鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【卒論】 合材スラリー中の炭素末端官能基と有機分子が分散性と乾燥過程に及ぼす影響
一覧戻る進む
ID⇒#443@卒論;
要約【卒論】ふじたは、2011年に、それまでの研究を合材スラリー中の炭素末端官能基と有機分子が分散性と乾燥過程に及ぼす影響というテーマで修士論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#443@卒論;。
書誌情報合材スラリー中の炭素末端官能基と有機分子が分散性と乾燥過程に及ぼす影響
藤田 圭介, 山形大学 理工学研究科 物質化学工学専攻, 修士論文 (2011).
学籍番号・氏名 藤田 圭介
受理日2011/03/31
関連外部URLhttp://c1.yz.yam…
シラバス卒業研究(C1-電気化学2004~)
講義ノート結果と考 > 卒業論文、修士論文、博士論文
研究室仁科・立花研
指導教員C1:仁科辰夫・立花和宏
グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
管理者立花 和宏
研究場所(未登録 > 9号館3 > 9号館: > 仁科研究室(南西側)パソコン
検索 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
口頭発表
卒業論文、修士論文、博士論文
講義ノート
 リサイクル・PRTR
 スラリー・バインダー関係
 博士論文C1
 リチウム電池関係
 - 固体表面双極子モーメントの抑制によるリチウム電池集電体と炭素材料界面の接触抵抗の低減
 - 半導体の簡便迅速評価
 - 正極内部抵抗から見るリチウムイオン二次電池正極材料の最適な組み合わせ
 鉛電池関連
 液晶関連
 腐食とエッチング加工に関する発見
 ニオブ関係
 接着強度
 ゴム
 - 電解液中のポリマー種が鉛電極界面に及ぼす影響
 - ポリマーマトリクスとした電極合材の電池反応機構
 卒業研究について
 - アルミニウム関係
 - 鉛電池
 - リチウム電池(アルニウム)
 - 論文執筆
 - 表の書き方
 - グラフの書き方
 - 参考文献の書き方
その他の講義ノート-卒業論文、修士論文、博士論文
 
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
説明
序論スラリーのXRD測定炭素末端官能基と有機分子の吸着とグラフェンシート乾燥時のインピーダンス測定炭素末端官能基と有機分子の吸着とスラリーインピーダンス変化液晶材料と有機半導体総括

有機半導体の研究
液晶プローブした有機半導体のキャリア移動度評価

2010年度平成22卒業研究1)

○本田,…らは2011年に横浜国立大学(横浜市保土ヶ谷区常盤台79-5)で開催された電気化学会第78回大会においてリチウム電池サイクル特性向上のための材料混合の順序とバインダー選択について報告している2)

藤田圭介,関…らは2010年に愛知県産業労働センター〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38開催された第51回電池討論会においてXRD使った合材スラリー乾燥過程における炭素導電助材表面へのバインダー析出過程の解析について報告している3)

2009年度平成21卒業研究4)
2008年度平成20卒業研究5)

ふじたは2009年にそれまでの研究液晶ディスプレイ材料分子配向及ぼす極性溶媒の添加効果というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した6)

○藤田圭介,…らは2008年に戸工業大学青森県戸市大字妙字大開881で開催された平成20年度 化学系学協会東北大会において液晶ディスプレイ材料分子配向及ぼす極性溶媒の添加効果について報告している7)

試料
SFG-448)
高比表面積親水化アセチレンブラ9)

材料
結着材10)

装置
XRD11)

先輩やぎぬし12)
後輩ふみと13)ちあき14)

関連書籍
構造の決定15)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,XRDX線回折16)
卒業研究-電気化学2004,バインダ17)
卒業研究-電気化学2004,界面活性剤分散剤乳化剤18)
ピカッとさいえんす,あなただけへの贈り物19)


緒言(C > C1履歴 > 【2010年度(平成22)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

リチウム電池のサイクル特性向上のための材料混合の順序とバインダーの選択
○本田千秋,八重樫起郭,藤田圭介,佐藤史人,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2011).

XRDを使った合材スラリー乾燥過程における炭素導電助材表面へのバインダー析出過程の解析
○藤田圭介,関根智仁,立花和宏,仁科辰夫,第51回電池討論会 (2010).

緒言(C > C1履歴 > 【2009年度(平成21)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

緒言(C > C1履歴 > 【2008年度(平成20)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

液晶ディスプレイ材料の分子配向に及ぼす極性溶媒の添加効果
○藤田圭介,遠藤孝志,立花和宏,仁科辰夫,平成20年度 化学系学協会東北大会要旨集 (2008).

XRD
,UitimaⅣ(RIGAKU),,(,).

実験方法 > 装置と器 > 装置、器 > 機器分析 > XRD(X線回折),機器分析
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > 溶媒&分 > 界面活性剤・分散剤・乳化剤,溶媒&分散媒
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

ピカッと > 暗号とセキュリティ,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2009).

(1緒言(C > C1履歴 > 【2010年度(平成22)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(2リチウム電池のサイクル特性向上のための材料混合の順序とバインダーの選択
○本田千秋,八重樫起郭,藤田圭介,佐藤史人,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2011).
(3XRDを使った合材スラリー乾燥過程における炭素導電助材表面へのバインダー析出過程の解析
○藤田圭介,関根智仁,立花和宏,仁科辰夫,第51回電池討論会 (2010).
(4緒言(C > C1履歴 > 【2009年度(平成21)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(5緒言(C > C1履歴 > 【2008年度(平成20)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(6液晶ディスプレイ材料の分子配向に及ぼす極性溶媒の添加効果
藤田 圭介, 卒業論文, (2009).
(7液晶ディスプレイ材料の分子配向に及ぼす極性溶媒の添加効果
○藤田圭介,遠藤孝志,立花和宏,仁科辰夫,平成20年度 化学系学協会東北大会要旨集 (2008).
(8SFG-44, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2005).
(9高比表面積・親水化アセチレンブラック, 仁科研究室(南西側)パソコン, 立花 和宏, (2009).
(10@ >  > 結着材
結着材, (材料).
(11XRD
,UitimaⅣ(RIGAKU),,(,).
(12リチウムイオン二次電池用バインダーおよび合材スラリーの評価法に関する研究
柳沼 雅章, 修士論文, (2010).
(13リチウム電池正極バインダ樹脂表面への溶媒吸着が過充電時の分解電圧に及ぼす効果(仮)
佐藤 史人, 修士論文, (2012).
(14正極集電体へのバインダー接触と電池の信頼性(仮)
本田 千秋, 卒業論文, (2012).
(15金属、イ > 構造の決定
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(16実験方法 > 装置と器 > 装置、器 > 機器分析 > XRD(X線回折),機器分析
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(17実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(18実験方法 > 材料&試 > 溶媒&分 > 界面活性剤・分散剤・乳化剤,溶媒&分散媒
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(19ピカッと > 暗号とセキュリティ,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2009).
文献
出版物…
試料
試料…
学会発表

XRDを使った合材スラリー乾燥過程における炭素導電助材表面へのバインダー析出過程の解析

XRDを使った合材スラリー乾燥過程における炭素導電助材表面へのバインダー析出過程の解析 リチウムイオン二次電池の合材スラリーを調製する際のバインダーなどの有機物は、炭素導電助材表面に配向吸着し、電解液の電位窓を変化させる。より電解液の安定性を高めるためにスラリーの乾燥過程におけるバインダーの配向状態をXRDを使って測定し、電気化学的特性との相関を調べた。 ふじたは、2011年に、それまでの研究を合材スラリー中の炭素末端官能基と有機分子が分散性と乾燥過程に及ぼす影響というテーマで修士論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#443@卒論;。 関~仁は、2010年に、それまでの研究をIn situ ESR法によるイオン液体を用いたEDLCの評価② -炭素電極のラジカル量と電位依存性の関係-というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#456@卒論;。 ○柳沼雅章,…らは、2009年に国立京都国際会館(〒606-0001 京都市左京区宝ヶ池)で開催された第50回電池討論会においてリチウムイオン二次電池合材スラリーのin-situインピーダンス測定による乾燥プ

藤田 圭介関根智仁立花 和宏仁科 辰夫 ,第51回電池討論会 (2010).

学会…