鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【化学種】 グラファイト
MolViewSvg
グラファイト

シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed
ID⇒#104@化学種;
要約【化学種】グラファイト⇒#104@化学種;
化学種名グラファイト
よみぐらふぁいと
英語名graphite
物質群@ > 無機物質 > 共有結合性巨大分子
分類 
式量 = 12.011 g/mol
組成式C
CAS.#
プロフィールJ-GLOBAL 日化辞
構成元素炭素
別名
グラファイトを主成分とする材料グラファイト
鷹山OID
情報

(ID=57)

 … 
タイトル反応式反応性
CH4(g)<->C+4H(+)
  C + 4H+ + 4e- ↔   CH4Eº = 0.132V
⇒#70@反応;
  CO2 + 4H+ + 4e- ↔   C + 2H2OEº = 0.206V
⇒#439@反応;
  C(黒鉛) + O2(気) =   CO2(気)
C(ダイヤモンド)
  C + O2 =   CO2
CO
  C + O(g) =   CO
⇒#457@反応;
  C + 2H2 =   CH4
⇒#458@反応;
  2C + H2 =   C2H2
  
説明引用
炭素には同素体が多く代表的なものにダイヤモンド1)グラファイト2)カーボンナノチューブ3)無定形炭素4)があります電池の導電助材導電助材(導電助剤)5)使われます電池の放電とクロノポテショグラムの基礎6)

関連書籍
電極用炭素材料と高性能化7)
カーボン系材料の負極特性8)
炭素材料9)
単体10)
セラミックス序論11)
炭素自問自答目次炭素・自問自答(目次)12)
無機物質13)
無機物質14)
無機化合物15)
無機物質16)

(1ダイヤモンドC, = 12.011 g/mol, (化学種).
(2@ > 無機材料 > 炭素材料 > グラファイト
グラファイト, (材料).
(3カーボンナノチューブC, = 12.011 g/mol, (化学種).
(4無定形炭素CarbonC, = 12.011 g/mol, (化学種).
(5実験方法 > 材料&試 > カーボン > 導電助材(導電助剤),カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(6年間計画 > イベント > 課題実験 > 電池の放電とクロノポテショグラムの基礎,課題実験(4月)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(7リチウム > 電極用炭素材料と高性能化
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, , (1996).
(8 > カーボン系材料の負極特性
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, , (1996).
(9石炭化学 > 炭素材料
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, , (2004).
(10 > 単体
木田茂夫著, 無機化学, 裳華房, , (1989).
(11 > セラミックス序論
堂山昌男・山本良一, セラミック材料, 東京大学出版会, , (1986).
(12 > 炭素・自問自答(目次)
大谷杉郎, 炭素・自問自答, 裳華房, , (1997).
(13 > 無機物質
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, , (2005).
(14 > 無機物質
竹内敬人ほか, ダイナミックワイド図説化学, 東京書籍, , (2003).
(15 > 無機化合物
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, , (1998).
(16 > 無機物質
佐野博敏、花房昭静, 総合図説化学, 第一学習社, , (1995).
 
黒鉛炭素1)六方晶系の層状構造とります2)見た目に金属光沢があってもありませんセラミックスに分類する人もいます炭素には同素体の代表格としてグラファイトダイヤモンドがありますが他にもいろいろな炭素があります墨汁は炭素コロイド保護コロイドとしてにかわ加えたものです鉛筆の芯は黒鉛粘土混合乾燥して焼成含浸させて冷却して作ります融解するるつぼや鋳型にも使われますタイヤフィラー顔料などに使われます3)

リチウムイオンインターカレーション可能なのでリチウムイオン次電池やハイブリッドキャパシタの負極に使われます4)

グラファイトでは混成していないpオービタルpバンド形成グラフェンシート面に沿って電子伝導が起こりますバンドギャ5)がないのにキャリア濃度が低いため電子電導度が低く金属呼ばれることもあります6)

カーボン系材料の負極特性7)
炭素材料8)
(1炭素CarbonC, (元素).
(2 > 炭素・自問自答(目次)
大谷杉郎, 炭素・自問自答, 裳華房, (1997).
(3 > セラミックス序論
堂山昌男・山本良一, セラミック材料, 東京大学出版会, (1986).
(4リチウム > 電極用炭素材料と高性能化
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, (1996).
(5バンドギャップ( [ジュール].
(6 > 初歩的なバンド理論
P.A.Cox著/魚崎浩平[ほか]訳, 固体の電子構造と化学, 技報堂出版, (1989).
(7 > カーボン系材料の負極特性
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, (1996).
(8石炭化学 > 炭素材料
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
ナレッジ
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧