鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【卒論】 ESR法を用いたエネルギーデバイス材料の最適選択方法に関する研究(仮)
一覧戻る進む
ID⇒#522@卒論;
要約【卒論】永~雄は、2014年に、それまでの研究をESR法を用いたエネルギーデバイス材料の最適選択方法に関する研究(仮)というテーマで修士論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#522@卒論;。
書誌情報ESR法を用いたエネルギーデバイス材料の最適選択方法に関する研究(仮)
永井 明雄, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2014).
学籍番号・氏名 永井 明雄
受理日2014/03/31
関連外部URLhttp://mri.yz.ya…
シラバス卒業研究(C1-磁気共鳴計測研究グループ-2004~)
講義ノート特になし > 卒業論文提出(最終)
研究室尾形・伊藤(智)研
指導教員伊藤
グループC1磁気共鳴計測グループ
管理者伊藤 智博
研究場所(未登録 > 米沢キャ > 3号館 > 3号館3 > 3-3303 C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室)
検索 講義 研究 発表 業績 テーマ 製品 計算式
口頭発表
 
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧
説明
ESR用いたエネルギーデバイス材料の最適選択方法に関する研究

ディラック電子 半金属 トポロジカル誘電体 Rasbba効果


業績伊藤智博永…らは2013年に有機エネルギーデバイスの炭素材料選択指針目指したin situ ESR 測定用高感度電気化学セル開発ついて報告し有機エネルギーデバイスの炭素材料選択指針目指したin situ ESR 測定用高感度電気化学セル開発 卒論永~雄は2014年にそれまでの研究ESR用いたエネルギーデバイ…と述べている1)

研究ノート
In situ ESR測定目指したエネルギーデバイス評価ラミネートセル開発2)

関連情報
石炭の種類と炭素ラジカルg値関係3)

継承
永~雄は2012年にそれまでの研究In situ ESR測定目指した電池材料評価用ラミネートセルの開発というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した4)

文献
出版物…
試料
試料…
学会発表
学会…