志・仁科辰夫,電気化学会第68回大会講演要旨集 (1).

ミュージ > 歴史(産 > 和鋼博物館,歴史(産業史)博物館・資料館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2008).

(1りん酸, 仁科プロジェクト, 仁科 辰夫, (2008).
(2デンカブラックIC-3, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 立花 和宏, (2003).
(3電解質カチオンと溶存酸素が電気二重層キャパシタ電極の炭素ラジカルに及ぼす影響
吉田真由美, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(4アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのアノード酸化に及ぼす効果
遠藤 淳一, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(5電気二重層キャパシタのインピーダンスと炭素ラジカルの関係(仮)
小林賢雄, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(6液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池負極カーボン材料選びの最適条件の解析
森田 茉季, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(7ESRによるニオブアノード酸化皮膜の欠陥部定量分析
齋藤 歩美, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(8【研究会議】ESR
立花 和宏, 研究ノート, (1).
(9炭素表面処理の影響を調べるための試料
高塚  知行, 研究ノート, (1).
(10液晶場をプローブとした炭素導電助材の表面官能基の評価
○森田 茉季,楡木 崇仁,高塚 知行,立花 和宏,仁科 辰夫,米竹 孝一郎,電気化学会第77回大会講演要旨集 (1).
(11リチウム電池活物質の表面特性が粉体抵抗に及ぼす効果と電極内部抵抗の関係
○高塚知行,立花和宏,仁科辰夫,第120回講演大会要旨集 (1).
(12EDLC:Au|(高比表面積・親水化AB)|1.4M TEMA・BF4/PC対象.
(13ESRによるNb2O5酸素欠損の評価
高塚 知行, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(14ITEレターズ
立花 和宏, 研究ノート, (1).
(15Evaluation of Defect Species in Niobium Oxide for Electrolytic Capacitors by ESR
T. Takatsuka, et al, ITE Letters, 8, No.6, 697-699, (2007).
(16ESRによるNb2O5格子欠陥の評価
○高塚知行,齋藤歩美,立花和宏,仁科辰夫,伊藤智博,平成19年度 化学系学協会東北大会要旨集 (1).
(17炭素導電助材を圧着したアルミニウム電極を用いたリチウム二次電池駆動用電解液の分解挙動
○佐藤幸裕・立花和宏・遠藤孝志・仁科辰夫,電気化学会第68回大会講演要旨集 (1).
(18EDLC:Au|(高比表面積・親水化AB)|1.4M TEMA・BF4/PC対象.
(19炭素材料に関する研究プロジェクト.
(20ミュージ > 歴史(産 > 和鋼博物館,歴史(産業史)博物館・資料館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2008).
文献
出版物…
試料
試料…
学会発表
学会…