鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【卒論】 過充電時における導電助材の体積膨張に及ぼす電解組成の効果
一覧戻る進む
ID⇒#466@卒論;
要約【卒論】たけは、2012年に、それまでの研究を過充電時における導電助材の体積膨張に及ぼす電解組成の効果というテーマで修士論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#466@卒論;。
書誌情報過充電時における導電助材の体積膨張に及ぼす電解組成の効果
武田 浩幸, 山形大学 理工学研究科 物質化学工学専攻, 修士論文 (2012).
学籍番号・氏名10520324 武田 浩幸
受理日2012/03/31
関連外部URLhttp://c1.yz.yam…
シラバス卒業研究(C1-電気化学2004~)
講義ノート結果と考 > 卒業論文 > スラリー・バインダー関係
研究室仁科・立花研
指導教員C1:仁科辰夫・立花和宏
グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
管理者立花 和宏
研究場所(未登録 > 米沢キャ > 9号館 > 9号館3 > 9号館: > 仁科研究室(南西側)パソコン
検索 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
口頭発表
 
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
説明
過充電時における導電助材の体積膨張に及ぼす電解組成の効果

電池反応に伴い活物質が膨張収縮するため集電体|合材界面には常に応力がかかる過大な応力は集電体|合材界面の密着性低下させ接触抵抗増大させついには集電体からの剥離に至るしかしながら導電助材炭素ついて体積変化ついて研究した例は少ない本研究では炭素の種類と電解液の種類変えて過充電時の体積膨張抑制して集電体|合材界面の剥離抑制する方法について模索した

仁科辰夫, …らは2012年にヒルトン福岡シーホークで開催された第53回電池討論会において電流遮断法によるリチウムイオン次電池の過電圧緩和過程の解析について報告している1)

2011年度平成23卒業研究2)

○武田浩幸,…らは2011年にーホール船堀〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1 開催された第52回電池討論会においてリチウムイオン次電池過充電時のアルミニウム集電体からの炭素導電助材の剥離現象について報告している3)

及川俊他,山…らは2011年に東北大学川内北キャンパス(宮城県仙台市青葉区川内27-1) 開催された平成23年度 化学系学協会東北大会においてリチウム電池過充電時の漏れ電流のゆらぎ現象について報告している4)

たけだは2010年にそれまでの研究交流インピーダンス法によるリチウムイオン次電池用有機溶媒の評価というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した5)

○武田浩幸,…らは2009年に日本大学工学部福島県郡山市田村徳定字中河原1開催された平成21年度 化学系学協会東北大会においてリチウムイオン次電池の正極活物質と集電体界面の密着性について報告している6)

吸着サイトアニオンが吸着すると体積膨張し応力が発生して剥離が起きる従って吸着サイトが小さい分散剤やバインダー求められるまた吸着サイトの多い分散剤やバインダーは電子伝導阻害起こす

物理量体積7)被覆8)

関連講義卒業研究-電気化学2004,2010年度平成22卒業研究9)

電流遮断法によるリチウムイオン二次電池の過電圧緩和過程の解析
仁科辰夫, 武田浩幸, 川平孝雄, 立花和宏,講演要旨集 (2012).

緒言(C > C1履歴 > 【2011年度(平成23)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

リチウムイオン二次電池過充電時のアルミニウム集電体からの炭素導電助材の剥離現象
○武田浩幸,及川俊他,本田千秋,関根智仁,立花和宏,仁科辰夫,第52回電池討論会 講演要旨集 (2011).

過渡電流観察によるリチウム電池炭素導電助材と集電体の微小剥離の解析
○及川俊他,長谷川拓哉,長瀬将太,武田浩幸,山本俊,立花和宏,仁科辰夫,平成23年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2011).

リチウムイオン二次電池の正極活物質と集電体界面の密着性
○武田浩幸,柳沼雅章,渡邉貴太,仁科辰夫,立花和宏,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).

緒言(C > C1履歴 > 【2010年度(平成22)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

(1電流遮断法によるリチウムイオン二次電池の過電圧緩和過程の解析
仁科辰夫, 武田浩幸, 川平孝雄, 立花和宏,講演要旨集 (2012).
(2緒言(C > C1履歴 > 【2011年度(平成23)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(3リチウムイオン二次電池過充電時のアルミニウム集電体からの炭素導電助材の剥離現象
○武田浩幸,及川俊他,本田千秋,関根智仁,立花和宏,仁科辰夫,第52回電池討論会 講演要旨集 (2011).
(4過渡電流観察によるリチウム電池炭素導電助材と集電体の微小剥離の解析
○及川俊他,長谷川拓哉,長瀬将太,武田浩幸,山本俊,立花和宏,仁科辰夫,平成23年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2011).
(5交流インピーダンス法によるリチウムイオン二次電池用有機溶媒の評価
武田 浩幸, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2010).
(6リチウムイオン二次電池の正極活物質と集電体界面の密着性
○武田浩幸,柳沼雅章,渡邉貴太,仁科辰夫,立花和宏,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).
(7体積 V / m3.
(8被覆率 θ / .
(9緒言(C > C1履歴 > 【2010年度(平成22)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
文献
出版物…
試料
試料…
学会発表

リチウムイオン二次電池の正極活物質と集電体界面の密着性

リチウムイオン二次電池の正極活物質と集電体界面の密着性 【著者】 たけだは、2010年に、それまでの研究を電池活物質凝集におよぼす分散剤の効果(仮)というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#435@卒論;。 やぎぬまは、2010年に、それまでの研究をリチウムイオン電池合材スラリーの最適化というテーマで修士論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#399@卒論;。 わたなべは、2010年に、それまでの研究をおりびんというテーマで修士論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#403@卒論;。 【要旨】 リチウムイオン二次電池の正極活物質として注目されているリン酸鉄リチウムだが、分散しづらいためダマになりやすく電極への加工が難しいとの報告がされている1)。本研究ではここに着目し、活物質と集電体の密着性を数値化することを目的とした。活物質単体の電地特性を評価する方法として、活物質を金集電体に打ち込む方法が報告されている⇒#16955@業績;。本研究ではこの方法を採用し、評価を行った。 【化学・材料】 LiFePO4(SLFP-PT30)⇒#100

武田 浩幸柳沼 雅章渡邉 貴太仁科 辰夫立花 和宏 ,平成21年度 化学系学協会東北大会 ,p.100 (2009).

学会…