鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【化学種】 銀
MolViewSvg
銀

シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed
ID⇒#17@化学種;
要約【化学種】銀⇒#17@化学種;
化学種名
よみぎん
英語名Silver
物質群@ > 無機物質 > 金属
分類 
式量 = 107.868 g/mol
組成式Ag
CAS.#7440-22-4
プロフィールJ-GLOBAL 日化辞
構成元素
別名
銀を主成分とする材料銀ペースト銀及びその水溶性化合物
鷹山OID1.3.6.1.4.1.22689.2.1.9.17
情報

銀の抵抗率 ρ / 

 … 1.59E-08

銀の融点 Tm / K

 … 1234.15

銀の沸点 Tb / K

 … 2428.15

銀の密度 d / 

 … 10490
タイトル反応式反応性
2Ag+S(2-)<->Ag2S
  Ag2S + 2e- ↔   2Ag + S(6+)2-Eº = -0.691V
Ag+2CN(-)<->[Ag(CN)2](-)
  [Ag(CN)2]- + e- ↔   Ag + 2CN-Eº = -0.31V
Ag+I(-)<->AgI
  AgI + e- ↔   Ag + I-Eº = -0.1522V
Ag+CN(-)<->AgCN
  AgCN + e- ↔   Ag + CN-Eº = -0.017V
Ag+2S2O3(2-)<->[Ag(S2O3)2](3-)
  [Ag(S2O3)2]3- + e- ↔   Ag + 2S2O3(2-)Eº = -0.017V
銀の析出反応
  AgBr + e- ↔   Ag + Br+Eº = 0.0711V
Ag+SCN(-)<->AgSCN
  AgSCN + e- ↔   Ag + SCN-Eº = 0.0895V
銀塩化銀:Ag+Cl(-)<->AgCl
  AgCl + e- ↔   Ag + Cl-Eº = 0.2223V
Ag+N3(-)<->AgN3
  AgN3 + e- ↔   Ag + N3-Eº = 0.2933V
2Ag+2OH(-)<->Ag2O+H2O
  Ag2O + H2O + 2e- ↔   2Ag + 2OH-Eº = 0.342V
Ag+IO3(-)<->AgIO3
  AgIO3 + e- ↔   Ag + IO3(-)Eº = 0.354V
2Ag+SeO3(2-)<->Ag2SeO3
  Ag2SeO3 + 2e- ↔   2Ag + SeO32-Eº = 0.363V
Ag+2NH3(aq)<->[Ag(NH3)2](+)
  [Ag(NH3)2]+ + e- ↔   Ag + 2NH4+Eº = 0.373V
2Ag+CrO4(2-)<->Ag2CrO4
  Ag2CrO4 + 2e- ↔   2Ag + [CrO4]2-Eº = 0.4491V
3Ag+PO4(3-)<->Ag3PO4
  Ag3PO4 + 3e- ↔   3Ag + PO4(+3)3-Eº = 0.4525V
2Ag+CO3(2-)<->Ag2CO3
  Ag2CO3 + 2e- ↔   2Ag + CO32-Eº = 0.47V
Ag+BrO(3-)<->AgBrO3
  AgBrO3 + e- ↔   Ag + BrO3(1-)-Eº = 0.546V
⇒#25@反応;
  Ag2SO4 + 2e- ↔   2Ag + SO42-Eº = 0.654V
銀|銀イオン:Ag<->Ag(+)
  Ag+ + e- ↔   AgEº = 0.7991V
⇒#502@反応;
  2Ag+ + Cu →   2Ag + Cu2+
  
説明引用
貴金属として装飾品としてつかいますには溶けませんが硝酸には溶けます 
抵抗率1)のもっとも小さい金属電気回路コネクタなどのに使われますペーストとしてデバイスリードの接続にも使われます2)

塩酸中でアノード酸化した銀塩化銀電極照電極として使います3)

関連講義無機分析化学応用実験,電極類と標準電池4)

ナレッジ
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧