鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【キーワード】 生物


項目
ID⇒#173
キーワード生物
ソース情報
品詞
内容
地球発生した生命持つ物質情報エネルギー持つ物質言いかえられるかもしれませんウィルス生物無生物中間的存在です生物分類単位してなどの段階が設けられています界にはミミズヒトなどの動物界シダアサガオなどの植物界1)カビキノコなどの菌界アメーバミドリムシなどの原生生物界乳酸菌などの細菌バクテリアからなる原核生物界ありますたとえばヒト動物界脊椎動物門哺乳網霊長目ヒトヒトホモサピエンスいうことになります

ひとつの細胞からなる単細胞生物多くの細胞からなる多細胞生物あります生物学生物電気化学生体系の理解とその応用目的した学問分野2)3)4)

地質時代生物化石調べます顕微鏡使わないと見えない小さな生物微生物いうことがあります

生物多様性の確保通じて自然と共生する社会の実現図るため自然再生推進法制定されました食品原料ほとんどが生物由来すし石油石炭石灰岩地質時代生物蓄積してきた資源自然守ってゆくのはそれ利用する私たち人間の当然の義務かもしれませんね5)6)7)8)9)


(1植物界,高校生物
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(2視覚でとらえるフォトサイエンス生物図録(目次)
鈴木孝仁, 視覚でとらえるフォトサイエンス生物図録, 数研出版, (2000).
(3ビジュアル理科(目次)
東京法令出版編集出版部, ビジュアル理科, 東京法令出版, (2004).
(4サイエンスビュー生物総合資料(目次)
実教出版, サイエンスビュー生物総合資料, 実教出版, (2006).
(5生物II,山形大学進学コース高等科,etc,データベースアメニティ研究所,(高校新課程)
仁科 辰夫, シラバス, (2006).
(6生物I,山形大学進学コース高等科,etc,データベースアメニティ研究所,(高校新課程)
仁科 辰夫, シラバス, (2006).
(7国立科学博物館,科学館
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(8生命の歴史と環境
渡辺啓, 日常の化学-地球環境と生活様式の変革のために-, サイエンス社, (1999).
(9仙台市科学館,科学館
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

有機化学IL-バンドESR画像装置マニュアル

参考書籍…山形大学附属図書館
(1) 蓮実香佑著, おとぎ話の生物学 : 森のキノコはなぜ水玉模様なのか?, PHPエディターズ・グループ, (2007.5).
(2) 芹沢俊介編, 分子生物学的手法を用いた環境調査, 愛知教育大学, (2004.3).
(4) ロビン・ベーカー編集/桑原万寿太郎訳, 図説生物の行動百科 : 渡りをする生きものたち, 朝倉書店, (1983.9).
(5) 日本生化学会編, 代謝と栄養/遺伝・微生物・細胞・免疫/生化学的技術, 東京化学同人, (1980.6).
(6) ラッセル・フォスター, レオン・クライツマン著/本間徳子訳, 生物時計はなぜリズムを刻むのか, 日経BP社/日経BP出版センター (発売), (, 2006.1).
(7) 日本細菌学会用語委員会編, 微生物学用語集 : 英和・和英, 南山堂, (2007.1).
(8) , 生物試料調製法, 化学同人, (1985.10).
(9) ホッフバウアー, シグムンド著/竹内康博訳, 生物の進化と微分方程式, 現代数学社, (1990.6).
(16) Jonathan Slack著/大隅典子訳, エッセンシャル発生生物学, 羊土社, (2007.2).
(20) マイケル・タイン, マイケル・ヒックマン編/太田次郎監訳, 現代生物科学辞典, 講談社, (1999.10).
(21) 日本電子顕微鏡学会関東支部編, 電子顕微鏡生物試料作製法, 丸善, (1975).
(22) Richard J.Epstein [著]/村松正實監訳, ヒトの分子生物学, 丸善, (2006.12).
(25) 栃内新, 左巻健男編著, 新しい高校生物の教科書, 講談社, (2006.1).
(26) 今西錦司著, 生物社会の論理, 平凡社, (1994.1).
(27) スティーヴン・ピンカー [ほか] 著/野村泰幸編・訳・解説, 言語進化とはなにか : ことばが生物学と出会うとき, 大学教育出版, (2006.3).
(28) 東中川徹, 大山隆, 清水光弘共編, 分子生物学, オーム社, (2006.12).
(30) ルース・G.ミリカン著/信原幸弘訳, 意味と目的の世界 : 生物学の哲学から, 勁草書房, (2007.1).
(31) ルース・G.ミリカン著/信原幸弘訳, 意味と目的の世界 : 生物学の哲学から, 勁草書房, (2007.1).
(32) 杉浦紳之著, 放射線生物学, 通商産業研究社, (2006.3).
メニュー
シラバス/検索/生物…
講義内容/検索/生物…
講義ノート/検索/生物…
研究ノート/検索/生物…
ファイル/検索/生物…
研究テーマ/検索/生物…
論文/検索/生物…
書籍名/検索/生物…
雑誌名/検索/生物…
材料名/検索/生物…
>ウィキペディア/生物…
エンジニア/検索/生物…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧