鷹山 (C)1996-2022 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【卒論】 うこぎ葉中の総ポリフェノール量に及ぼす調理加工の影響
一覧戻る進む
ID⇒#517@卒論;
要約【卒論】加~みは、2013年に、それまでの研究をうこぎ葉中の総ポリフェノール量に及ぼす調理加工の影響というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#517@卒論;。
書誌情報うこぎ葉中の総ポリフェノール量に及ぼす調理加工の影響
加賀 いづみ, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).
学籍番号・氏名 加~み
受理日2013/03/31
関連外部URLhttp://mri.yz.ya…
シラバス卒業研究(C1-磁気共鳴計測研究グループ-2004~)
講義ノート特になし > 卒業論文提出(最終)
研究室尾形・伊藤(智)研
指導教員尾形
グループC1磁気共鳴計測グループ
管理者尾形 健明
研究場所(未登録 > 米沢キャ > 3号館 > 3号館3 > 3-3303 C1講座(磁気共鳴計測グループ測定
検索 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
口頭発表
 
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
説明
うこぎポリフェノール

材料フェノール試薬1)
手法フォーリン-チオカルト法
機器フラトベドスキャナー(EPSON GT-S620,EPSON)2)

同期
植物ストレスポリフェノール3)
カイポリフェノール4)

先輩
高~大は2012年にそれまでの研究スキャナ用いる多検体同時比色分析法の研究 ポリフェノール量の定量というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した5)
さやえんどうは2007年にそれまでの研究ESR法によるヒメウコギ抗酸化能評価の研究というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した6)
豊~朗は2010年にそれまでの研究スキャナによる多検体同時比色分析法の検討というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した7)

文献資料
http://jglobal.j…
特開201133347,ポリフェノールの定量法
緑茶と紅茶の総ポリフェノール量の決定ISO公定法8)

(1フェノー > フェノール試薬
フェノール試薬Phenol Reagent, (材料).
(2フラットベッドスキャナー
,EPSON GT-S620,スキャナ,(EPSON,).
(3植物ストレス&ポリフェノール(仮)
大木 乃梨子, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).
(4カイワレ&ポリフェノール
斎藤 充慶, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).
(5スキャナを用いる多検体同時比色分析法の研究 ―総ポリフェノール量の定量―
高瀬 雄大, 山形大学 工学部 物質化学工学科, 卒業論文 (2012).
(6ESR法によるヒメウコギの抗酸化能評価の研究
遠藤芳寛, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2007).
(7スキャナによる多検体同時比色分析法の検討(仮)
豊田 樹朗, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2010).
(8 > 緑茶と紅茶の総ポリフェノール量の決定(ISOの公定法)
International Organization for Standardization, ISO 14502-1 Determination of substances characteristic of green and black tea -- Part 1: Content of total polyphenols in tea -- Colorimetric method using Folin-Ciocalteu reagent, International Organization for Standardization, (2005).
文献
Comparative study of some quantitative analyses for polyphenolic compounds
……… Kyoji YOSHINO,Masae HIROTA ,(1900).
Composition Caracterristics and Antioxidative Activity of Ukogi (Acanthopanax siebldianum)
……… Noriko Yamada,Asako Tamura,Mihoko Tabuchi ,(1900).
トチノキ(Aesculus turbinata BLUME)種皮ポリフェノールによるHelicobacter pyloriの胃癌細胞株MKN 45への接着抑制作用
……… 國方 敏夫 河野 恵三 牛尾 慎平 木村 英人 小川 智史 福田 恵温 ,生薬學雜誌(2011).
Antihyperglycemic Effect of Mangiferin in Streptozotocin Induced Diabetic Rats
……… Sellamuthu Periyar Selvam,Muniappan Balu Periamallipatti,Perumal Sathiya Moorthi,Kandasamy Murugesan, ,journal of health science (2013).
Heptacoordinate Tin(IV) Compounds Derived from Pyridine Schiff Bases : Synthesis, Characterization, in Vitro Cytotoxicity, Anti-inflammatory and Antioxidant Activity
……… GONZALEZ Arturo,GOMEZ Elizabeth,CORTES-LOZADA Armando,HERNANDEZ Simon,RAMIREZ-APAN Teresa,NIETO-CAMACHO Antonio ,chemical & pharmaceutical bulletin (2013).
お茶ガラに存在する抗酸化活性について
……… 岡井(東) 紀代香,山崎政子,永森寛子,岡井康二 ,産業医科大学雑誌(2013).
In Vitro Antioxidant Activity of Enicostemma axillare
……… Vaijanathappa Jaishree,Badami Shrishailappa,Bhojraj Suresh ,journal of health science (2013).
In Vitro and in Vivo Anti-oxidant Activity of Hot Water Extract of Basidiomycetes-X, Newly Identified Edible Fungus(Miscellaneous)
……… WATANABE Tetsuo,NAKAJIMA Yuki,KONISHI Tetsuya ,biological & pharmaceutical bulletin (2013).
Effects of Pseudomonas fluorescens CHA0 on the Resistance of Wheat Seedling Roots to the Take-all Fungus Gaeumannomyces graminis var. tritici(Crop Physiology & Ecology)
……… Sari Ehsan,Etebarian Hassan Reza,Aminian Heshmatollah ,plant production science (2013).
Utilization of protein concentrates from ungerminated
……… SY Giami,LI barber ,sci food agric(2004).
Antioxidant Activity of Four Endemic Stachys Taxa(Pharmacognosy)
……… KUKIC Jelena,PETROVIC Silvana,NIKETIC Marjan ,biological & pharmaceutical bulletin (2013).
Comparative Chemical Composition and Antioxidant Activities of Wild and Cultivated Laurus nobilis L. Leaves and Foeniculum vulgare subsp. piperitum (Ucria) Coutinho Seeds(Pharmacognosy)
……… CONFORTI Filomena、STATTI Giancarlo、UZUNOV Dimitar、MENICHINI Francesco ,biological & pharmaceutical bulletin (2013).
ジャガイモの各種加熱処理とポリフェノール化合物の変化
……… 竹中真紀子,五月女格,七山和子,五十部誠一 ,日本食品科学工学会誌 : nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = journal of the japanese society for food science and technology (2013).
クッキーの物性に対する食塩の影響とその作用機構について
……… 倉賀野 妙子、和田 淑子 ,日本家政学会誌(2013).
ウコギ(Acanthopanax sieblianum)の抗菌性およびカット野菜に対する効果
……… 田村 朝子,本(田渕) 三保子,山田則子 ,日本家政学会誌(2005).
ウコギ葉摂取が糖尿病ラットの肓腸内発酵および糞便排泄に及ぼす影響
……… 田村 朝子,本(田渕) 三保子,山田則子 ,日本家政学会誌(2005).
出版物…
試料
試料…
学会発表
学会…