鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
ブックレビュー
レビュー

図面の表し方

図面の表し方
小林一也, 工業技術基礎, 実教出版, p.26, (2002).

電気化学インピーダンス法

板垣 昌幸電気化学インピーダンス法丸善出版 http://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/denkikagaku_imp/
(1).

インピーダンス測定


0

電気化学測定法(目次)

目次 第1章 電気化学への入門⇒#582@レビュー; 第2章 基礎的電気化学プロセス⇒#422@レビュー; 第3章 電気化学測定法のための装置⇒#517@レビュー; 第4章 電気化学セルの構成⇒#136@レビュー; 第5章 電流電位曲線の測定⇒#367@レビュー; 第6章 ポテンシオメトリー:電位と化学反応 第7章 クーロメトリー:電気量から化学反応をさぐる 第8章 ポーラログラフィー:微量測定が可能 第9章 インピーダンス測定:界面へのアプローチ⇒#62@レビュー; 第10章 コンダクトメトリー:界面情報からバルク情報へ⇒#677@レビュー; 第11章 化学センサー:デバイス化された計測⇒#822@レビュー; 第12章 回転リング・ディスク電極法:電極反応プロセスをさぐる 第13章 過渡現象を追う:速い反応の測定 第14章 ありのままの電極表面をとらえる⇒#402@レビュー; 第15章 表面状態測定法:電極表面をプローブする⇒#596@レビュー; 第16章 光電気化学:太陽エネルギーも変換できる 第17章 生物電気化学:生体機能をさぐる 第18章 
(1).

インピーダンス測定

第9章インピーダンス測定:界面へのアプローチ 界面の電気的表現:インピーダンス インピーダンスと交流 インピーダンス測定と測定装置⇒#581@レビュー; インピーダンス測定からわかる電極界面の情報 電気化学測定法(目次)⇒#40@レビュー;
(1).

溶液の誘電率

溶液の誘電率 【物理量】緩和時間⇒#575@物理量;誘電率⇒#66@物理量;双極子モーメント⇒#499@物理量;誘電損失⇒#573@物理量;
(1).

高分子化学

高分子合成⇒#875@レビュー; 高分子材料⇒#587@レビュー; ・プラスチック ・繊維 ・ゴム ・接着剤 ・ポリマーアロイ ・複合材料 機能性高分子 ・電気・電子材料 導電性高分子 圧電性高分子 焦電性高分子 ・光機能材料⇒#585@レビュー; フォトレジスト/電子線レジスト ・分離機能材料 気体分離膜、逆浸透膜、イオン交換膜 ・生医学材料 高分子材料と環境―生分解性高分子 最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)⇒#409@レビュー;
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).

Ten Little Fingers, Two Small Hands

Ten Little Series By Kristy Dempsey, Illustrated by Jane Massey
(0:00:00).

ヨーロッパの勃興を演出した「モノ」

ヨーロッパの勃興を演出した「モノ」 宗教改革を激化させたグーテンベルグの「印刷術」 「コーヒーハウス」から「レストラン」へ 富裕化するヨーロッパと「ナイフ」「フォーク」 肌触りの良い「キャラコ」が引き起こした産業革命 「蒸気機関」が生み出した煤煙淀む新興都市と労働者の飲料「ジン」 「国民国家(近代国家)」のシンボルとして登場した「国旗」 ナポレオン戦争が生み出した「ビン詰」と「カン詰」 「ジャケット」「ズボン」「ネクタイ」そして「背広」の起源は 世界を巡った嗜好品「紅茶」がもたらした大変動 世界のありようを一変させた「鉄道」 「蒸気船」と地球をひとつにした「定期航路」 大洋を結んだ「スエズ」と「パナマ」の巨大運河 大規模な建設と破壊に使われた「ダイナマイト」 「黒い金」と呼ばれた「天然ゴム」とアフリカ分割
宮崎正勝, モノの世界史, 原書房, (2002).

工場見学!モノがつくられる工程をみる

工場見学!モノがつくられる工程をみる 大きな工場と小さな工場 鉄のつくり方 液晶パネルのつくり方 油圧ショベルのつくり方 カップラーメンのつくり方 ビールのつくり方 自動車のつくり方 ボルト、ナットのつくり方 半導体のつくり方 イラスト図解 工場のしくみ(目次)⇒#290@レビュー;
松林光男、渡辺弘, イラスト図解 工場のしくみ, 日本実業出版社, p.23, (2004).

ビールのつくり方


松林光男、渡辺弘, イラスト図解 工場のしくみ, 日本実業出版社, (2004).

イラスト図解 工場のしくみ(目次)

イラスト図解 工場のしくみ(目次) 工場とは何か 工場見学!モノがつくられる工程をみる⇒#419@レビュー; さまざまな生産のしくみ・タイプ⇒#292@レビュー; 工場全体のしくみ⇒#535@レビュー; レポート 工場の各部門担当者の一日 開発・設計のしくみ 生産管理のしくみ 生産現場のいま⇒#298@レビュー; 原価管理のしくみ 品質管理のしくみ⇒#293@レビュー; 自動化とIT活用⇒#334@レビュー; 工場が拓く未来
松林光男、渡辺弘, イラスト図解 工場のしくみ, 日本実業出版社, (2004).

現代の電気化学(目次)

現代の電気化学―目次 序論 電気化学の基礎事項⇒#466@レビュー; 電池とエネルギー⇒#508@レビュー; 腐食と防食⇒519@レビュー;⇒#270@レビュー; 工業電解プロセス⇒#263@レビュー; 表面処理と機能化⇒#118@レビュー; エレクトロニクスと電気化学⇒#318@レビュー; バイオエレクトロケミストリー⇒#319@レビュー; 光電気化学⇒#800@レビュー; 情報変換と電気化学⇒#509@レビュー; 無機工業化学,電気化学工業@無機工業化学⇒#3063@講義;
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, (2012).

腐食と防食

腐食と防食 金属材料の安定性―腐食の平衡論― 腐食電位と腐食電流―腐食の速度論― 活性態と不働態 防食の理論と方法 現代の電気化学(目次)⇒#103@レビュー;
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, (2012).

腐食反応とその制御 : 原理と応用(目次)

目次 腐食の定義とその重要性 腐食の電気化学的機構⇒#103@レビュー; 腐食傾向と電極電位 分極と腐食速度 不働態 鉄と鋼 応力の影響 大気腐食 土壌腐食 高温酸化 迷走電流による腐食 陰極防食法 金属被覆 無機被覆 有機被覆 インヒビターと不働態化剤 水および蒸気系統の腐食 ステンレス鋼 銅と銅合金 アルミニウムとマグネシウム 鉛 ニッケルとニッケル合金 チタン、ジルコニウム、タンタル ケイ素-鉄合金とケイ素-ニッケル合金
(1).

事例研究:東京電力原発トラブル隠し

事例研究:東京電力原発トラブル隠し p174
中村収三, 技術者による実践的工学倫理第3版, 化学同人, (2006).

目次

目次 食品 ヤクルト キューピーマヨネーズ 家庭用品 金鳥かとり線香 NEWクレラップ 趣味用品 スカイライン リカちゃん
成美堂出版編集部, ロングセラー商品の舞台裏, 成美堂出版, (2010).

リカちゃん

リカちゃん 1960年、タカラ(佐藤安太) マテル社のバービー人形をはじめ、タミーちゃん、スカーレットちゃんが流行していたが、それらのケースを開発しようとしたところ、これらは身長30センチと日本の狭い住宅には合わないことが判明した。そこで日本の住宅事情に合わせた人形そのものの開発をはじめた。グラマーなバービーちゃんより清楚で華奢な少女マンガのヒロインにあこがれる日本昭和女子の夢をかなえるために身長21センチ、6頭身、瞳に星が輝く初代リカちゃんが生まれた。
成美堂出版編集部, ロングセラー商品の舞台裏, 成美堂出版, p.162, (2010).

はじめに


Peter Atkins・Julio de Paula/千葉秀明・稲葉章訳, アトキンス物理化学要論 第5版, 東京化学同人, (2012).

電気化学

電気化学 電気化学の歴史 18世紀⇒#1020@講義; 1791年、ガルバニ電池 1800年、ボルタ電池 19世紀⇒#1019@講義; 1833年、ファラデー電気分解の法則 1839年、グローブ、燃料電池発見 電気化学の基礎 電極界面モデル 電解の化学 エネルギー貯蔵の電気化学 鉛電池 酸素過電圧と水素化電圧が大きい。 燃料電池の電気化学 太陽電池 最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)⇒#409@レビュー;
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).

生物化学

生物化学 酵素プロセス 醸造 清酒/ビール/ワイン/蒸留酒/醤油/味噌/食酢 微生物生産プロセス⇒#625@レビュー; アルコール/有機酸/アミノ酸/核酸関連物質/抗生物質/細胞培養による物質生産 最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)⇒#409@レビュー;
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).

最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)

最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次) 工業化学の新しい動向⇒#678@レビュー; 無機薬品・材料化学⇒#410@レビュー; 電気化学⇒#429@レビュー; 石炭化学・炭素材料⇒#421@レビュー; 石油精製・石油化学⇒#433@レビュー; 高分子化学⇒#434@レビュー; 有機ファインケミカルズ⇒#437@レビュー; 生物化学⇒#438@レビュー; 持続可能な社会づくり⇒#458@レビュー;
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).

新合金(目次)

新合金(目次) 新合金開発のために 合金自体の発明により用途が開かれた新合金 ネオジム磁石 アルミニウム・リチウム合金 Ⅲ・Ⅴ化合物 金属水素 システムの発展に対応して生まれた新合金 LSI電極合金 リードフレーム合金 光磁性合金 磁気センサー 新製造法の発展により生まれた新合金 アモルファス合金
金子秀夫, 新合金, 産業図書, (1985).

日本列島改造論

日本列島改造論 水は低きに流れ、人は高きに集まる。 ⇒1039@講義;
(1).

金属の加工法

金属の加工法
小林一也, 工業技術基礎, 実教出版, p.56, (2002).

工業技術基礎(目次)

工業技術基礎(目次) 人と技術と環境⇒#1059@レビュー; 図面の表し方 ノギス・マイクロメータ・ダイヤルゲージの使い方⇒#1058@レビュー; 工具の使い方 手仕上げの方法 旋盤の使い方 フライス盤の使い方 溶接の方法 鋳造の方法 直流・交流回路の実験⇒#854@レビュー; 回路計・オシロスコープの取り扱い方⇒#855@レビュー; プリント配線について学ぼう 論理回路の基礎について学ぼう 化学実験の基本操作について学ぼう 橋梁のしくみにつて学ぼう 木材について学ぼう 住宅について考えよう デザインについて学ぼう インテリアについて学ぼう パソコンによるプレゼンテーション⇒#849@レビュー;
小林一也, 工業技術基礎, 実教出版, (2002).

鉱物の種類

鉱物の種類 元素鉱物⇒#3087@材料; 酸化鉱物⇒#3094@材料; 硫化鉱物⇒#3088@材料; リン酸塩鉱物 ハロゲン化鉱物⇒3729@材料; 炭酸塩鉱物 硫酸塩鉱物 珪酸塩鉱物⇒#3086@材料; 砒酸塩鉱物 タングステン酸塩鉱物 鉱物の不思議がわかる本(目次)⇒#563@レビュー;
松原聡, 鉱物の不思議がわかる本, 成美堂出版, (2007).

石炭化学

石炭化学・炭素材料 石炭化学 ・コークス 石炭の加熱による化学変化 コークス炉 高温乾留の副生成物 高炉におけるコークスの役割 ・火力発電 【関連書籍】最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)⇒#409@レビュー;
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).

植物の生殖細胞の形成と受精

植物の生殖細胞の形成と受精 種子。真果(カキ)。偽果(リンゴ、イチゴ)。 ⇒1526@レビュー;
鈴木孝仁, 視覚でとらえるフォトサイエンス生物図録, 数研出版, 44, (2000).

カンタン!水耕栽培キット

ISBN978-4-07-412990-4 http://homehyponica.net/ http://www.kyowajpn.co.jp/hyponica/ 肥料 サカタのタネ http://www.sakataseed.co.jp/ 主婦の友 http://www.shufunotomo.co.jp/ ⇒4494@講義; ⇒1527@レビュー;
主婦の友社, カンタン!水耕栽培キット, 主婦の友社, (2015/9/30).

鉄のつくり方

【関連書籍】鉄⇒#1398@レビュー;
松林光男、渡辺弘, イラスト図解 工場のしくみ, 日本実業出版社, p.26, (2004).

暦の雑学事典(目次)

暦の雑学事典(目次) 暦の常識・非常識 暦の歴史エピソード 暦の進化史 時刻・時計の歴史とサイエンス 季語と年中行事のおもしろ雑学
吉岡安之, 暦の雑学事典, 日本実業出版社, (1999).

その他の工業電解プロセス

その他の工業電解プロセス チーズホエー 粉ミルク
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, (2012).

明治の人物誌(目次)

中村正直 野口英世 岩下清周 伊藤博文 新渡戸稲造 エジソン 後藤猛太郎 花井卓蔵 後藤新平 杉山茂丸
星新一, 明治の人物誌, 新潮出版, (1998).

日本創業者列伝 企業立国を築いた男たち(目次)

日本創業者列伝 企業立国を築いた男たち(目次) 第一章 企業立国の誕生を担った人々 岩崎弥太郎⇒#2459@講義; 大倉喜八郎 安田善次郎 渋沢栄一⇒#1173@講義; 第二章 企業立国の揺籃期を支えた人々 浅野総一郎 高橋是清 金子直吉 鈴木三郎助 福沢桃助 第三章 企業立国の発展に尽くした人々 松永安左ヱ門 中島友久平 出光佐三 石橋正二郎 付録 日本の創業者ア・ラ・カルト 島津源蔵 福原有信 御木本幸吉 長瀬富郎 光永星郎 久保田権四郎 相馬愛蔵 五十嵐健治 白井松次郎 大谷竹次郎 黒田善太郎 吉本せい 山内健二
加来耕三, 日本創業者列伝 企業立国を築いた男たち, 学陽書房, (2000).

半導体デバイスと集積回路

半導体デバイスと集積回路技術 p-n接合 接合型トランジスタ 電界効果型トランジスタ 集積回路 集積回路とプロセス技術 バイポーラICn製造プロセス nMOS-ICの製造プロセス エレクトロニクスと電気化学⇒#318@レビュー;
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, (2012).

化学実習の基本操作について学ぼう

化学実習の基本操作について学ぼう 加熱 ガスバーナー ガラス細工 質量と容量の基礎知識 メスシリンダー メートルグラス メスフラスコ ピペット ビュレット 電子天秤 溶液の調整 酸性とアルカリ性 pH計 容量⇒#588@物理量;質量⇒#2@物理量; ⇒4457@講義;
小林一也, 工業技術基礎, 実教出版, p.131, (2002).

ノギス・マイクロメータ・ダイヤルゲージの使い方

ノギス・マイクロメータ・ダイヤルゲージの使い方 測定値の取り扱い 測定値における誤差 有効数字 ⇒4457@講義;
小林一也, 工業技術基礎, 実教出版, p.31, (2002).

日本の化学工業の勃興と発展

日本の化学工業の勃興と発展 【明治時代】 1880年、大阪造幣局、ルブラン法でカセイソーダの製造開始。 1901年、高峰譲吉(日)アドレナリンの抽出に成功。 1907年、ド・フォーレが三極真空管を発明。 1909年、ブラウン(独)ブラウン管の作成。 1910年、旧米沢高等工業学校開校。 1913年、ラングミュア、ハードバルブ(真空管)を完成。 【大正時代】 1913年、ハーバー・ボッシュ法 1914年、第1次世界大戦勃発 1918年、 米沢 で人絹製造に成功!!! 【関連書籍】工業化学の新しい動向⇒#678@レビュー;
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).

化学工業の歴史

化学工業の歴史 産業革命 灰汁 1785年 ベルトレ 塩素 漂白 ルブラン法 ソルベー法 炭酸ナトリウム 1865年 ソルベー 撹拌 向流 1866年 ジーメンス 発電機 電気めっき 電解精錬 【関連書籍】工業化学の新しい動向⇒#678@レビュー; 【関連講義】 無機工業化学,工業化学の歴史@無機工業化学⇒#3157@講義; 無機工業化学,世界の産業革命⇒#4438@講義ノート;
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).

事例ファイル24:アスベスト禍

事例ファイル24:アスベスト禍 クボタの事例。
中村収三, 技術者による実践的工学倫理第3版, 化学同人, p.101, (2006).

環境・資源問題の歴史

【講義ノート】哲学と思想~みんなハッピーになりたい!~⇒#4224@講義ノート; 環境・資源問題の歴史 水圏 大気圏 土壌地下水 資源 産業革命 化石燃料 公害 環境問題の原点 アフリカで誕生した人類の活動は、採取・狩猟から始まり、次第に栽培・牧畜へ移行した。人は火を使い、道具を発明した。 産業革命の勃発 18世紀後半、イギリスで始まった。 人口問題 日本の産業革命 第二次産業における環境公害 海外の環境汚染 日本の環境汚染 【関連書籍】環境・資源問題と工学倫理⇒#1033@レビュー;
中村収三, 技術者による実践的工学倫理第3版, 化学同人, (2006).

ガスセンサ

ガスセンサ ガスセンサのいろいろ 酸素センサ 固体電解質 ガス漏れセンサ 【化学種】酸化スズ⇒#392@化学種;がガス吸着によって導電率が変化することを利用したセンサ。 【関連書籍】 情報変換と電気化学⇒#509@レビュー; 複合系および接合系における電子伝導⇒#1108@レビュー;
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, (2012).

情報変換と電気化学

情報変換と電気化学 電気化学計測と情報変換 電気化学分析法としての電気化学測定法 イオン選択性電極 バイオセンサ ガスセンサ⇒#1344@レビュー; 電気化学分析システム 今後の情報変換の動向 レセプター;受容器 トランスデューサー;信号変換器 現代の電気化学(目次)⇒#103@レビュー;
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, (2012).

光電気化学

光電気化学 はじめに 半導体による光の吸収 光電圧―開回路時の平衡電位に対する光照射の影響― 光電流―電荷移動反応に対する光照射の影響― いくつかの特徴的な反応例 溶液中の成分の光吸収に伴う反応 光電気化学反応の利用
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, (2012).

エレクトロニクスと電気化学

エレクトロニクスと電気化学 半導体デバイスと集積回路技術⇒#527@レビュー; 電子部品材料 ・プリント配線板 ・接点部品・コネクタ 磁気記録材料 表示材料 pn接合 フェルミ準位 トンネル効果 エミッタ ベース バイポーラトランジスタ FET ソース ドレイン ゲート コネクタ スルーホール 現代の電気化学―目次⇒#103@レビュー;
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, (2012).

電子の放出


(1).

電気的物性

電気的物性 ・電子伝導性 化学結合とエネルギーバンド構造 導電メカニズム バンド構造/ホッピング伝導/金属―半導体転移 格子欠陥と不定比性化合物 ・複合系および接合系における電子電動 ・イオン伝導性 ・誘電性 ・強誘電性 ・圧電性と焦電性
堂山昌男・山本良一, セラミック材料, 東京大学出版会, (1986).

電池

電池 ダニエル電池 起電力 電池式 アノードを左、カソードを右に書く。ガス電極や共存する場合はカンマで区切って書く。 電池とエネルギー⇒#1309@レビュー;
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, (2012).

食品

食品 マヨネーズ⇒#896@レビュー;⇒#3133@講義; インスタントコーヒー ツナ缶 レトルトカレー ティーバッグ ビール チョコレート カップめん モノができる仕組み辞典(目次)⇒#663@レビュー;
成美堂出版編集部, モノができる仕組み辞典, 成美堂出版, (2008).

電池とエネルギー

電池とエネルギー⇒#1309@レビュー; 化学エネルギー変換装置としての化学電池 実用化されている電池 新しい化学エネルギー変換:近未来電池 現代の電気化学(目次)⇒#103@レビュー;
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, (2012).

金属酸化物のノンストイキオメトリーと電気伝導(目次)

金属酸化物のノンストイキオメトリーと電気伝導(目次) 相平衡と熱力学 不定比性と格子欠陥⇒#376@レビュー; 電気伝導性の理論⇒#495@レビュー; 電気伝導性の実例⇒#375@レビュー; 編訳者序文 プローストが1779年に提出した定比例の干す奥によると、ひとつの化合物を構成する元素の質量比は常に一定である。また1802年にドルトンが発表し、実験的にも確かめたという倍数比例の法則よると・・・
齋藤安俊・齋藤一弥, 金属酸化物のノンストイキオメトリーと電気伝導, 内田老鶴圃, (1987).

開発・設計のしくみ

開発・設計のしくみ
松林光男、渡辺弘, イラスト図解 工場のしくみ, 日本実業出版社, (2004).

開発設計の重要性


松林光男、渡辺弘, イラスト図解 工場のしくみ, 日本実業出版社, p.84, (2004).

自動車のつくり方

プレス工程 ボディ工程 塗装工程 組立工程 検査工程
松林光男、渡辺弘, イラスト図解 工場のしくみ, 日本実業出版社, p.36, (2004).

吸着質

吸着質 無機イオン 界面活性剤 極性固体-金属酸化物⇒#3140@材料;、炭酸カルシウム⇒#717@材料; 非極性固体-カーボンブラック⇒#1067@講義;、合成高分子⇒#3543@材料; 水溶性高分子 ガス分子 ミセル 吸着の化学―表面・界面制御のキーテクノロジー―(目次)⇒#785@レビュー;
竹内節, 吸着の化学―表面・界面制御のキーテクノロジー―, 産業図書, p.107, (1995).

企業ミュージアム一覧表

企業ミュージアム一覧表 ⇒#2240@講義; 酢の里⇒#3436@講義; ⇒#295@レビュー;
亀田訓生, 企業ミュージアム, 株式会社ピーエーエヌ, (1998).

視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録(目次)

力学 熱力学⇒#783@レビュー; 波⇒#543@レビュー; 電気と磁気⇒#540@レビュー; 原子と原子核⇒#542@レビュー;
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, (2006).

機能性高分子

機能性高分子 電気・電子材料 イオン伝導高分子材料 電子伝導高分子材料 圧電性高分子 光機能材料 ホトレジスト 電子線レジスト 分離機能材料 イオン交換膜 印刷 半導体 集積回路
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, p.158, (2004).

原子吸光分析、フレーム分析および発光分光分析

原子吸光分析、フレーム分析および発光分光分析 ⇒#1472@レビュー; 【シラバス】機器分析学Ⅱ⇒#11301@シラバス;
庄野利行、脇田久伸, 入門機器分析化学, 三共出版, 70-94, (1988).

入門機器分析化学(目次)

入門機器分析化学(目次) 序論 吸光光度分析と蛍光光度分析⇒#1523@レビュー; ランベルト-ベールの法則 赤外吸収・ラマンスペクトル分析法 原子吸光分析、フレーム分析および発光分光分析⇒#1524@レビュー; X線分析法 電子スピン共鳴法 質量分析 クロマトグラフィー 電気分析法 熱分析
庄野利行、脇田久伸, 入門機器分析化学, 三共出版, (1988).

吸光光度分析と蛍光光度分析

吸光光度分析と蛍光光度分析 入門機器分析化学(目次)⇒#1472@レビュー; 【シラバス】機器分析学Ⅱ⇒#11301@シラバス;
庄野利行、脇田久伸, 入門機器分析化学, 三共出版, 6-30, (1988).

ビジネスにおけるインターネット利用

ビジネスにおけるインターネット利用 電子商取引 電子商取引情報の標準化 電子マネー 顧客管理 個人情報保護 情報技術の基礎知識(目次)⇒#470@レビュー; 金融など⇒#2446@講義ノート;
寺沢幹雄, 情報技術の基礎知識, 昭晃堂, (2006).

太陽電池

太陽電池 太陽電池の意義 太陽電池の種類と特性 シリコン系太陽電池 化合物半導体太陽電池 有機半導体太陽電池 湿式太陽電池 【関連書籍】電気化学⇒#429@レビュー;
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).

機能性金属および無機材料

機能性金属および無機材料 結合様式・形態と機能 電子機能材料 半導性材料⇒#1264@レビュー; 【物理量】バンドギャップ⇒#390@物理量; LED、混晶型インジウム窒化ガリウム発光ダイオード。 絶縁性材料 磁気機能材料 光学機能材料 ・光の屈折を利用する材料(ガラス、レンズ、光ファイバー) ・光吸収を利用する材料(釉薬) ・発光を利用する材料(蛍光灯、ランプ、テレビ、ディスプレイ、半導体レーザー、蛍光体) ・光電磁気効果を利用する材料 触媒 無機薬品・材料化学⇒#410@レビュー; 最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)⇒#409@レビュー;
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).

無機薬品・材料化学

無機薬品・材料化学 無機薬品 酸 アルカリ アンモニア 金属・セラミックス材料⇒#595@レビュー; 金属(鉄・非鉄金属) セラミックス (陶磁器、ガラス、セメント、アルミナ、シリカ) 機能性金属および無機材料⇒#619@レビュー; 結合様式・形態と機能 電子機能材料 磁気機能材料 光学機能材料 ・光の屈折を利用する材料(ガラス、レンズ、光ファイバー) ・光吸収を利用する材料(釉薬) ・発光を利用する材料(蛍光灯、ランプ、テレビ、ディスプレイ、半導体レーザー、蛍光体) ・光電磁気効果を利用する材料 触媒 最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)⇒#409@レビュー;
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).

石油精製・石油化学

石油精製・石油化学 石油精製 石油の採掘と埋蔵量 石油の成分 石油製品需要動向 石油精製プロセス 水素の製造 【材料】水素⇒#26@材料;石油⇒#3155@材料; 石油化学 ナフサ、アルカン、酢酸ビニル、塩化ビニル、塩化ビニリデン 最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)⇒#409@レビュー;
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).

電解の化学

水電解 光エネルギー 電気エネルギー エントロピー エンタルピー 本多-藤島効果 半導体電極 触媒作用 光触媒 電着塗装 電気泳動 防食
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).

酸・塩基

酸・塩基 【関連書籍】酸化物、水酸化物、オキソ酸、酸・塩基⇒#315@レビュー;
(1).

非鉄金属入門

非鉄金属入門 非鉄金属 各金属の精錬方法⇒#1305@レビュー; 銅と銅合金の性質 アルミニウムと合金の性質 マグネシウムの性質 チタンの性質 新機能素材にまつわる最新トピックス 図解入門 よくわかる最新金属の基本と仕組み(目次)⇒#665@レビュー;
田中和明, 図解入門 よくわかる最新金属の基本と仕組み, 秀和システム, (2007).

炭素材料

炭素材料 ダイヤモンド 活性炭 人造黒鉛 炭素繊維 鉄⇒#192@材料; 炭素材料⇒#3138@材料; 石炭化学・炭素材料⇒#421@レビュー;
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).

石炭化学・炭素材料

石炭化学・炭素材料 石炭化学 ・コークス 石炭の加熱による化学変化 コークス炉 高温乾留の副生成物 高炉におけるコークスの役割 石炭⇒#3154@材料;鉄⇒#192@材料; ・火力発電 炭素材料⇒#586@レビュー; ・ダイヤモンド ・活性炭 ・人造黒鉛 最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)⇒#409@レビュー;
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, p.70, (2004).

ジュール熱・電力

ジュール熱・電力 ジュール熱 非直線抵抗 電力量と電力 電流がした仕事を電力量、その仕事率を電力といいます。 電力量の単位 ハイブリッド自動車
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, (2006).

シャットダウン

シャットダウン Celgard 2325の温度と内部インピーダンスの関係が記載されている.摂氏130℃でインピーダンスが上昇している. セルガード⇒#3601@材料;
Masaki Yoshio, Ralph J. Brodd, Akiya Kozawa (Eds.), Lithium-Ion Batteries, Springer, 396, (2009).

リチウムイオン電池のセパレータ

リチウムイオン電池のセパレータ
Masaki Yoshio, Ralph J. Brodd, Akiya Kozawa (Eds.), Lithium-Ion Batteries, Springer, 367, (2009).

ポアサイズとポアサイズの分布

Pore Size and Pore Size Distribution セルガード⇒#3601@材料;のSEM写真がある.
Masaki Yoshio, Ralph J. Brodd, Akiya Kozawa (Eds.), Lithium-Ion Batteries, Springer, 391, (2009).

ポリマーの電気化学的安定性

ポリマーの電気化学的安定性 EC, PE, ポリフッ化ビニリデン⇒#2787@化学種;(PVdF),PTFE⇒#1014@化学種;, SBR⇒#3101@材料;, PEO, PPO, PAN⇒#732@材料;, PMA, PVC, CMC⇒#3141@材料;のHOMO⇒#436@物理量;およびLUMO⇒#437@物理量;エネルギーからアノード環境およびカソード環境での安定性について述べてある.
Masaki Yoshio, Ralph J. Brodd, Akiya Kozawa (Eds.), Lithium-Ion Batteries, Springer, 156, (2009).

Product range of KF polymer(KFポリマーの製品レンジ)

Product range of KF polymer(KFポリマーの製品レンジ) 呉羽化学社製 KFポリマーのパウダータイプ(Wシリーズ)および溶液タイプ(Lシリーズ,PVdF分散液)のラインナップおよび物性値が記載されている.特に,Lシリーズの粘度⇒#24@物理量;が記述されている. http://www.kureha-battery.co.jp/product/
Masaki Yoshio, Ralph J. Brodd, Akiya Kozawa (Eds.), Lithium-Ion Batteries, Springer, 159, (2009).

SBR分散液の粘度

SBR分散液の粘度 BM-400Bの粘度が記述されている.
Masaki Yoshio, Ralph J. Brodd, Akiya Kozawa (Eds.), Lithium-Ion Batteries, Springer, 166, (2009).

工業素材産業

工業素材産業 チクソトロピーの性質
粉体光学会編, 液相中の粒子分散・凝集と分離操作, 日刊工業新聞社, 234, (2013).

液相分散系の展開

液相分散系の展開
粉体光学会編, 液相中の粒子分散・凝集と分離操作, 日刊工業新聞社, 231, (2013).

リチウムイオン電池の製造 スラリーの調製と塗布

リチウムイオン電池の製造 スラリーの調製と塗布 リチウムイオン二次電池用電極の一般的な製造方法は,電極活物質,導電材などを溶媒中で混練してスラリー化した後,スラリーを集電体上に塗布する方法などが用いられている
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, 174, (1996).

自動化とIT活用

イラスト図解 工場のしくみ(目次)⇒#290@レビュー; 自動化とIT活用 なぜ機械化・自動化をするのか? なぜITを使うのか? ・処理・データ・表現・ネットワーク 工場の基幹システムとなるもの ・ERP(エンタープライズ・リソース・プランニング=企業資源計画) ・BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング) 技術を支える情報システム ・PDM(プロダクト・データ・マネージメント)とPLM(プロダクト・ライフサイクル・マネージメント) ・CAD(コンピュータ・エイデド・デザイン)とCAE(コンピュータ・エイデド・エンジニアリング) ・CAM(コンピュータ・エイデド・マニファクチャリング)とCAT(コンピュータ・エイデド・テスティング) 製造管理を支える情報システム ・MES 自動化と情報システム 顧客とつながる情報システム 取引先とつながる情報システム
松林光男、渡辺弘, イラスト図解 工場のしくみ, 日本実業出版社, (2004).

Table of Contents

Table of Contents 1. Synopsis of the Lithium-Ion Battery Markets. 2. A Review of Positive Electrode Materials for Lithium-Ion Batteries. 3. Carbon Anode Materials. 4. Role-Assigned Electrolytes: Additives. 5. Carbon-Conductive Additives for Lithium-Ion Batteries. 6. Applications of Polyvinylidene Fluoride-related materials for Lithium-Ion Batteries. 7. SBR Binder (for Negative Electrode) and ACM Binder (for Positive Electrode). 8. Production Processes for Fabrication of Lithium-Ion Bat
Masaki Yoshio, Ralph J. Brodd, Akiya Kozawa (Eds.), Lithium-Ion Batteries, Springer, (2009).

事例ファイル12:クラフツマンシップ 老舗の誇り-川島織物

事例ファイル12:クラフツマンシップ 老舗の誇り-川島織物 【研究ノート】川島織物@京都⇒#2116@研究ノート;
中村収三, 技術者による実践的工学倫理第3版, 化学同人, p.37, (2006).

プレゼンテーションを学ぶ

プレゼンテーションを学ぶ 効果的なスライドを作るには
山形大学基盤教育院, なせば成る, 山形大学出版会, (2010).

回路計・オシロスコープの取り扱い方

回路計・オシロスコープの取り扱い方 アナログ式回路計 回路計 直流 交流 電圧 電流 抵抗 レンジ ロータリースイッチ ディジタル式回路計 極性 符号 ピンプラグ 端子 オシロスコープ 同期 垂直感度 掃引時間 工業技術基礎(目次)⇒#844@レビュー; 【関連講義】電気化学,電池と豆電球のつなぎ方と電流・電圧の測り方⇒#4189@講義ノート;
小林一也, 工業技術基礎, 実教出版, p.92, (2002).

コンデンサ、電気を蓄える部品

コンデンサ、電気を蓄える部品 コンデンサの働き 静電容量の単位 コンデンサの分類 コンデンサの表示の見方 部品選択時に重要な項目 コンデンサの種類 電子部品図鑑(目次)⇒#536@レビュー; 小島昇, 電子部品図鑑, 誠文堂新光社, , (2007). 【製品】コンデンサ⇒#13@製品;
小島昇, 電子部品図鑑, 誠文堂新光社, (2007).

抵抗器 電気の流れを調整する部品

【製品】抵抗器⇒#222@製品; 【物理量】電気抵抗⇒#43@物理量;
小島昇, 電子部品図鑑, 誠文堂新光社, (2007).

電子部品図鑑(目次)

電子部品図鑑(目次) 部品についての予備知識 電子工作をはじめる前に 抵抗器、電気の流れを調整する部品 スイッチ、電気の流れを手動でON/OFFする部品 コンデンサ、電気を蓄える部品⇒#546@レビュー; コイル・トランス・水晶、特定の振動数のみ選び出す部品 センサ、自然の量を電気信号に変換する⇒#537@レビュー; その他の受動部品、欠かせない機構部品や消耗品 ディスクリート半導体、増幅や発振を行う基本要素⇒#621@レビュー; コネクタ、工具なしでユニットの脱着をする⇒#552@レビュー; 汎用ロジックIC、デジタル回路の基本要素 集積回路(IC)、まとまった機能を一つの部品に凝縮 モジュール、よく使う電子回路をひとつの基板に凝縮
小島昇, 電子部品図鑑, 誠文堂新光社, (2007).

学研電子ブロックのひみつ

学研電子ブロックのひみつ(目次) 電子ブロックの初歩の初歩 抵抗 ダイオード トランジスタ コンデンサ コイル トランス 電子ブロック徹底活用術~実践編~ アンプ ラジオ ワイヤレスマイク 発振回路 マルチ回路 デジタル回路 測定器 電子ブロックをさらに楽しむために~応用編~
湯本博文, 学研電子ブロックのひみつ, 学研, (2002).

技術者による実践的工学倫理第2版(目次)

総論 工学倫理を考える⇒#1021@レビュー; 各論 技術者の知恵と戦いから学ぶ⇒#1022@レビュー; 【研究ノート】川島織物@京都⇒#2116@研究ノート;
中村収三, 技術者による実践的工学倫理第3版, 化学同人, (2006).

直流回路

直流回路
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, p.94, (2006).

リスクの評価と工学倫理

事例ファイル23:原子力発電所の大事故 コラム09:化学物質のリスク管理⇒#1290@レビュー; 各論 技術者の知恵と戦いから学ぶ⇒#1022@レビュー; 【講義ノート】善悪と損得~みんなのため?自分のため?⇒#4225@講義ノート;
中村収三, 技術者による実践的工学倫理第3版, 化学同人, p.112, (2006).

生産管理のしくみ

生産管理のしくみ p.106:在庫のリスクとメリット 【講義ノート】善悪と損得~みんなのため?自分のため?⇒#4225@講義ノート;
松林光男、渡辺弘, イラスト図解 工場のしくみ, 日本実業出版社, p.91, (2004).

排出物質と廃棄物の安全

排出物質と廃棄物の安全 PRTR法 【材料】アスベスト⇒#1787@材料; 【材料】アスベスト含有物⇒#3423@材料; シクロヘキサン 【化学種】1,2-ジクロロプロパン⇒#952@化学種; 【化学種】ジクロロメタン⇒#773@化学種; 【講義ノート】特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律(PRTR法)⇒#2015@講義ノート; 【講義ノート】化学物質に関わる法律⇒#4163@講義ノート;
中村収三, 技術者による実践的工学倫理第3版, 化学同人, p.100, (2006).

誰にもひけるギター100曲集

阿部保夫 誰にもひけるギター100曲集 全音楽譜出版 フォークソング 【講義ノート】イタリア⇒#2680@講義ノート;
(1).

一次元の波をギターで、二

一次元の波をギターで、二次元の波をティンパニーで説明するあたりハンパじゃないです。
(1).

ギター・ソロで奏でるクラシックの作曲家達vol.1(目次)

ギター・ソロで奏でるクラシックの作曲家達vol.1 「悲愴」ビアノ・ソナタ第8番Op.13より L.van ベートーヴェン 月の光 ドビッシー G線上のアリア 冬「四季Op.8-4」よりA.ヴィヴァルディ(イタリア)
田嶌道生, ギター・ソロで奏でるクラシックの作曲家達vol.1, ドレミ楽譜出版, (1900).

目次

目次 第1章 Q&Aで学ぶIEEE 1888の基礎知識 第2章 本格的なスマートグリッド/グリーンICT時代を支える IEEE 1888技術 第3章 IEEE 1888の通信規格:アーキテクチャ編 第4章 IEEE 1888の通信規格:データフォーマット編 第5章 IEEE 1888システムの設計および構築の基本 第6章 IEEE 1888ソフトウェア開発キット(SDK)を使った開発 第7章 IEEE 1888組込み通信ボードによる高速プロトタイピング 第8章 IEEE 1888参照コードの読み進め方 第9章 セキュリティを強化するために 付 録 IEEE 1888(FIAP)ソースコード例
 江崎 浩 (監修),落合 秀也 (著)    スマートグリッド対応IEEE1888プロトコル教科書, インプレスジャパン, (2012).

センサ、自然の量を電気信

センサ、自然の量を電気信号に変換する センサ概要 センサの種類 光センサ 温度センサ 圧力センサ 音センサ 重力検出 磁気センサ 振動、衝撃センサ 湿度センサ 電子部品図鑑(目次)⇒#536@レビュー;
小島昇, 電子部品図鑑, 誠文堂新光社, (2007).

化学センサー:デバイス化

化学センサー:デバイス化された計測 イオンセンサー ガラス電極 pHメーター ガスセンサー 酸素センサー DO⇒#423@物理量; クラーク電極 溶存酸素 過酸化水素センサー 酵素センサー 半導体 【物理量】物質量⇒#6@物理量;
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, (1984).

廃棄物問題と資源循環型社会

廃棄物問題と資源循環型社会 廃棄物の最終処分(不法投棄) 排出物 廃棄物処理マニフェスト 【関連書籍】環境・資源問題と工学倫理⇒#1033@レビュー;
中村収三, 技術者による実践的工学倫理第3版, 化学同人, p.150, (2006).

腐食電位と腐食電流

腐食電位と腐食電流 交流インピーダンス 複素平面 アノード カソード 鉄 【講義ノート】交流インピーダンス法⇒#1589@講義ノート;
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, (2012).

金属の電解採取・電解精製

金属の電解採取・電解精製 【講義ノート】電気分解とファラデーの法則~銅クーロメーターと電気めっき~⇒#4047@講義ノート;
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, p.131, (2012).

工業電解プロセス

工業電解プロセス ・工業電解とエネルギー変換 ・水溶液電解 (食塩電解・・・) ・溶融塩電解 ・その他の工業電解プロセス⇒#1320@レビュー; イオン交換膜プロセス 食塩の製造には電気透析が使われています。 カセイソーダ 現代の電気化学(目次)⇒#103@レビュー;
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, (2012).

電気化学系の平衡

電気化学系の平衡 電極と電解液の界面 電極の平衡を決定する熱力学諸量 可逆電極電位 電池
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, p.19, (2012).

サイクリックボルタンメトリー

5.10サイクリックボルタンメトリー 電流電位曲線の測定⇒#367@レビュー; 【講義ノート】サイクリックボルタンメトリー(CV)⇒#828@講義ノート;
(1).

技術者と法規

【講義ノート】ルールの表現と形式化⇒#4237@講義ノート; 製造物責任 安全衛生 環境保全 資源利用 交通 知的財産 情報 【関連書籍】各論 技術者の知恵と戦いから学ぶ⇒#1022@レビュー; 【講義ノート】産業と科学技術にかかわる法律⇒#1157@講義ノート;
中村収三, 技術者による実践的工学倫理第2版, 化学同人, (2006).

家庭用カビ取り剤とPL法

【講義ノート】安全と品質管理⇒#4238@講義ノート; 【講義ノート】産業と科学技術にかかわる法律⇒#1157@講義ノート;
中村収三, 技術者による実践的工学倫理第2版, 化学同人, p.82, (2006).

知的財産権と工学倫理

特許権 実用新案権 意匠権 著作権 回路配置利用権 育成者権 営業秘密 商標権 商号 商品等表示・商品形態 産業財産権 【関連書籍】各論 技術者の知恵と戦いから学ぶ⇒#1022@レビュー;
中村収三, 技術者による実践的工学倫理第2版, 化学同人, (2006).

事例研究2-2-5 東京スカイツリー

事例研究2-2-5 東京スカイツリー 建設用タワークレーンの耐震設計。 東京スカイツリーは東武鉄道(株)・東部タワースカイツリー(株)の登録商標です。 http://www1.ipdl.inpit.go.jp/syutsugan/TM_AREA_A.cgi 【講義ノート】善悪と損得~みんなのため?自分のため?⇒#4225@講義ノート; 【研究ノート】【見学】大林組@大阪府⇒#2021@研究ノート; 【講義ノート】文献調査と知的財産管理のためのインターネット検索⇒#4208@講義ノート;
中村収三, 技術者による実践的工学倫理第2版, 化学同人, (2006).

稀代の物理学者がまたもや

稀代の物理学者がまたもや語る! よりすぐりのエッセイ集
リチャード・P.ファインマン, ファインマンさんベストエッセイ, 岩波書店, (2014).

チャレンジャー事故

スペースシャトル「チャレンジャー」事故 1986年1月28日 経営者と技術者 経営者 リスク メリット コスト 技術者 リスク メリット コスト 【講義ノート】善悪と損得~みんなのため?自分のため?⇒#4225@講義ノート; ファインマン http://www.nasa.gov/
中村収三, 技術者による実践的工学倫理第2版, 化学同人, p.70, (2006).

事例ファイル23:原子力発電所の大事故

p112 【講義ノート】 哲学と思想~みんなハッピーになりたい!~⇒#4224@講義ノート; 柏崎刈羽原子力発電所⇒#3340@講義ノート; 【講義ノート】敦賀原子力館⇒#3227@講義ノート; 【講義ノート】東京電力(株)福島第二原子力発電所エネルギー館⇒#1473@講義ノート;
中村収三, 技術者による実践的工学倫理第2版, 化学同人, p.112, (2006).

事例ファイル01:2000年問題

事例ファイル01:2000年問題 コンピュータ 暦 1999年12月31日 【講義ノート】哲学と思想~みんなハッピーになりたい!~⇒#4224@講義ノート; 【関連書籍】時刻・時計の歴史とサイエンス⇒#1289@レビュー; 【関連講義】技術者倫理,未来へ向けて~ヒトという種の存続のために~(2011)⇒#3330@講義;
中村収三, 技術者による実践的工学倫理第2版, 化学同人, (2006).

工学倫理をはじめるにあたって

工学技術とは危険なものを安全に使いこなす知恵である。 【関連書籍】総論 工学倫理を考える⇒#1021@レビュー; 【講義ノート】哲学と思想~みんなハッピーになりたい!~⇒#4224@講義ノート;
中村収三, 技術者による実践的工学倫理第2版, 化学同人, (2006).

事例ファイル10論文ねつ造事件

事例ファイル10 論文ねつ造事件 【講義ノート】哲学と思想~みんなハッピーになりたい!~⇒#4224@講義ノート;
中村収三, 技術者による実践的工学倫理第2版, 化学同人, p.24, (2006).

実験廃液

事例研究 (仮想事例) 実験の後始末をしているときにビーカーを流しに落としてしまった。20mLほど規則では量に・・・
中村収三, 技術者による実践的工学倫理第2版, 化学同人, p.77, (2006).

静電付着力

静電付着力 静電気による付着力について述べてある.金属壁と誘電体壁のときの壁近傍におかける帯電粒子によって形成される電解が図示されており,さらに,引力と斥力について述べてある.
粉体工学会編, 粉体工学叢書 第1巻 粉体の基礎物性, 日刊工業新聞社, 231, (2010).

材料の劣化の評価:負極/電解液

材料の劣化の評価:負極/電解液
高瀬諒人, リチウムイオン二次電池/材料の発熱挙動・劣化評価と試験方法, 技術情報協会, p.293, (2011).

CF3SO3-や炭素ラジカルと酸化アルミニウムの反応式

CF3SO3-や炭素ラジカルと酸化アルミニウムの反応式 【材料】アルミニウム⇒#25@材料;
Claus Daniel, J. O. Besenhard Handbook of Battery Materials, 2nd Edition  Wiley-VCH, 372, (2011).

溶媒の物理パラメータ(粘度,融点,沸点)

溶媒の物理パラメータ(粘度,融点,沸点)
Claus Daniel, J. O. Besenhard Handbook of Battery Materials, 2nd Edition  Wiley-VCH, 528, (2011).

10 ビットA/Dコンバーターモジュールの構成と動作

10 ビットA/Dコンバーターモジュールの構成と動作 PIC16F1ファミリーのA/D変換方式やリファレンス電圧,変換速度など記述されている.
後閑 哲也, 電子工作のための PIC16F1ファミリ活用ガイドブック, 技術評論社, 196, (2013).

目次

目次 第1章 F1ファミリの概要 第2章 F1ファミリのアーキテクチャ 第3章 開発環境とMPLAB X IDEの使い方 第4章 C言語プログラミング概要 第5章 PIC16F15xxファミリの使い方 第6章 PIC16F18xxファミリの使い方 第7章 PIC16F17xxファミリの使い方 第8章 PIC16F19xxファミリの使い方 第9章 その他のモジュール
電子工作のための PIC16F1ファミリ活用ガイドブック

機能性電解液

機能性電解液 イオン電解液の現状 機能性電解液 低HF電解液 新規機能性電解液の目標 溶媒設計 電池試験 新規溶媒設計のループ 今後の電解液 リチウムイオン二次電池-材料と応用-(目次)⇒#268@レビュー;
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, (1996).

電波の発見

電波の発見
一目でポイントがわかる!科学で見る!世界史

モノの世界史(目次)

モノの世界史(目次) モノの世界史―刻み込まれた人類の歩み 自然のなかから「人間圏」が姿を現す⇒#530@レビュー; 「都市」が形成されて「人間圏」のネットワークが複雑となり、新しい「装置」「モノ」からなる「文明」が誕生した⇒#531@レビュー; ユーラシア諸地域世界の様々な「文明」を彩った「モノ」⇒#532@レビュー; イスラム帝国・モンゴル帝国下でのユーラシア規模の「文明」交流⇒#544@レビュー; 「大航海時代」と姿を現す世界資本主義の時代に新旧大陸を行き交った「モノ」 ヨーロッパの勃興を演出した「モノ」⇒#698@レビュー; 一九世紀のヨーロッパ都市の膨張と都市生活が生み出した「モノ」⇒#699@レビュー; 大衆消費社会を支える「モノ」とグローバリゼーションと地球環境問題⇒#600@レビュー;
宮崎正勝, モノの世界史, 原書房, (2002).

飛行機が戦争を変え飛行機も変わる

飛行機が戦争を変え飛行機も変わる
篠田謙一、宮崎正勝、岡田春恵、安田喜憲, 一目でポイントがわかる!科学で見る!世界史, 学研, p.88, (2008).

飛行機④

飛行機
一目でポイントがわかる!科学で見る!世界史

病が世界を動かす

病が世界を動かす マラリア:ローマ帝国を衰退させた病 ペスト:近世ヨーロッパの扉を開く恐怖の鉄槌 天然痘:「新大陸」の真の征服者 梅毒:宗教改革を盛り上げた性の病 結核:産業革命の招いた闇 スペイン風邪:第一次大戦を終結させたインフルエンザ
篠田謙一、宮崎正勝、岡田春恵、安田喜憲, 一目でポイントがわかる!科学で見る!世界史, 学研, (2008).

飛行機③

飛行機が戦争を変え、飛行機も変わる
一目でポイントがわかる!科学で見る!世界史

飛行機2

電波の利用が勝敗を分けた日露戦争
一目でポイントがわかる!科学で見る!世界史

「安全第一」が意味すること

「安全第一」が意味すること
松林光男、渡辺弘, イラスト図解 工場のしくみ, 日本実業出版社, (2004).

ニッケルカドミウム電池

正極:水酸化ニッケル 負極:金属カドミウム(プレチャージ量)、水酸化カドミウム(リザーブ量)
池田宏之助・武島源二・梅尾良之, 【図解】電池のはなし, 日本実業出版社, p.98, (1996).

【図解】電池のはなし(目次)

目次 電池はこうして生まれてきた⇒#110@レビュー; 電池といってもいろいろある 一次電池のしくみ 二次電池の代表選手たち…鉛蓄電池とニッカド蓄電池、ニッケル・水素蓄電池 リチウムイオン蓄電池とその他の二次電池⇒#268@レビュー; ・ナトリウム・硫黄電池 ・ナトリウム・金属塩化物電池 燃料電池のはなし 物理電池の世界…太陽電池、原子力電池、熱電池 付録
池田宏之助・武島源二・梅尾良之, 【図解】電池のはなし, 日本実業出版社, (1996).

電池の歴史から電池の仕組みが見えてくる

電池の歴史から電池の仕組みが見えてくる 世界最古の電池 バクダッド電池 電池開発のきっかけは「動物電気」 電池の礎を築いたボルタ電池 長時間の発電を可能にしたダニエル電池 高電圧を実現したグローブ電池 現在の電池の元 ブンゼン電池 乾電池の原型 ルクランシェ電池 世界初の乾電池 ガスナー電池 本当はこちらが世界初 屋井電池 ボタン型電池の草分けとなった水銀電池 何回でも充電して使えるプランテ電池 扱いやすいニッケル・カドミウム電池 ユングナー電池 発明王が開発したエジソン電池 日本の電池の歴史 動かない電気 静電気の発見 よくわかる電池(目次) ⇒#705@レビュー;
三洋電機(株), よくわかる電池, 日本実業出版社, (2006).

エネルギー貯蔵の電気化学

電池 エネルギー EV HEV FCV 一次電池 二次電池 体積エネルギー密度 重量エネルギー密度 【製品】リチウムイオン二次電池⇒#29@製品;
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).

電池

一次電池⇒#340@レビュー;、二次電池(2次電池) 【製品】リチウムイオン二次電池⇒#29@製品; 【関連講義】 卒業研究(C1-電気化学2004~),電池⇒#309@講義; 押さえておきたい!リチウムイオン電池の電気化学と重要なポイント,電気回路と電池⇒#3963@講義ノート; 【動画】⇒#3901@講義; ピカッとさいえんす「宇宙へ行った電池」 http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/yonezawa-ncv-027.htm 【関連書籍】 電池1⇒#1012@レビュー; 電池⇒#1016@レビュー; 電池の歴史から電池の仕組みが見えてくる⇒#704@レビュー; 一次電池のしくみ⇒#622@レビュー; よくわかる電池(目次)⇒#705@レビュー; 【図解】電池のはなし(目次)⇒#159@レビュー; 電池とエネルギー⇒#508@レビュー;
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, (1998).

水素吸蔵合金

チタン-鉄合金、ランタン-ニッケル合金 【関連書籍】電池⇒#111@レビュー;
p.155, (1).

目次

目次 1章 製図について 2章 図面の構成について 3章 図法幾何学と投影法 4章 図形の表し方 5章 寸法記入法 6章 寸法公差および幾何公差の表示法 7章 表面性状の図示方法 8章 溶接記号とその表示法 9章 材料表示法 10章 主要な機械部品・部分の図示法 11章 CAD機械製図 12章 図面管理 13章 スケッチ 14章 その他の工業部門製図 付録1 製図器材とその使い方 付録2 JISにもとづく標準図集および製図者に必要なJIS規格表
(1).

アルミニウムの材料記号

アルミニウムの材料記号
p.111, (1).

ソフトウェアとデータベース

ソフトウェアとデータベース
伊藤俊彦, 情報科学入門, ムイスリ出版, p.95, (2007).

データベース理論

データベースとは データベースの表現法 関係的表現のデータ操作 階層的表現(木構造)
寺沢幹雄, 情報技術の基礎知識, 昭晃堂, (2006).

印刷用凸版の製造工程

印刷用凸版 【関連書籍】PS版⇒#1484@レビュー; 【関連講義】無機工業化学,印刷@無機工業化学⇒#2817@講義ノート; 【関連講義】無機工業化学,半導体とフォトリソグラフィー、印刷技術⇒#4112@講義ノート;
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, p.163, (2004).

p-n接合

【関連書籍】 半導体のつくり方⇒#1407@レビュー; ガスセンサ⇒#1344@レビュー;
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, p.175, (2012).

シリコンの製造

シリコンの製造はケイ砂とコークスを電気炉中で還元し、粗ケイ素とします。そののちトリクロロシランで精密蒸留して還元します。 【材料】シリカ⇒#3609@材料; 【関連講義】無機工業化学,窯業・珪酸塩化学工業@無機工業化学⇒#2803@講義ノート; 【関連書籍】 半導体デバイスと集積回路⇒#527@レビュー; 半導体のつくり方⇒#1407@レビュー;
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, p.18, (2004).

半導体のつくり方


松林光男、渡辺弘, イラスト図解 工場のしくみ, 日本実業出版社, (2004).

PS版

【関連書籍】印刷用凸版の製造工程⇒#1483@レビュー; 【関連講義】無機工業化学,印刷@無機工業化学⇒#2817@講義ノート;
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, p.168, (2012).

情報量

情報量
寺沢幹雄, 情報技術の基礎知識, 昭晃堂, p.93, (2006).

物理化学実験法

物理化学実験法 電量計 銀クーロメーター 銅クーロメーター 【展示品】銀電量計⇒#2928@展示品;
鮫島実三郎, 物理化学実験法, 裳華房, (1927).

工業化学の新しい動向

工業化学の新しい動向 化学工業の歴史⇒#1318@レビュー; 世界の化学工業の歴史は、産業革命の発祥地であるイギリスから出発したといえる。 日本の化学工業の勃興と発展⇒#1319@レビュー; 化学工業の特徴 資源・エネルギー 日本の化学工業の将来 最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)⇒#409@レビュー;
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, p.1, (2004).

DMPOとPBNのスピンアダクトのA値

表9.2 DMPOとPBNのスピンアダクトのA値
山内淳著, 磁気共鳴-ESR 電子スピンの分光学, サイエンス社, 221, (2006).

磁場

磁場 磁極 磁場と磁力線 磁化 強磁性体 常磁性体 反磁性体
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, (2006).

本文の執筆

本文の執筆
山形大学基盤教育院, 成せばなる, 山形大学出版会, 58, (2010).

レポートを書く

成せばなる 本文の執筆 文章が組み合わさって段落を作り、節を作り、章を作ります。 段落はその中心文と、それを肉付けする文章で成り立ちます。
山形大学基盤教育院, 成せばなる, 山形大学出版会, 58, (2010).

HTML

HTML
寺沢幹雄, 情報技術の基礎知識, 昭晃堂, p.41, (2006).

デザインについて学ぼう

デザインについて学ぼう デザインの基礎知識 色彩の基礎
小林一也, 工業技術基礎, 実教出版, 167, (2002).

ドライプロセス

ドライプロセス ドライプロセスの基礎 ・スパッタリング ドライプロセスの特徴 ドライプロセスの種類と発展 物理蒸着法(PVD) 化学蒸着(CVD) 溶融成膜法 ドライプロセス表面改質法 ドライプロセス表面加工法 ドライプロセスの工程と制御 表面処理工学 基礎と応用(目次)⇒#119@レビュー;
表面技術協会, 表面処理工学 基礎と応用, 日刊工業新聞社, 129, (2000).

作用極の電位窓

作用極の電位窓
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, p.69, (1984).

電極反応の速度


山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, p.48, (2012).

元素の一般的性質と周期性

元素の一般的性質と周期性
鵜沼英郎・尾形健明, 無機化学, 化学同人, 13, (2007).

錯体の安定度

錯体の安定度
鵜沼英郎・尾形健明, 無機化学, 化学同人, 171, (2007).

酸と塩基の平衡

酸と塩基の平衡 【関連書籍】現代物理化学序説 改訂版(目次)⇒#125@レビュー;
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (1981).

物質の光吸収と吸光光度分析法

物質の光吸収と吸光光度分析法
木村優、中島理一郎, 分析化学の基礎, 裳華房, 172, (1996).

分析化学の基礎(目次)

分析化学の基礎(目次) 酸・塩基反応と中和滴定 沈殿と重量分析 錯化合物とキレート滴定 酸化還元反応と酸化還元滴定 溶媒抽出 物質の光吸収と吸光光度分析法 蛍光分析法 原子吸光分析と発光分光分析 X線と分析化学 ポーラログラフ分析法 電気伝導度と分析化学 クロマトグラフィーによる分析法 核磁気共鳴法
木村優、中島理一郎, 分析化学の基礎, 裳華房, (1996).

錯体の色

錯体の色 波長 補色
鵜沼英郎・尾形健明, 無機化学, 化学同人, p.166, (2007).

原子の構造と電子配置

原子の構造と電子配置
鵜沼英郎・尾形健明, 無機化学, 化学同人, (2007).

原子

原子 電子の発見 (ブラウン管) 光の粒子性と電子の波動性 (光電効果、光電管) X線の粒子性と波動性 (X線の医療への応用) 原子の構造 (原子模型) エネルギー準位 (水素原子の発光スペクトル) 原子核の構成と崩壊 (核力とクーロン力) 放射性 半減期 同位体 霧箱に放射線の飛跡 核エネルギー () 素粒子 ()
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, (1984).

元素とイオンの電子配置

元素とイオンの電子配置
鵜沼英郎・尾形健明, 無機化学, 化学同人, (2007).

色素化合物-染料と顔料

色素化合物-染料と顔料 分子軌道 【物理量】 HOMO⇒#436@物理量;LUMO⇒#437@物理量;
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, p.182, (2004).

錯体の物理的性質

錯体の物理的性質 磁化率 磁気モーメント 常磁性 強磁性 反磁性
鵜沼英郎・尾形健明, 無機化学, 化学同人, (2007).

光の分散と散乱

光の分散と散乱 スペクトル
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, 62, (1984).

波動

波の性質 波の重ね合わせ 反射波の位相と定常波 波の反射・屈折・回折 音波 ドップラー効果 弦の振動 気柱の振動 共振・共鳴 レンズ 光の分散と散乱 光の回折と干渉 新訂物理図解(目次)⇒#281@レビュー;
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, 60, (1984).

XML

XML
寺沢幹雄, 情報技術の基礎知識, 昭晃堂, (2006).

ラフカディオ・ハーン

怪談 日本 アメリカ 横浜 松江 熊本 神戸 東京
河島弘美, ラフカディオ・ハーン-日本のこころを描く-, 岩波書店, (20020719).

零戦

堀越二郎, , 角川文庫, , (H24.12.25).
堀越二郎, 角川文庫, (H24.12.25).

錯体化学の基礎

錯体化学の基礎 黄血塩 化学種 【化学種】フェロシアン化カリウム⇒#619@化学種; 【化学種】フェリシアン化カリウム⇒#618@化学種; 【化学種】硫酸カリウム⇒#1459@化学種;
鵜沼英郎・尾形健明, 無機化学, 化学同人, (2007).

英語論文と学会発表の手引き(目次)

科学論文⇒#256@レビュー; 文法、文体、用語法 説明図および表 著作権とその利用許諾 原稿送付―コンピュータ用書式 文献:文献としての報文とその使いかた 情報検索サービス 上手な口頭発表の仕方
渡辺治夫、鈴木喜隆、小沢昭弥、長哲郎, 英語論文と学会発表の手引き, ITE―JEC, (1993).

キケン有川浩 理系技術の物語

キケン有川浩 理系技術の物語、新潮文庫
有川浩, 新潮文庫, (1).

無機化学(目次)

無機化学(目次) 錯体の物理的性質
鵜沼英郎・尾形健明, 無機化学, 化学同人, (2007).

スピントラッピング法による反応速度の解析について知りたいのですが?

スピントラッピング法による反応速度の解析について知りたいのですが? 【ノート】ラジカル競争反応の解析(トラップ剤と消去物質の反応次数が異なるとき)⇒#1961@ノート;
河野雅弘,吉川敏一,小澤俊彦, 生命科学者のための電子スピン共鳴入門, 講談社, 98, (2011).

遷移金属錯体

遷移金属錯体 錯体の配位数と立体構造 ・周期表と錯体化学 ・酸化数 ・錯体の配位数と立体構造 ・配位子 ・命名法 異性現象 錯体の結合 錯体の電子スペクトル 基本無機化学―目次⇒#24@レビュー;
荻野博・飛田博実・岡崎雅明, 基本無機化学, 東京化学同人, (2000).

金属錯体

金属錯体
無機化学(改訂版)

ISOは世界共通のルール

ISOは世界共通のルール
松林光男、渡辺弘, イラスト図解 工場のしくみ, 日本実業出版社, 150, (2004).

SPFレコードの記述方法

SPFレコードの記述方法
株式会社日本レジストリサービス 監修, 実践DNS DNSSEC時代のDNSの設定と運用, 株式会社 アスキー・メディアワークス, 264, (2013).

液晶材料


野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).

電気科・通信科実習機材等展示室

電気科・通信科実習機材等展示室 マグネトロン 真空管 https://spf.yz.yamagata-u.ac.jp/fed/yamagata-u/yz/heritage/
米沢工業会, 重要文化財旧米澤高等工業学校本館記念展示館資料目録, 米沢工業会, p.33, (2013).

展示館資料目録

展示館資料目録 電気科・通信科実習機材等展示室⇒#1455@レビュー;
米沢工業会, 重要文化財旧米澤高等工業学校本館記念展示館資料目録, 米沢工業会, (2013).

AV機器のしくみ

AV機器のしくみ テレビ画像を払い清める電子の巫女●テレビ1 失せよ!テレビの背後霊●テレビ2 マルチメディアの顔●CRTディスプレイ 壁掛けテレビの《壁》●液晶テレビ BSアンテナは丸型がマル●BSアンテナ 電波のやまびこを消す●BSチューナー/アンテナ チップの中のラセン階段●ビデオ一体型カメラ ビデオは写真の宝庫?●ビデオプリンタ 新しい酒は革袋に!●VTR プロ顔負けの写真が撮影できるのは?●スチールカメラ モテるのはなで肩よりも怒り肩●CDプレーヤー 光磁気ディスクの風雲児●MDプレーヤー 小は大を兼ねる?ミニディスク●MD DATと《第三の新人》の出会い●DAT カセットデッキが泣いている?●カセットテープレコーダー 素晴らしきウサギ小屋劇場●AVスピーカ チャンピオンは小粒●ヘッドホンステレオ 電子楽器の人工心臓●電子ピアノ ラジオを通る電波の道は難所だらけ●ラジオ⇒#177@製品; 身近なセンサの活躍
吉岡安之, 電子の回廊, 日刊工業新聞社, (1994).

伊達正宗読本

伊達正宗読本 心のやすらぎ松島瑞巌寺 徳川家康と正宗 支倉常長をヨーロッパへ 常長、ローマ法王と会見
みちのく伊達正宗読本編集委員会, 伊達正宗読本, みちのく伊達正宗歴史館, (2004).

物理:測光と測色

測光と測色 【関連研究ノート】 RGB値からXYZへの変換⇒#1915@ノート;
国立天文台 編, 理科年表, 丸善式会社, 物103(453), (2009).

イオン結晶

イオン結晶
Peter Atkins・Julio de Paula/千葉秀明・稲葉章訳, アトキンス物理化学要論 第5版, 東京化学同人, p.404, (2012).

金属、イオン性固体、共有結合固体

金属、イオン性固体、共有結合固体 固体の結合力 結晶構造
Peter Atkins・Julio de Paula/千葉秀明・稲葉章訳, アトキンス物理化学要論 第5版, 東京化学同人, p.385, (2012).

スーパーオキシドの反応

スーパーオキシド⇒#282@化学種;の反応 表2.1にスーパーオキシドの反応が記述されている。
浅田浩二, 中野稔, 柿沼カツ子編, 活性酸素測定マニュアル, 講談社, 17, (1992).

ネットワーク

ネットワーク インターネット クライアントサーバシステム
寺沢幹雄, 情報技術の基礎知識, 昭晃堂, (2006).

データ通信技術


寺沢幹雄, 情報技術の基礎知識, 昭晃堂, (2006).

インターネット技術

プロトコル IPアドレスとドメイン名 IPv6 DNS ISP プロバイダ ルータ HTML タグ XML⇒#1323@レビュー;
寺沢幹雄, 情報技術の基礎知識, 昭晃堂, (2006).

大衆消費社会を支える「モノ」とグローバリゼーションと地球環境問題

大衆消費社会を支える「モノ」とグローバリゼーションと地球環境問題 1 部品互換で作られた「マスケット銃」と大量生産システム 2 バイソンは滅ぼされ西部大平原は「食肉」業に制覇された 3 ゴールドラッシュと世界に広まった「ジーンズ」 4 「鋼鉄」「内燃機関」「電気」の出現と「ビッグ・ビジネス」 5 世界最大の「民族移動」とタイタニック号の登場 6 「電灯」と都市システムに組み込まれた電気エネルギー 7 大衆消費社会のシンボルとなった「自動車」 8 鉄道・蒸気船が支えた「郵便」システムとアメリカが育てた「電話」システム 9 「国民」形成に貢献した「ラジオ」 10 大衆音楽「ジャズ」と「レコード」 11 超高層ビル「摩天楼」を可能にした「エレベーター」 12 世界を制した通貨「ドル」 13 人類に大きな課題を与えた「原爆」と「原子力発電所」 14 国境を越え世界を結んだ「テレビ」 15 「冷蔵庫」の普及と破壊されるオゾン層 16 地球を一挙に狭くした「飛行機」と「ジェット機」 17 世界商品となった「ハンバーガー」と「コーラ」 18 「インターネット」
宮崎正勝, モノの世界史, 原書房, (2002).

セラミックス

セラミックス ガラスファイバー
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, p.20, (2004).

非鉄金属

非鉄金属
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, p.17, (2004).

アルミニウム

アルマイト ジュラルミン 飛行機 自動車
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, p.100, (1998).

物理吸着と化学吸着

物理吸着と化学吸着
Peter Atkins・Julio de Paula/千葉秀明・稲葉章訳, アトキンス物理化学要論 第5版, 東京化学同人, p.418, (2012).

電気双極子モーメント

電気双極子モーメント
Peter Atkins・Julio de Paula/千葉秀明・稲葉章訳, アトキンス物理化学要論 第5版, 東京化学同人, p.345, (2012).

圧力

圧力 密度⇒#19@物理量; 圧力⇒#22@物理量;
Peter Atkins・Julio de Paula/千葉秀明・稲葉章訳, アトキンス物理化学要論 第5版, 東京化学同人, p.4, (2012).

温度

温度 セルシウス目盛⇒#80@物理量; ケルビン目盛⇒#604@物理量;
Peter Atkins・Julio de Paula/千葉秀明・稲葉章訳, アトキンス物理化学要論 第5版, 東京化学同人, p.7, (2012).

完全気体の法則の応用

完全気体の法則の応用 モル体積⇒#410@物理量; 【計算式】モル体積の計算⇒#160@計算;
Peter Atkins・Julio de Paula/千葉秀明・稲葉章訳, アトキンス物理化学要論 第5版, 東京化学同人, p.16, (2012).

浸透

浸透 浸透圧⇒#100@物理量;
Peter Atkins・Julio de Paula/千葉秀明・稲葉章訳, アトキンス物理化学要論 第5版, 東京化学同人, p.132, (2012).

物質に固有な点

物質に固有な点
Peter Atkins・Julio de Paula/千葉秀明・稲葉章訳, アトキンス物理化学要論 第5版, 東京化学同人, p.110, (2012).

ファイル

ファイル
寺沢幹雄, 情報技術の基礎知識, 昭晃堂, (2006).

X線の粒子性と波動性

X線の粒子性と波動性 p.126 結晶面によるX線の反射: 道のりの差が波長の整数倍のものだけが強め合って反射する。 ⇒#492@測定装置;
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, (1984).

金属の製造

金属の製造 金属の性質(光沢・展性・延性) 金属の腐食 めっき(ブリキ トタン) 合金(ジュラルミン、ステンレス、青銅) 半導体 アルミニウムの製造 銅の電解精錬 鉄の製造 鉄道 超強力磁石 橋梁 トタン ステンレス 鋼
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, (1998).

鉄 非鉄金属
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).

電気化学


Peter Atkins・Julio de Paula/千葉秀明・稲葉章訳, アトキンス物理化学要論 第5版, 東京化学同人, (2012).

電気化学系の電気伝導

電子伝導とイオン伝導 固体、液体、気体の電気伝導機構 導電率と濃度 当量電気伝導度
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, (2012).

双極子間の相互作用


Peter Atkins・Julio de Paula/千葉秀明・稲葉章訳, アトキンス物理化学要論 第5版, 東京化学同人, (2012).

分子間相互作用


Peter Atkins・Julio de Paula/千葉秀明・稲葉章訳, アトキンス物理化学要論 第5版, 東京化学同人, p.344, (2012).

電気化学

【関連書籍】電気化学⇒#845@レビュー;
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, アトキンス物理化学要論 第5版, 東京化学同人, (1998).

粒子性と波動性

粒子性と波動性 光の粒子性 電子の波動性 光学顕微鏡と電子顕微鏡
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, p.120, (2006).

原子の構造

原子の構造 電子と原子核 電子のエネルギー状態 ・光は波か粒子か 黒体放射/エネルギー量子/プランク定数⇒#109@物理量; シュレーディンガー方程式の提出 箱の中の一つの粒子の問題 水素原子へのシュレーディンガー方程式の適用 ヘリウム原子の取り扱いと近似法 一般の原子と元素の周期律 現代物理化学序説 改訂版(目次)⇒#125@レビュー;
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (1981).

気体の法則

力学 作用反作用の法則
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, p.48, (2006).

オームの法則

オームの法則 抵抗率の温度変化
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, p.92, (2006).

コンデンサー

コンデンサー 静電気 電場と電位 静電誘導 コンデンサー 電流 オームの法則 直流回路(電池の起電力⇒#36@物理;、内部抵抗) ジュール熱・電力 ハイブリッド自動車 電流と磁場 電磁誘導と電磁波 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録(目次)⇒#538@レビュー;
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, (2006).

アトキンス物理化学要論(目次)第4版

アトキンス物理化学要論(目次)第4版 はじめに 気体の性質 熱力学第一法則 熱化学 熱力学第二法則 純物質の相平衡 混合物の性質 化学平衡の原理 化学平衡の応用 電気化学⇒#845@レビュー; 反応速度 速度式の解釈⇒#846@レビュー; 量子論 原子構造 化学結合 金属、イオン性固体、共有結合固体⇒#1011@レビュー; 固体表面⇒#842@レビュー; 分子間相互作用⇒#866@レビュー; 高分子と分子集団⇒#841@レビュー; 分子の回転と振動 電子遷移と光化学⇒#1230@レビュー; 磁気共鳴 統計熱力学
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).

コークス

コークス炉
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, p.73, (2004).

金属

鉄 非鉄金属
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).

石炭の化学構造


最新工業化学―持続的社会に向けて―

石炭の分類と組成


最新工業化学―持続的社会に向けて―

電池活物質の酸化還元化学

出力密度 一次電池 過電圧 二次電池 理論エネルギー密度 理論重量エネルギー密度 理論体積エネルギー密度 理論容量 理論電気容量
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, p.67, (2012).

電池反応過程のキネティックス

電池とエネルギー 化学エネルギーの変換装置としての電池 電池の表記(電池式) 過電圧 【関連書籍】 電池とエネルギー⇒#508@レビュー; 電池⇒#1310@レビュー;
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, (2012).

電池とエネルギー

電池とエネルギー 化学エネルギーの変換装置としての電池 電池の表記(電池式) 過電圧 【関連書籍】 電池とエネルギー⇒#508@レビュー; 電池⇒#1310@レビュー;
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, (2012).

励起状態の崩壊の速度

20.11 励起状態の崩壊の速度
Peter Atkins・Julio de Paula/千葉秀明・稲葉章訳, アトキンス物理化学要論 第5版, 東京化学同人, 480, (2012).

調査・情報収集の方法

成せばなる
山形大学基盤教育院, 成せばなる, 山形大学出版会, (2010).

無機薬品

無機薬品 酸 硫酸/硝酸/塩酸/リン酸 アルカリ カセイソーダ/ アンモニア
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).

はじめに

はじめに ものの導体 物理的状態 力 エネルギー 圧力 温度 物質量 示量性の性質と示強性の性質 濃度の表し方 反応の両論的関係
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, アトキンス物理化学要論 第5版, 東京化学同人, (1998).

分光法:分子の回転と振動

分光法:分子の回転と振動 回転分光法
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, アトキンス物理化学要論 第5版, 東京化学同人, p.440, (1998).

アトキンス物理化学要論 第5版(目次)

アトキンス物理化学要論 第5版(目次) はじめに 気体の性質 熱力学第一法則 熱化学 熱力学第二法則 純物質の相平衡 混合物の性質 化学平衡の原理 化学平衡の応用 電気化学⇒#845@レビュー; 反応速度 速度式の解釈⇒#846@レビュー; 量子論 原子構造 化学結合 金属、イオン性固体、共有結合固体⇒#1011@レビュー; 固体表面⇒#842@レビュー; 分子間相互作用⇒#866@レビュー; 高分子と分子集団⇒#841@レビュー; 分子の回転と振動 電子遷移と光化学⇒#1230@レビュー; 磁気共鳴 統計熱力学
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, アトキンス物理化学要論 第5版, 東京化学同人, (1998).

熱力学第一法則

熱力学第一法則 エネルギーの保存 仕事と熱 仕事の測定 熱の測定 比熱容量 内部エネルギーとエンタルピー 状態関数としての内部エネルギー エンタルピー
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, アトキンス物理化学要論 第5版, 東京化学同人, (1998).

気体の性質状態

気体の性質 状態方程式 モル体積 気体運動論モデル 分圧 指数関数 ガウス関数 拡散と流出 実在気体 分子間相互作用 圧縮因子 ジュール-トムソン効果
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, アトキンス物理化学要論 第5版, 東京化学同人, (1998).

電気化学の基礎事項

電気化学の基礎事項 2.2.4 電池の起電力
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, p.6, (2012).

生物の地理分布

生物の地理分布 植物の地理分布 全北区(ヤマザクラ) 動物の地理分布 大陸移動説と地理分布
鈴木孝仁, 視覚でとらえるフォトサイエンス生物図録, 数研出版, (2000).

植物の水平分布と垂直分布

植物の水平分布と垂直分布 日本の群系の分布 本州中部の垂直分布 水辺・水中の植物の垂直分布 標高 針葉樹 夏緑樹 照葉樹
鈴木孝仁, 視覚でとらえるフォトサイエンス生物図録, 数研出版, (2000).

生物の集団

生物の集団
鈴木孝仁, 視覚でとらえるフォトサイエンス生物図録, 数研出版, (2000).

植物の生活と種類

植物の生活と種類 【関連書籍】ビジュアル理科(目次)⇒#431@レビュー;
東京法令出版編集出版部, ビジュアル理科, 東京法令出版, (2004).

X線

X線 陽極 陰極 感光版 連続X線 固有X線 X線CT ブラッグの条件 格子面 格子面間隔 X線構造解析 ラウエ斑点 デバイ・シェラー環 コンプトン効果
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, p.122, (2006).

合成高分子化合物の合成

合成高分子化合物の合成
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, p.194, (2005).

合成高分子化合物

合成高分子化合物 合成高分子の構造と性質 固体構造のモデル 無定形部分 結晶部分 ポリエチレン分子 【関連書籍】有機化合物⇒#1375@レビュー;
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, p.192, (2005).

有機化合物

有機化合物 合成高分子化合物
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, p.162, (2005).

バイオエレクトロケミストリー

バイオエレクトロケミストリー 電気化学と生物のかかわり 蛋白質の電気化学 生体関連物質の電気化学 生体機能と電気化学 酵素 細胞膜 メディエーター 拡散係数 ブレディカ電流 触媒電流 等電点 イオン交換 カラムクロマトグラフィー 電気泳動 【関連書籍】現代の電気化学(目次)⇒#103@レビュー;
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, (2012).

光 Lummer-Brodhumの光度計 球面鏡の極率半径(望遠鏡による方法) 薄いレンズの焦点距離 厚いレンズの焦点距離 望遠鏡の倍率 顕微鏡の倍率 顕微鏡による屈折率 プリズム分光計 回折格子 分光器 Newtonリング Fresnelの複プリズム Laurentの検糖計 光の速度 物理学実験(目次)⇒#310@レビュー;
吉田卯三郎, 武居文助共著, 物理学実験, 三省堂, (1958).

光学的物性

光学的物性 ・光の反射 ・光の吸収 ・光の透過
堂山昌男・山本良一, セラミック材料, 東京大学出版会, (1986).

物性

物性 ノギス(円筒の体積測定) マイクロメーターおよびワイヤーゲージ(針金の直径測定) 球面計(極率半径の測定) Amslerの面積計 天秤 直示天秤 遊動顕微鏡(毛管の半径測定) Bordaの振り子(重力加速度gの測定)⇒#118@物理量; Katerの振り子(重力加速度gの測定) 天秤による比重の測定 比重びん Hareの装置による密度 Fortinの気圧計 Searleの装置によるYoung率(ヤング率) Searleの装置によるYoung率(ヤング率) ねじれ振り子による剛性率 Jollyのばねばかりによる表面張力 毛管現象による表面張力 液体の粘性率 物理学実験(目次)⇒#310@レビュー;
吉田卯三郎, 武居文助共著, 物理学実験, 三省堂, (1958).

力と運動

力と運動 等速直線運動 速度・加速度 重力による運動 ベクトル 力 剛体のつり合い 慣性 力と加速度 質量と加速度 作用と反作用 物体の運動 運動量と力積 運動量の保存(直線上) 運動量の保存(平面内) 等速円運動 万有引力 慣性力 単振動 新訂物理図解(目次)⇒#281@レビュー;
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, (1984).

新訂物理図解(目次)

新訂物理図解(目次) (裏表紙:センサー)⇒#329@レビュー; 力と運動⇒#387@レビュー; エネルギー⇒#343@レビュー; 波動⇒#471@レビュー; 電気と磁気⇒#155@レビュー; 原子⇒#156@レビュー;
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, (1984).

溶液と濃度

溶液と濃度 「溶解」、「物質の種類と溶解性」、「液体の溶解性」、「電解質と非電解質」、「溶液の濃度と調製法」について述べられている。 また、モル濃度⇒#266@物理;、質量パーセント濃度⇒#131@物理;、質量モル濃度⇒#129@物理;についても書かれている。
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, (2005).

工業分析化学:大学実習(上巻)(目次)

工業分析化学:大学実習(上巻)(目次) 緒言 実験準備 化学ハカリ 誤差および測定値の扱い 容量分析 重量分析 無機成分の分離 比色分析 電気分析法 電気滴定
武内次夫編, 工業分析化学 大学実習, 学術図書出版社, (1966.101970.12).

日本が生んだ世界食!インスタントラーメンの全て(目次)

日本が生んだ世界食!インスタントラーメンの全て(目次) (社)日本即席食品工業会 監修 日本食料新聞社 2004/12/20 めん食文化と即席めん 即席めんの歴史 即席めん市場の現状 これからの即席めん 即席めん類の製造方法 包装について 生タイプ即席めん 即席めん類等についての日本農林規格
(社)日本即席食品工業会 監修, 日本が生んだ世界食!インスタントラーメンの全て, 日本食料新聞社, (2004).

インスタント食品とは

インスタント食品とは インスタント食品とは、「食用に際して煩雑な調理操作、労力、時間を必要とせず、さらに輸送または携帯に便利な食品」。
日本化学会, 身近な現象の化学―台所の化学, 培風館, (2002).

大きな工場と小さな工場


松林光男、渡辺弘, イラスト図解 工場のしくみ, 日本実業出版社, (2004).

ボルト・ナットのつくり方


松林光男、渡辺弘, イラスト図解 工場のしくみ, 日本実業出版社, (2004).

液晶パネルのつくり方


松林光男、渡辺弘, イラスト図解 工場のしくみ, 日本実業出版社, (2004).

油圧ショベルのつくり方


松林光男、渡辺弘, イラスト図解 工場のしくみ, 日本実業出版社, (2004).

カップラーメンのつくり方


松林光男、渡辺弘, イラスト図解 工場のしくみ, 日本実業出版社, (2004).

生物の分類と系統/分類学

生物の分類と系統/分類学、進化学、生物地理学 生物と分類と種 生物の系統/系統樹 原核生物界・原生生物界 菌界・植物界おその系統 動物界とその系統 サイエンスビュー生物総合資料(目次)⇒#447@レビュー; 【関連講義】お散歩の中にサイエンスを探し求めて♪,水族館⇒#591@講義;
実教出版, サイエンスビュー生物総合資料, 実教出版, (2006).

水素の化合物

水素の化合物
木田茂夫著, 無機化学, 裳華房, (1989).

典型元素

典型元素
森川陽 種茂豊一, 工業化学1, 実教出版, p.195, (2002).

ハロゲン元素の酸化物とオキソ酸

ハロゲン元素の酸化物とオキソ酸 次亜塩素酸 亜塩素酸 塩素酸 過塩素酸 【関連書籍】非金属酸化物⇒#393@レビュー;
木田茂夫著, 無機化学, 裳華房, (1989).

非金属ハロゲン化物

非金属ハロゲン化物 ホウ素のハロゲン化物 ・三フッ化ホウ素⇒#543@化学種; 炭素、ケイ素のハロゲン化物 窒素のハロゲン化物 リンのハロゲン化物⇒#1293@レビュー; 硫黄のハロゲン化物 【関連書籍】金属ハロゲン化物⇒#195@レビュー;
木田茂夫著, 無機化学, 裳華房, p.117, (1989).

ハロゲン化物

ハロゲン化物
木田茂夫, 無機化学(改訂版), 裳華房, p.115, (1989).

無機化学(改訂版)(目次)

無機化学(改訂版)(目次) 1.序論 2.原子構造と周期律 3.化学結合 4.単体 5.水素の化合物 6.ハロゲン化物 7.酸化物、水酸化物、オキソ酸、酸・塩基 8.カルコゲン化物、窒化物、炭化物、ホウ化物 9.金属錯体 10.その他の興味ある化合物
木田茂夫, 無機化学(改訂版), 裳華房, (1989).

生活と元素

生活と元素 地殻を構成する元素 鉱物資源 炭素を含む資源 生命と元素
森川陽 種茂豊一, 工業化学1, 実教出版, p.223, (2002).

元素の性質と化学結合

元素の分類と周期表 化学結合 イオン結合とイオン結晶 共有結合と共有結合結晶 金属結合と金属の結晶 典型元素 カーボンブラック 遷移元素 生活と元素 地殻を構成する元素 鉱物資源 炭素を含む資源 生命と元素
森川陽 種茂豊一, 工業化学1, 実教出版, (2002).

酸と塩基

生活や工業と酸・塩基
森川陽 種茂豊一, 工業化学1, 実教出版, (2002).

工業材料と新素材

セラミックス材料 ガラス セメント ファインセラミックス 金属材料 金属の精錬方法 鉄鋼 銅 アルミニウム そのほかの金属 機能性金属 高分子材料 高分子化合物 プラスチック 合成ゴム 合成繊維 機能性高分子 複合材料
松田治和 足立吟也, 工業化学2, 実教出版, (2002).

DMPOアダクトの不対電子の存在する軌道と水素原子の確度とhfccの関係

DMPOアダクトの不対電子の存在する軌道と水素原子の確度とhfccの関係 p.101 DMPOアダクトの不対電子の存在する軌道と水素原子の確度とhfccの関係式が示されている.
河野雅弘,吉川敏一,小澤俊彦, 生命科学者のための電子スピン共鳴入門, 講談社, 101, (2011).

ラジカル重合禁止剤の例

ラジカル重合禁止剤の例 【化学種】DPPH⇒#2864@化学種;(安定ラジカル) 【化学種】ヒドロキノン⇒#1058@化学種;(安定ラジカルを生成しやすい化合物)
長谷川正木, 西敏夫共著, 高分子基礎科学, 昭晃堂, 68, (1991).

よくわかる地上デジタル放送(目次)

よくわかる地上デジタル放送(目次) デジタル放送とアナログ放送 モバイル受信のための地デジ、ワンセグ ワンセグを知り、使いこなす Q&A 地デジ&ワンセグ
河村正行, よくわかる地上デジタル放送, 電波新聞社, (2007).

体系的に学び直すデジタルカメラのしくみ(目次)

体系的に学び直すデジタルカメラのしくみ(目次) デジタルカメラの概要 レンズ、CCD、CMOS、シャッター 一眼レフのしくみ 画像と記録メディア 液晶モニターとバッテリー
神崎洋治、西井三鷹, 体系的に学び直すデジタルカメラのしくみ, 日経BPソフトプレス, (2004).

体系的に学ぶ携帯電話のしくみ(目次)

体系的に学ぶ携帯電話のしくみ(目次) 携帯電話の歴史と市場動向 各種サービスの概要と特徴 ・メールサービス ・FeliCa 通話と通信のしくみ⇒#660@レビュー; ・電波 ・インターネット 携帯電話の技術としくみ⇒#659@レビュー; ・ディスプレイ
神崎洋治、西井美鷹, 体系的に学ぶ携帯電話のしくみ, 日経BPソフトプレス, (2006).

成せばなる

成せばなる
山形大学基盤教育院, 成せばなる, 山形大学出版会, (2010).

学びの技法

成せばなる
山形大学基盤教育院, 成せばなる, 山形大学出版会, (2010).

プレゼンテーションを学ぶ

成せばなる
山形大学基盤教育院, 成せばなる, 山形大学出版会, (2010).

グループで学ぶ

成せばなる
山形大学基盤教育院, 成せばなる, 山形大学出版会, (2010).

家庭用電気製品

第1章家庭用電気製品
風早健史, モノの最新テクノロジーがわかる本, 成美堂出版, (2010).

衣料と繊維がわかる(目次)

衣料と繊維がわかる(目次)
日本化学会, 衣料と繊維がわかる, 東京書籍, (2011).

これで使える機能性材料パーフェクトガイド(目次)

これで使える機能性材料パーフェクトガイド(目次)
大竹尚登・神崎昌郎・宇治原徹・高崎正也, これで使える機能性材料パーフェクトガイド, 講談社, (2012).

自動車がわかる(目次)

自動車がわかる(目次)
日本化学会, 自動車がわかる, 東京書籍, (2009).

家電製品がわかるⅡ 相対性理論で正しく動くGPS(目次)

家電製品がわかるⅡ 相対性理論で正しく動くGPS(目次) テレビ 照明 時計 電話 ラジオ ビデオテープレコーダー カメラ コンパクトディスク ハードディスクドライブ⇒#1261@レビュー; パソコン 電子ピアノ ホームセキュリティ 手回し発電機
日本化学会, 家電製品がわかるⅡ 相対性理論で正しく動くGPS , 東京書籍, (2008).

家電製品がわかるⅠ アインシュタインの冷蔵庫(目次)

家電製品がわかるⅠ アインシュタインの冷蔵庫(目次) ドアホン 冷蔵庫 電気炊飯器⇒#1260@レビュー; 電子レンジ トースター 食器洗い乾燥機 生ごみ処理機 ジューサー&ミキサー コーヒーメーカー 湯沸かし器 電気ポット エアコン 扇風機 電気こたつ 石油ファンヒーター 電気カーペット 電気掃除機 ガス風呂釜給湯器 温水洗浄便座 洗濯機 スチームアイロン 電動ミシン 電気シェーバー ヘアドライヤー 冷蔵庫 体脂肪計 電子血圧計 電子体温計 家庭にあるメーター
日本化学会, 家電製品がわかるⅠ アインシュタインの冷蔵庫, 東京書籍, (2008).

無機工業化学概論(目次)

無機工業化学概論(目次)
伊藤要著, 無機工業化学概論, 培風館, (1981).

無機工業化学通論(目次)

無機工業化学通論(目次) 目次 総論 硫酸工業 硝酸工業 塩酸工業 リン酸工業 製塩工業 ソーダ工業 アンモニア合成工業 肥料工業
塩川二朗編著, 無機工業化学通論, 共立出版, (1984).

パソコンによるプレゼンテーション

パソコンによるプレゼンテーション シナリオ制作の手順 1.発表の目的、聞き手の調査 2.全体の構成を考える 3.詳細項目の設定 4.画面の設計・制作 5.資料の作成 6.リハーサル 7.プレゼンテーション 8.評価 表 グラフ イラスト 写真 映像 音声 工業技術基礎(目次)⇒#844@レビュー;
小林一也, 工業技術基礎, 実教出版, (2002).

上手なプレゼンテーションのコツ(目次)

上手なプレゼンテーションのコツ(目次) 印象深く説得力のある文章を書くために 口頭発表の上手なやり方⇒#656@レビュー; プレゼンテーションのパソコン(Mac)を上手に使う
化学同人, 若い研究者のための上手なプレゼンテーションのコツ, 化学同人, (1993).

セッケンと合成洗剤

セッケンと合成洗剤 セッケン R-COONa 界面活性剤の性質 セッケン水を加えると水の表面張力が低下して一円玉が沈む 界面活性剤の洗浄作用 油を親油性の部分で取り囲み水中に分散させ、セッケン水は乳濁液になる。これを乳化作用という。 合成洗剤 セッケンと合成洗剤の比較 界面活性剤の種類 陰イオン系界面活性剤 陽イオン系界面活性剤 非イオン系界面活性剤
佐野博敏、花房昭静, 総合図説化学, 第一学習社, (1995).

セッケン・合成洗剤

セッケン・合成洗剤 セッケン・合成洗剤の合成 界面活性剤 陰イオン系界面活性剤 陽イオン系界面活性剤 非イオン系界面活性剤 両性イオン系界面活性剤 ミセル ローリングアップ
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, p.156, (1998).

有機化合物

有機化合物 有機化合物の分類と特徴 有機化合物の分析 アルカン・シクロアルカン アルケン・アルキン アルコール・エーテル アルデヒド・ケトン カルボン酸・エステル 油脂 セッケン・合成洗剤 芳香族炭化水素 フェノール類 芳香族カルボン酸 芳香族アミンとアゾ化合物 有機化合物の分離 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録(目次)⇒#284@レビュー; 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),低分子系(アニオン系)の界面活性剤・分散剤・乳化剤⇒#4066@講義;
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, (1998).

コラム04:ハインリッヒの法則

コラム04:ハインリッヒの法則 ヒヤリハット
中村収三, 技術者による実践的工学倫理第2版, 化学同人, p.44, (2006).

コラム09:化学物質のリスク管理

コラム09:化学物質のリスク管理 リスク=ハザード×暴露量 【関連書籍】リスクの評価と工学倫理⇒#1032@レビュー;
中村収三, 技術者による実践的工学倫理第2版, 化学同人, (2006).

コラム

コラム
中村収三, 技術者による実践的工学倫理第2版, 化学同人, (2006).

粉砕と混合

粉砕と混合
川崎順二郎 種茂豊一, 化学工学, 実教出版, p.118, (2002).

化学工学(目次)

目次 粉体と粒体 固体の取り扱い⇒#1168@レビュー; 液体系の分離 気体系の分離 固体系の分離 粉砕 攪拌と混合
藤田重文, 東畑平一郎編, 化学工学, 東京化学同人, (1963).

高分子材料

高分子材料 プラスチック 繊維 ゴム 接着剤 ・エマルション型/溶液型/重合型 ポリマーアロイ 複合材料 高分子化学⇒#434@レビュー; 最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)⇒#409@レビュー;
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).

目次-新訂物理図解

目次 1力と運動 2エネルギー 3波動 4電気と磁気 5原子
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, (1984).

化学工学(目次)

化学工学(目次) 化学工業と化学工場⇒#1165@レビュー; 物質収支⇒#1166@レビュー; 気体と液体の流れ⇒#1167@レビュー; 固体の取り扱い⇒#1168@レビュー; 熱の出入りをともなう操作⇒#1170@レビュー;
川崎順二郎 種茂豊一, 化学工学, 実教出版, (2002).

融ける、気化する―物質の

はじめに 状態変化を表す用語 気化する 融解する 相変化に伴う熱の出入り 氷と水の話し 臨界状態とはどんな状態か 身近な現象の化学(目次)⇒#365@レビュー; 融ける、気化する―物質の三態変化 溶ける―溶液と溶解平衡 伸びる―ゴムの弾性 くっつく―接着と接着剤 燃える―発火、引火、燃焼、爆発 さびる―自然の中の電気化学現象 腐る―微生物による化学変化 ぬれる―固体と液体の出合い 吸着する―吸着と触媒作用 凝集する―コロイドと水処理の基礎 洗う―洗剤と界面現象 染める―染色と色の発現 ひかる―光の関係する諸現象 光を吸収する―電磁波と物質の相互作用
日本化学会, 身近な現象の化学, 培風館, (2001).

界面活性剤

界面活性剤 固液界面への吸着 親水基 疎水基 極性固体-金属酸化物⇒#3140@材料;、炭酸カルシウム⇒#717@材料; 非極性固体-カーボンブラック⇒#1067@講義;、合成高分子⇒#3543@材料;
吸着の化学―表面・界面制御のキーテクノロジー―

産業財産権と著作権

産業財産権と著作権
工業技術基礎

インターネット利用

インターネット利用 ホームページ検索 メールの利用 法律 著作権 工業所有権(特許権・実用新案権・意匠権・商標権)
情報技術の基礎知識

人と技術と環境

人と技術と環境 社会生活と産業 18世紀 イギリス 産業革命 蒸気機関車 鉄道 19世紀 電磁気学 産業別分類 職業選択と職業資格 危険物取扱者 公害防止管理士 工業生産と製造業 PL法とISO規格 産業財産権と著作権
工業技術基礎

コロイド溶液

コロイド溶液 セロハン膜 ろ紙 分散媒と分散質 固体 液体 気体 ルビー、色ガラス ゼリー マシュマロ 泥水、絵の具 牛乳、マヨネーズ あわ立てた卵白 煙、ほこり 雲、霧 ゲル チンダル現象 ブラウン運動 電気泳動
スクエア最新図説化学

物質の変化

物質の変化
スクエア最新図説化学

事故防止と安全作業


工業技術基礎

プリント配線について学ぼう

プリント基板について エッチング液 エッチング 電子部品とその検査 トランジスタ ダイオード LED 抵抗器 コンデンサ スピーカ
工業技術基礎

直流・交流回路の実験

直流・交流回路の実験 直流と交流 電圧・電流・抵抗 直流回路の構成 電池、スイッチ豆電球 実体配線図 回路図 電気回路 回路 直流回路 電気用図記号 直流電源(ACアダプタ) オームの法則 電流の電力⇒#46@物理量;・電力量⇒#49@物理量; 周波数⇒#16@物理量; 電力計 力率⇒#444@物理量; 工業技術基礎(目次)⇒#844@レビュー;
工業技術基礎

表面の機能化

表面の機能化 スルーホールめっき レジスト エッチング反応 銅 塩化第二鉄
現代の電気化学

直流回路

直流回路(p.102) 電気抵抗の接続と合成抵抗、電池の起電力⇒#36@物理量;と内部抵抗⇒#206@物理量;、キルヒホッフの法則、メートルブリッジ、ポテンショメーター
新訂物理図解

コンピュータの基礎

コンピュータの基礎 デジタルとアナログ コンピュータの歴史 身の回りのコンピュータ コンピュータの機能 ファイル アイコン 拡張子 フォルダ ドライブ
情報技術の基礎知識

セキュリティ

事故 ウイルス ワーム ワクチン スパムメール サーバに対する攻撃 パスワード窃盗 生体認証(バイオメトリクス) トロイの木馬 フィッシング クレジットカード スカベンジング 利用上の注意点 メール ブラウザ ウイルス ソフトの更新 ダウンロード パスワード システム安全性評価 バスタブ曲線 稼働率 平均故障間隔 平均修理時間 RAID
情報技術の基礎知識

品質管理のしくみ

品質管理のしくみ 品質管理が目的とすること 品質保証(QA)とは何か 顧客からのクレーム対応 全社的に進める品質改善活動 ISOは世界共通のルール 食品の安全品質を守るHACCP シックスシグマ(6σ)の管理手法 日本経営品質賞は何を表彰する? イラスト図解 工場のしくみ(目次)⇒#290@レビュー;
イラスト図解 工場のしくみ

表4.5安定なフリーラジカル分子

表4.5安定なフリーラジカル分子 DPPH⇒#3005@材料;⇒#2864@化学種;,アミンスルホナート,2価マンガンイオン,TCNQ-Li,ペリレンカチオン,カーボンブラックのg値⇒#496@物理量;
生命科学者のための電子スピン共鳴入門

レビュー…