鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ ×
【化学種】 2-シアノ-2-プロピルラジカル
MolViewSvg
2-シアノ-2-プロピルラジカル

シボレス認証によって、このページの感想やコメント、質問などを記入できます。学術認証フェデレーション(学認)参加機関から利用できます。
→ シボレスログイン
→ RSS
シボレス-トップメニュー
学認参加機関/一覧
ページレビュー説明書
山形大学 学術認証-fed
ID⇒#930@化学種;
要約【化学種】2-シアノ-2-プロピルラジカル⇒#930@化学種;
化学種名2-シアノ-2-プロピルラジカル
よみしあのぷろぴる らじかる
英語名2-cyano-2-propyl radical
物質群@ > 無機物質 > ラジカル
分類 
式量 = 68.09834 g/mol
組成式CN(CH3)2C・
CAS.#3225-31-8
プロフィールJ-GLOBAL 日化辞
構成元素炭素水素窒素
別名
2-シアノ-2-プロピルラジカルを主成分とする材料
鷹山OID1.3.6.1.4.1.22689.2.1.9.930
情報
タイトル反応式反応性
(NC(CH3)2CN)2<->2CN(CH3)2C+N2
  (NC(CH3)2CN)2 →   2CN(CH3)2C・ + N2
CN(CH3)2C・+O2<->CN(CH3)2COO・
  CN(CH3)2C・ + O2 →   CN(CH3)2COO・
C11H13NO+C4H6N・<->C15H19N2O・
DMPO+CN(CH3)2C・<->DMPO-C(CN)(CH3)2
  C6H11NO + CN(CH3)2C・ →   C10H17NO
DMPO-CPOと2-シアノ-2-プロピルラジカルの反応
PBNと2-シアノ-2-プロピルラジカルの反応
  C11H15NO + CN(CH3)2C・ →   C15H21N2O
2CPO・ → CPO-OCP
テトラメチルスクシノニトリルの生成
  2CN(CH3)2C・ →   C8H12N2
  
説明引用
考資料Investigations into the AIBN initiation steps in the free radical polymerisation of acrylonitrile by the aminoxyl trapping technique1)

1-cyano-1-methylethyl radicalともいう


過酸化ラジカル研究にも使用されています2)3)4)

2-シアノ-2-プロピルラジカル/2-シアノ-2-プロピルパーオキシルルラジカルの分子軌道計算5)
AIBN由来DMPOアダクト分子軌道計算(hfcc)6)

M. Talat-Erbらは1960年にThe reaction of 2-cyano-2-propyl free radicals with oxygen, 2-cyano-2-propyl hydroperoxideについてと述べておりAIBNのについて述べている7)


(1Investigations into the AIBN initiation steps in the free radical polymerisation of acrylonitrile by the aminoxyl trapping technique
, ,0,1(2006).
(2ESRによる過酸化ラジカル消去能評価法の研究
日野俊介, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2007).
(3アゾ化合物を用いる過酸化ラジカル消去能評価法の研究
賽那, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2011).
(4過酸化ラジカル(仮)
中嶋 耕資, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2013).
(52-シアノ-2-プロピルラジカル/2-シアノ-2-プロピルパーオキシルルラジカルの分子軌道計算
伊藤 智博, 研究ノート, (2013).
(6AIBN由来DMPOアダクトの分子軌道計算(hfcc)
伊藤 智博, 研究ノート, (2013).
(7The reaction of 2-cyano-2-propyl free radicals with oxygen 
2-cyano-2-propyl hydroperoxide

M. Talat-Erben and Nevzat Onol, can. j. chem. ,38,1154(1960).
 
 
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧