鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【キーワード】 色


項目
ID⇒#134
キーワード
ソース情報
品詞
内容
つまり1)2)3)とかです4)視覚の要素まあ粒子の勢いみたいなものですのうち特に可視光線波長5)あるいは周波数エネルギー分布に対応しますひろく言えばスペクトル名前機器分析には重要です

時代カラーテレビカラー写真カラープリンタ色っぽくなりましたが可視光線使わない電子顕微鏡には色がつきません液晶ディスプレイではカラーフィルターで色つけます6)

色の名前はや果実の名前が転用されます定量的にあらわすには色度座標など使います色のモトなる物質色素といい染料顔料着色料などとして使われます着色の説明にはいくつかあります7)8)

色のついた物質色素といいます物質そのものの色ばかりでなくシャボンホログラムインコ法で着色したステンレスのような干渉色というのもあります

原色というのがありますが実際の物質顔料染料作るのですから全ての色表現できるわけではありません普通のカラー印刷でもマゼンタシアン使うのが普通です野菜ジュースパッケージのように強調したい場合や女性週刊誌のようにピンク強調したい場合はそれぞれの色さらに加えて色や色にするのが普通ですし絵画などでは色ぐらい使うこともあります

素粒子の世界ではクォークの理論に色使います



CGではピクセルごとに色つけます9)10)

物理量照度11)

関連書籍
東芝号機ものがたり目次12)
あかりのはなし13)
照明のことがわかる本14)

関連講義
電気化学の庵,日本照明器具工業15)
電気化学の庵,日本電球工業16)
照明器具17)
電気化学の庵,日本色彩学会18)
無機化学演習,錯体の色異性と電子軌道19)

動画20)
ピカッとさいえんすと色虹と夕焼け
http://c1.yz.yam…

動画21)
丁目サイエンス劇場水で咲かそう春の
http://c1.yz.yam…

関連書籍デザインについて学ぼう22)


高等学校 > 高校物理 > 物理量と > 光と電磁 > 可視光線 > 色相、彩 > 赤系,色相、彩度、明度
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

高等学校 > 高校物理 > 物理量と > 光と電磁 > 可視光線と色彩,光と電磁波(光エネルギー)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

エネルギ > 第8回:色っぽい話―ディスプレイ,エネルギー変換化学@2006
立花 和宏,エネルギー変換化学, 講義ノート, (2006).

2005 > 調査発表 > 錯体の色,調査発表
水口 仁志,応用化学演習II, 講義ノート, (2007).

特になし > 色を作ろう~光と物質/クーリッジ管,特になし
立花 和宏,基礎量子化学, 講義ノート, (2005).

高等学校 > 高校工業 > 工業会& > 日本照明器具工業会,工業会&工業関連協会
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

高等学校 > 高校工業 > 工業会& > 日本電球工業会,工業会&工業関連協会
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

照明器具製品.

学会&協 > 日本色彩学会,学会&協会(任意団体)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

 > 錯体の色(異性と電子軌道),
仁科 辰夫,無機化学演習, 講義ノート, (2014).

ピカッと > 光と色(虹と夕焼け),ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2010).

四丁目サ > 「水で咲かそう春の花」~染料とペーパークロマトグラフィー~,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2007).

(1高等学校 > 高校物理 > 物理量と > 光と電磁 > 可視光線 > 色相、彩 > 赤系,色相、彩度、明度
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(2, ●▼◆★▲■, FFFF00, 色彩.
(3, ●▼◆★▲■, 0000FF, 色彩.
(4高等学校 > 高校物理 > 物理量と > 光と電磁 > 可視光線と色彩,光と電磁波(光エネルギー)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(5波長 λ / m.
(6エネルギ > 第8回:色っぽい話―ディスプレイ,エネルギー変換化学@2006
立花 和宏,エネルギー変換化学, 講義ノート, (2006).
(7無機化学II,化学系(Aコース),etc,(旧)工学部学科,山形大学
尾形 健明,シラバス-山形大学, (2007).
(82005 > 調査発表 > 錯体の色,調査発表
水口 仁志,応用化学演習II, 講義ノート, (2007).
(9 > アルゴリズムとプログラムによるコンピュータグラフィックス[Ⅱ](目次)
S・ハリソン/郡山彬, アルゴリズムとプログラムによるコンピュータグラフィックス[Ⅱ], マグロウヒル, , (1984).
(10特になし > 色を作ろう~光と物質/クーリッジ管,特になし
立花 和宏,基礎量子化学, 講義ノート, (2005).
(11照度 x / lx.
(12 > 東芝1号機ものがたり(目次)
東芝科学館, 東芝1号機ものがたり, 東芝科学館, , (2005).
(13あかりのはなし
小林卓二, さ・え・ら書房, (1982).
(14照明のことがわかる本
中島龍興, 日本実業出版社, (2007).
(15高等学校 > 高校工業 > 工業会& > 日本照明器具工業会,工業会&工業関連協会
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(16高等学校 > 高校工業 > 工業会& > 日本電球工業会,工業会&工業関連協会
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(17照明器具製品.
(18学会&協 > 日本色彩学会,学会&協会(任意団体)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(19 > 錯体の色(異性と電子軌道),
仁科 辰夫,無機化学演習, 講義ノート, (2014).
(20ピカッと > 光と色(虹と夕焼け),ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2010).
(21四丁目サ > 「水で咲かそう春の花」~染料とペーパークロマトグラフィー~,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2007).
(22 > デザインについて学ぼう
小林一也, 工業技術基礎, 実教出版, 167, (2002).

無機化学無機化学II美と造形の心理学(芸術)

参考書籍…山形大学附属図書館
(1) Created and produced by The Educational Film Center, University of Maryland, The Annenberg/CPB Project/日本語版企画・制作丸善株式会社, , 丸善, (c1993).
(2) , 心を秘めた平安の色, NHKエンタープライズ (発行・販売), (2006.2).
(3) 池田光男, 芦澤昌子著, どうして色は見えるのか : 色彩の科学と色覚, 平凡社, (2005.8).
(4) 日本建築学会編, 光と色の環境デザイン, オーム社, (2001.6).
(5) 和久洋三著, 色面の遊びと造形, 玉川大学出版部, (2006.2).
(6) , 8 整色寫眞の実際, , (2017/11/22 21:38:20).
(7) 長濱慶三, 12 整色及赤外寫眞術, , (2017/11/22 21:38:20).
(8) 佐和九郎, 3 整色寫眞術, , (2017/11/22 21:38:20).
(9) 和田三造, 色名総鑑, , (2017/11/22 21:38:20).
(10) 服部靜夫, 植物の色, , (2017/11/22 21:38:20).
(11) 槌田龍太郎, 金属化合物の色と構造, , (2017/11/22 21:38:20).
(12) 堀崎篤義, ファラデー効果 色 紫外線、赤, , (2017/11/22 21:38:20).
(13) , 大著色●樂圖屏風粉未, , (2017/11/22 21:38:20).
(14) , 采色門, , (2017/11/22 21:38:20).
(15) , 采色門, , (2017/11/22 21:38:20).
(16) , 采色門, , (2017/11/22 21:38:20).
(17) , 采色門, , (2017/11/22 21:38:20).
(19) , 17 病室著色の亊, , (2017/11/22 21:38:20).
(20) , 第七篇 色懴悔, , (2017/11/22 21:38:20).
(21) , 第十八輯 けいせい色三味線, , (2017/11/22 21:38:20).
(22) , 第十七輯 浪花色八卦, , (2017/11/22 21:38:20).
(23) , 賣色鴨南蠻, , (2017/11/22 21:38:20).
(24) , 1 二人比●尼色懺悔, , (2017/11/22 21:38:20).
(25) 濱田八之助, 金属蝕鏤及離色法, , (2017/11/22 21:38:20).
(26) 西田博太郎, 織物原料篇 近世色染法 第1篇, , (2017/11/22 21:38:20).
(27) 西田博太郎, 理論應用近世色染法 第1編 織, , (2017/11/22 21:38:20).
(28) 西田博太郎, 理論應用近世色染法 第1編 織, , (2017/11/22 21:38:20).
(29) 山田廣, 色染機械, , (2017/11/22 21:38:20).
(30) 和田三造, 色名總鑑, , (2017/11/22 21:38:20).
(31) 小川省吾, 色混合及色合法, , (2017/11/22 21:38:20).
(32) 浜八百彦, 色の研究, , (2017/11/22 21:38:20).
メニュー
シラバス/検索/色…
講義内容/検索/色…
講義ノート/検索/色…
研究ノート/検索/色…
ファイル/検索/色…
研究テーマ/検索/色…
論文/検索/色…
書籍名/検索/色…
雑誌名/検索/色…
材料名/検索/色…
>ウィキペディア/色…
エンジニア/検索/色…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧