教育用公開ウェブサービス利用ガイド

Ver. 0.3

はじめに

講義科目ごとに利用申請をしていただきます。

現在、テスト運用のため、仕様が変更される可能性があります。

利用まで流れ

1.利用申請
利用希望の方は、後述する「利用申請」の説明に従って、申請書をセンターまで提出してください。
2.アップロードフォルダの決定
センターで、申請書の確認後、ウェブホストの設定が行われます。
3.登録完了通知
ウェブホストの設定が完了すると、必要事項を記述した申請書のコピーが利用者に届きます。この時点で、登録が完了しております。
4.コンテンツのアップロード
利用者は、サーバへのコンテンツのアップロード手順に従って、ウェブページのデータをサーバにアップロードしてください。

利用申請

準備中

サーバへのコンテンツのアップロード手順

コンテンツのアップロードは,学内のパソコンからSMB/CIFSプロトコルによるWindows共有フォルダへのアップロードと学内外のパソコンからFTPによる接続のどちらかを使ってください.

コンテンツアップロード用SMB/CIFSサーバのパラメータ

表1にコンテンツアップロード用SMB/CIFSサーバの設定パラメータと公開URLを示す。 また、コンテンツアップロード用FTPサーバの設定パラメータを表2に示す。


表1 コンテンツアップロード用SMB/CIFSサーバの設定パラメータと公開URL
項目 パラメータ
UNC名 \\yzdn\dfs\share6\www\Public\[時間割コード]
例:\\yzdn\dfs\share6\www\Public\54299(物質化学工学科 卒業研究の場合)
ユーザー名 学術情報基盤センターが発行した教育用アカウント
パスワード 学術情報基盤センターの端末にログオンするときのパスワード
公開URL http://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/[時間割コード]
例)http://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299(物質化学工学科 卒業研究の場合)
表2 コンテンツアップロード用FTPサーバの設定パラメータ
項目 パラメータ
ホスト名 edu.yz.yamagata-u.ac.jp
ポート番号 21
暗号化 SSLで接続 (FTP over SSL)
ホスト側初期フォルダ /www/Public/[時間割コード]
例:/www/Public/54299(物質化学工学科 卒業研究の場合)
ユーザー名 学術情報基盤センターが発行した教育用アカウント
パスワード 学術情報基盤センターの端末にログオンするときのパスワード
公開URL http://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/[時間割コード]
例)http://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299(物質化学工学科 卒業研究の場合)

例)物質化学工学特別実験A(工業系)のSMB/CIFSサーバへの接続方法

物質化学工学特別実験A(工業系)の科目を例にとって使い方を示します.
物質化学工学特別実験A(工業系)の時間割コードは,56331で
修士論文のウェブアップロードフォルダは,
\\yzdn\dfs\share6\www\Public\56331
となります.
ウェブアップロードフォルダにファイルエクスプローラーでアクセスする手順は、

1.ファイルエクスプローラー(エクスプローラー)を起動する。
2.アドレスバー(名称不明、調査中)に、\\yzdn\dfs\share6\www\Public\56331 と入力する。

研究室での実施例

以下に研究室での実施例を示す

準備中

リファレンス

更新履歴