鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【キーワード】 電池


項目
ID⇒#214
キーワード電池
ソース情報
品詞
内容
ユーザー)

電気の缶詰
ユーザー)

電池の捉え方もいろいろあります。
1.電池の形式と分類
 1.1.化学電池
 1.2.物理電池
2.電池関係のサイト
3.
電気缶詰字のごとく電気ためる池と書いて電池んちと読みます電気化学反応使って化学エネルギーから電気エネルギーエネルギー変換する装置ですキャパシタコンデンサとちがって平坦な電圧取り出すこと機能とします性能表す尺度として起電力1)電池容量2)電池容量密度3)エネルギー密度4)などがあります5)

電池発電機使う前からある直流電源あり携帯電話カメラ楽器電卓MDCDはじめとする家電製品日用品エネルギー供給システムでもあります電線がつなげない自動車航空機でも重要な電源となりますモバイル機器の普及に伴い電池の高容量化が要求されています

電池正極負極活物質電解質集電体などの電極材料および正極負極接触しないようにする隔膜などからなります6)主な構造正極イオン導電体負極となります電池の表記には電池式使います

主な電池は活物質導電助材添加剤結着材でよく混練して合材とし集電体塗布あるいは圧着して正極および負極とします電解液含浸させた隔膜介して接触させることで起電力得ますコンデンサと違って電圧がほぼ定であることが望まれます

電池化学電池も呼ばれます一次電池二次電池および燃料電池がある太陽電池は物理電池一次電池代表はマンガン乾電池ある性能化したアルカリマンガン乾電池小型軽量化した電池として水銀電池(marcury)酸化銀電池(silver oxide)空気亜鉛電池(zinc air)リチウム電池ある二次電池して鉛蓄電池ケルカドミウム電池ケル水素電池ある1991年に実用化されたリチウムイオン二次電池はLiBF4用いていた

内部抵抗7)が小さいと良いですね内部抵抗小さい電池短絡すると危険です電池の用途にはいろいろあります

廃棄するときは有害ごみして処理します

材料電池8)

関連講義
エネルギー変換化学特論,電気エネルギー物質~電池の系譜~9)
電池10)
電気化学11)
消耗品に関するページ12)
電気化学の庵,電池工業13)
http://www.baj.o…

動画14)
ピカッとさいえんす宇宙に行った電池
http://c1.yz.yam…

動画15)
丁目サイエンス劇場夏休みスペシャル
http://c1.yz.yam…

動画16)
ピカッとさいえんすカロリーダイエ
http://c1.yz.yam…

関連書籍
電池はこうして生まれ17)
電池18)19)
20)
物質の変化21)
電池22)

物理量電池容量23)
書籍図解電池のはなし24)


規格と標 > JIS( > JIS.C―電子機器及び電気機械,JIS(日本工業規格)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

エネルギ > 【201 > 電気エネルギーと物質~電池の系譜~(2011_H23),【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池,エネルギーデバイス
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

サイバー > 鷹山のペ > 研究関連 > 消耗品に関するページ,研究関連のページ
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2011).

高等学校 > 高校工業 > 工業会& > 電池工業会,工業会&工業関連協会
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

ピカッと > 宇宙に行った電池,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2012).

四丁目サ > サイエンス劇場スペシャル―化学への招待,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2007).

ピカッと > カロリー、ダイエット、二酸化炭素排出,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2009).

(1起電力 E / V.
(2電池容量 Q / mA・h.
(3電池容量密度 Q / mA·h/g.
(4エネルギー密度 E / J/kg.
(5規格と標 > JIS( > JIS.C―電子機器及び電気機械,JIS(日本工業規格)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(6 > よくわかる電池(目次)
三洋電機(株), よくわかる電池, 日本実業出版社, , (2006).
(7内部抵抗 R / Ω.
(8@ > 電池
電池, (材料).
(9エネルギ > 【201 > 電気エネルギーと物質~電池の系譜~(2011_H23),【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).
(10緒言(C > 製品調査 > エネルギ > 電池,エネルギーデバイス
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(11電気化学,機能高分子工学科(Bコース),etc,機能高分子工学科,山形大学
仁科 辰夫,シラバス-山形大学, (2012).
(12サイバー > 鷹山のペ > 研究関連 > 消耗品に関するページ,研究関連のページ
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2011).
(13高等学校 > 高校工業 > 工業会& > 電池工業会,工業会&工業関連協会
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(14ピカッと > 宇宙に行った電池,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2012).
(15四丁目サ > サイエンス劇場スペシャル―化学への招待,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2007).
(16ピカッと > カロリー、ダイエット、二酸化炭素排出,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2009).
(17 > 電池はこうして生まれ
池田宏之助・武島源二・梅尾良之, 【図解】電池のはなし, 日本実業出版社, , (1996).
(18 > 電池
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, , (1998).
(19C1ラボラトリーキーワード.
(20 > 電池の群像
橋本尚著, 電池の科学 : 生物電池から太陽電池まで, 講談社, , (1987).
(21 > 物質の変化
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, , (2005).
(22電気化学 > 電気化学 > 電池
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, , (2012).
(23電池容量 Q / mA・h.
(24【図解】電池のはなし
池田宏之助・武島源二・梅尾良之, 日本実業出版社, (1996).

無機・分析化学応用実験応用化学演習II

参考書籍…山形大学附属図書館
(2) 小林光一, 高橋政志著, 燃料電池, ナツメ社, (2004.1).
(5) 石川總雄, 可逆電池による化學熱力學的研究, , (2017/11/22 21:45:42).
(6) 槙尾栄, 電池, , (2017/11/22 21:45:42).
(7) 大岡茂, 畜電池及電動発電機, , (2017/11/22 21:45:42).
(8) , 畜電池 電機學校編, , (2017/11/22 21:45:42).
(9) 亀山直人, 電池及び畜電地, , (2017/11/22 21:45:42).
(10) 亀山直人, 電池及び畜電地, , (2017/11/22 21:45:42).
(11) 亀山直人, 電池及び畜電地, , (2017/11/22 21:45:42).
(12) 亀山直人, 電池及蓄電池, , (2017/11/22 21:45:42).
(13) 谷辰夫編/谷辰夫[ほか]共著, 太陽電池 : 21世紀のクリーンな発電として : 「原理から応用まで」, パワー社, (2004.10).
(14) 竹原善一郎, 電池:その化学と材料, , (2017/11/22 21:45:42).
(15) 吉沢四郎, 新しい電池, , (2017/11/22 21:45:42).
(16) 吉沢四郎, 新しい電池, , (2017/11/22 21:45:42).
(17) 久野清, 空氣湿電池の理論と実際, , (2017/11/22 21:45:42).
(18) 高村勉, 電池と未来発電, , (2017/11/22 21:45:42).
(19) 高村勉, 電池と未来発電 1, , (2017/11/22 21:45:42).
(20) 吉沢四郎, 二酸化マンガンと電池, , (2017/11/22 21:45:42).
(21) , 電池革新が拓く次世代電源, エヌ・ティー・エス, (2006.2).
(22) , 電池革新が拓く次世代電源, エヌ・ティー・エス, (2006.2).
(23) , 電池革新が拓く次世代電源, エヌ・ティー・エス, (2006.2).
(24) 清水和夫, 平田賢著, 燃料電池とは何か : 水素エネルギーが拓く新世紀, 日本放送出版協会, (2000.12).
(25) 本間琢也監修, 図解燃料電池のすべて, 工業調査会, (2003.12).
(26) James Larminie, Andrew Dicks共著/槌屋治紀訳, 解説燃料電池システム, オーム社, (2004.10).
(27) James Larminie, Andrew Dicks共著/槌屋治紀訳, 解説燃料電池システム, オーム社, (2004.10).
(28) James Larminie, Andrew Dicks共著/槌屋治紀訳, 解説燃料電池システム, オーム社, (2004.10).
(29) 燃料電池研究会編, トコトンやさしい燃料電池の本, 日刊工業新聞社, (2001.11).
(30) , 電池ハンドブック, , (2017/11/22 21:45:42).
(32) 電気化学協会電池技術委員会〔編〕, 二酸化マンガンと電池 : 新しい電池反応の考え方, 日本乾電池工業会, (1971).
メニュー
シラバス/検索/電池…
講義内容/検索/電池…
講義ノート/検索/電池…
研究ノート/検索/電池…
ファイル/検索/電池…
研究テーマ/検索/電池…
論文/検索/電池…
書籍名/検索/電池…
雑誌名/検索/電池…
材料名/検索/電池…
>ウィキペディア/電池…
エンジニア/検索/電池…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧