鷹山 (C)1996-2020 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?

【キーワード】 アンモニア


項目
ID⇒#1472
キーワードアンモニア
ソース情報
品詞
内容

弱塩基溶解してアンモニウムイオン(NH4+)となります

水素窒化物によく溶解する有毒な気体白いボンベに入れて保管します圧力で容易に液化するので冷蔵庫の冷媒に用いたりしますフェライト四酸化三鉄(Fe3O4)触媒として製造ハーバーシュします1)2)3)6001000気圧という高温高圧制御技術なくしては不可能ですね産業革命の蒸気機関のボイラー技術活かされています

オストルト法による硝酸(HNO3)製造原料ほか硫酸アンモニウム((NH4)2SO4)尿素(CO(NH4)2)など窒素肥料原料となる

アンモニアの熱分解利用して窒化物作るドライプロセスとしてガス窒化法があります

アンモニアの有機誘導体はアミンといいます4)

動物の代謝のなかでタンパク質分解生じるアンモニア(NH3)魚類などではそのまま排出されます5)尿素(CO(NH4)2)6)7)尿酸(C5H4N4O3)変換されて排出されます8)




参考書籍…山形大学附属図書館
(1) 寺部本次 [著]/多田治 [著]/山手昇 [著], 窒素酸化物/アンモニア/塩素, 共立出版, (1972.4).
(2) 寺部本次 [著]/多田治 [著]/山手昇 [著], 窒素酸化物/アンモニア/塩素, 共立出版, (1972.4).
(3) 寺部本次 [著]/多田治 [著]/山手昇 [著], 窒素酸化物/アンモニア/塩素, 共立出版, (1972.4).
(4) 寺部本次 [著]/多田治 [著]/山手昇 [著], 窒素酸化物/アンモニア/塩素, 共立出版, (1972.4).
(5) 寺部本次 [著]/多田治 [著]/山手昇 [著], 窒素酸化物/アンモニア/塩素, 共立出版, (1972.4).
(6) 寺部本次 [著]/多田治 [著]/山手昇 [著], 窒素酸化物/アンモニア/塩素, 共立出版, (1972.4).
(7) Committee on Medical and Biologic Effects of Environmental Pollutants, National Research Council編/松下秀鶴,井村伸正訳, アンモニア, 東京化学同人, (1989.4).
(8) 佐々木一雄編, メタン・アンモニア法による青酸合成実験図集, 山形大学工学部産業研究所, (1962.3).
メニュー
シラバス/検索/アンモニ…
講義内容/検索/アンモニ…
講義ノート/検索/アンモニ…
研究ノート/検索/アンモニ…
ファイル/検索/アンモニ…
研究テーマ/検索/アンモニ…
論文/検索/アンモニ…
書籍名/検索/アンモニ…
雑誌名/検索/アンモニ…
材料名/検索/アンモニ…
>ウィキペディア/アンモニ…
エンジニア/検索/アンモニ…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧