鷹山 (C)1996-2020 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?

【ナレッジ】 二酸化マンガンリチウム電池

ナレッジ
ナレッジ/エンジニア
研究テーマ
ナレッジ/鷹山
ナレッジ/C1
キーワード
♪Q&A-質問♪
●…
キーワード/検索/二酸化マ…
シラバス/検索/二酸化マ…
講義ノート/検索/二酸化マ…
論文/検索/二酸化マ…
山大図書館/二酸化マ…
● >ウィキペディア/二酸化マ…
旧バージョン(asp)
項目
題目二酸化マンガンリチウム電池
リンク
-ナレッジ
親単元情報社会の発展
説明
メニュー
シラバス/検索/二酸化マ…
講義内容/検索/二酸化マ…
講義ノート/検索/二酸化マ…
研究ノート/検索/二酸化マ…
ファイル/検索/二酸化マ…
研究テーマ/検索/二酸化マ…
論文/検索/二酸化マ…
書籍名/検索/二酸化マ…
雑誌名/検索/二酸化マ…
材料名/検索/二酸化マ…
>ウィキペディア/二酸化マ…

説明
1976年にコイン型のリチウム電池が液晶電卓に搭載されました。
その後、コイン型電池は、各種電子機器に広く使用されるようになりました。

二酸化マンガンリチウム電池は、正極活物質に酸化マンガン(Ⅳ)1負極活物質金属リチウム2有機電解液を用います。

当初、二酸化マンガン正極活物質にするこことは、困難とされていましたが、400℃前後の温度で熱処理をすることによって、無水に近い二酸化マンガンを用いることで二酸化マンガンリチウム電池が実用化されました。

負極:Li<->Li(+)3