鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【卒論】 ビタミンE投与ラットの運動負荷におけるレドックスバランスのin vivo ESR計測
一覧戻る進む
ID⇒#507@卒論;
要約【卒論】石~佑は、2012年に、それまでの研究をビタミンE投与ラットの運動負荷におけるレドックスバランスのin vivo ESR計測というテーマで修士論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#507@卒論;。
書誌情報ビタミンE投与ラットの運動負荷におけるレドックスバランスのin vivo ESR計測
石川 幸佑, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 修士論文 (2012).
学籍番号・氏名 石~佑
受理日2012/03/31
関連外部URLhttp://mri.yz.ya…
シラバス卒業研究(C1-磁気共鳴計測研究グループ-2004~)
講義ノート特になし > 卒業論文提出(最終)
研究室尾形・伊藤(智)研
指導教員
グループC1磁気共鳴計測グループ
管理者尾形 健明
研究場所(未登録 > 米沢キャ > 3号館 > 3号館3 > 3-3303 C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室)
検索 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
口頭発表
 
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
説明
  現在様々な疾病に生体内で発生するフリーラジカルが関与していることが明らかになるにつれ活性酸素などのフリーラジカル消去する作用のある抗酸化物質や抗酸化剤が注目されておりESR装置用い抗酸化物質フリーラジカル関係明らかにする研究が盛んになっているスピンプローブ剤としてESR測定に用いられるニトロキシルラジカルの還元反応がin vitroの実験で細胞内に存在している電子伝達系に関係している報告があり生体膜においての脂質酸化による病変核酸酸化よる発癌などの生理作用の電子伝達系に関わっていることは明らかであるそしてこれまでのin vivoの実験では様々な抗酸化物質の摂取ラットおいてTempolなどのスピンプローブ剤用い臓器別測定した結果ESRシグナル強度の減衰速度速めた報告があり抗酸化物質様々な臓器においてTempolの代謝促進させたことが示唆された本研究ではin vivo ESRスピンプローブ法用い歩行運動負荷し生体内レドクスバランス変動in vivoで計測することにより歩行運動負荷が酸化ストレス発生させるのか検討する また酸化ストレス負荷の前にビタミンE投与し体内に取り込まれたビタミンE生体内機能発揮しているのかどうか確かめるために無処理のラット比較このラットへ体外から投与したニトロキシルラジカルの消去能in vivo ESRスピンプローブ法で測定することによってビタミンEの機能評価すること試みる
 急性の運動に対してはビタミンEの投与によって酸化的ストレスに効果があることが示唆された継続的に運動行っている場合にはビタミンE投与しなくても継続的な運動による酸化的ストレスによって生体内運動対する還元能が高まっていると示唆された更に生体内の反応機構明らかにするためには血液等の分析が必要である

継承テーマIn vivo ESR/スピンプローブ法によるラットの酸化還元状態の計測② -歩行運動の影響-1)
文献
出版物…
試料
試料…
学会発表
学会…