鷹山 (C)1996-2020 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【化学種】 ポリエチレン
MolViewSvg
ポリエチレン

シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed
情報
タイトル反応式反応性
  
説明引用
PEと略すプラスチック
紡織科展示室教室1)PE2)

 
エチレン1)付加重合させて合成する高分子化合物2)軽くて耐磨耗性や耐薬品性に優れる反面染色しにくい難点があります3)PEと略されます熱可塑性樹脂して食器包装4)フィルム容器電気絶縁材料などに使われます5)6)

(1エチレンC2H4, FW = 28.05376 g/mol, (化学種).
(2合成樹脂
佐野博敏、花房昭静, 総合図説化学, 第一学習社, (1995).
(3有機化合物
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, (2005).
(4包装
鴨居郁三、堀内久弥、高野克己, 食品工業技術概説, 恒星社厚生閣, (1997).
(5高分子化学
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(6肖像画5「まだまだこれから」―すばらしいポリマーたち
John Emsley、渡辺正, 化学物質ウラの裏, 丸善株式会社, (1999).
ナレッジ
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧