鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【グループ】 

ドメイン
教職員グループ/一覧
●ドメイン
データベースアメニティ研究所
C1
JABEE
●属性
学科
●…
(asp)
議事録
卒業論文
口頭発表
プロジェクト
リンク
項目
グループ
親グループ
URL
ドメイン名
実験室
教職員スタッフ
説明

研究テーマ

高分子ゲル電解質を用いた電気化学キャパシタの特性改善

高分子ゲル電解質を用いた電気化学キャパシタの特性改善 高分子ヒドロゲル電解質を用いた電気二重層キャパシタの特性改善 なり⇒#262@卒論;の論文を発展。 ◆2006(平成18)年度研究ノート⇒#545@ノート; 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),【2006年度(平成18)卒業研究】⇒#805@講義;

いしがみ, 山形大学 卒業論文(仁科・立花研), (2007).

ESRによるニオブアノード酸化皮膜の欠陥部定量分析

ESRを用いた、ニオブアノード酸化皮膜の欠陥部定量方法の検討(旧) ESRによるニオブアノード酸化皮膜の欠陥部定量分析 ニオブ⇒#812@講義; 温度を液体窒素温度に下げることで酸化ニオブのESR信号を確認。 ニオブ⇒#812@講義;の欠陥をESRで定量することに挑戦。たかつか⇒#377@卒論; 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),ESR(電子スピン共鳴)の実際⇒#803@講義; ○高塚知行,…らは、2007年に山形大学 小白川キャンパス(山形県山形市小白川町1-4-12)で開催された平成19年度 化学系学協会東北大会においてESRによるNb2O5格子欠陥の評価について報告している⇒#223@学会;。 あゆみは、2009年に、それまでの研究をバイオマス資源の有効活用に関する研究 -有機脂肪酸の高付加価値化-というテーマで修士論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#394@卒論;。 【2006年度(平成18)卒業研究】⇒#805@講義; ◆2006(平成18)年度研究ノート⇒#545@ノート; 【関連講義】 2009年3月 

あゆみ, 山形大学 卒業論文(仁科・立花研), (2007).

電気二重層キャパシタの電解液の違いによる接触抵抗の非可逆性発現機構

電気二重層キャパシタの電解液の違いによる接触抵抗の非可逆性発現機構 電解液とその濃度の違いによるEDLCの非可逆性発現機構 【2008年度(平成20)卒業研究】⇒#2237@講義; 【2007年度(平成19)卒業研究】⇒#1505@講義; 【2006年度(平成18)卒業研究】⇒#805@講義; 筆者は、2006年にで開催された平成18年度 化学系学協会東北大会において電気二重層キャパシタの電解液による接触抵抗の非可逆性について報告している⇒#208@学会;。 ◆2006(平成18)年度研究ノート⇒#545@ノート;

にしかわ, 山形大学 卒業論文(仁科・立花研), (2007).

バインダ乾燥過程における電極表面の可視化

バインダ乾燥過程における電極表面の可視化 顕微鏡⇒#1205@講義;/バインダ⇒#768@講義; 合材の塗布・乾燥⇒#2496@講義; ◆2006(平成18)年度研究ノート⇒#545@ノート;

ながせ, 山形大学 卒業論文(仁科・立花研), (2007).

有機電解液を用いたニオブ材料の電解エッチング条件の検討

有機電解液を用いたニオブ材料の電解エッチング条件の検討 化学研磨におけるニオブのバリ除去加工 ニオブ⇒#812@講義; K. Tac…らは、2007年にElectrolytic Etching of Niobium Expand Metal in Organic Electrolyteについて報告し、有機電解液中でニオブのエクスパンドメタルの電解エッチングを試みた。 後藤 善仁は、2007年に、それまでの研究を有機電解液を用いたニオブ材料の電解エッチング条件の検討というテーマで卒業論…と述べている⇒#17731@業績;。 【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),刊行物@C1(2007◆H19)⇒#2877@講義; 立花和宏らは、2002年に横浜で開催された2002年電気化学秋季大会において種々の電解条件下における非水溶液中でのニオブのエッチング制御について報告している⇒#98@学会;。 筆者は、2006年にで開催された平成18年度 化学系学協会東北大会において有機電解液を用いたニオブ材料の電解研磨条件の検討について報告している⇒#209@学会;

後藤 善仁, 山形大学 卒業論文(仁科・立花研), (2007).

鉛蓄電池充電回路におけるコッククロフトウォルトン回路の応用

鉛蓄電池充電回路におけるコッククロフトウォルトン回路の応用 鉛蓄電池添加剤評価方法とコッククラフトの動作検証 コッククラフトってなんだ? ◆2006(平成18)年度研究ノート⇒#545@ノート; 鉛電池…は、鉛電池(鉛蓄電池) プランテが1858年頃発明…ことが知られている⇒#1585@講義;。 【関連講義】 卒業研究(C1-電気化学2004~),鉛電池⇒#1585@講義; 卒業研究(C1-電気化学2004~),鉛電池関連⇒#2788@講義; 卒業研究(C1-電気化学2004~),コッククロフト・ウォルトン回路⇒#986@講義;

さかい, 山形大学 卒業論文(仁科・立花研), (2007).

片状黒鉛鋳鉄の切削性に与える要因

片状黒鉛鋳鉄の切削性に与える要因 しげのは、2008年に、それまでの研究を片状黒鉛鋳鉄の切削性評価に関する研究というテーマで博士論文としてまとめ、山形大学を卒業した⇒#417@卒論;。

あらや, 山形大学 卒業論文(菅原研), (2008).

鉛電池の酸化還元挙動におよぼす添加剤の影響

としま, 山形大学 卒業論文(菅原研), (2008).

天然ガスよりアセチレン水素等の製造に就いて

天然ガスよりアセチレン水素等の製造に就いて

うかい, 山形大学 卒業論文(), (1953).

新品鉛電池の充放電挙動と活性化剤の効果

あんど, 山形大学 卒業論文(尾形・仁科研), (2006).

電着による銅細線への黒色絶縁膜形成

電着による銅細線への黒色絶縁膜形成 指導教員=菅原陸郎教授

ふるかわ, 山形大学 卒業論文(), (2005).

鉛電池電極の酸化還元挙動に及ぼす添加剤の影響

鉛電池電極の酸化還元挙動に及ぼす添加剤の影響 指導教員:菅原陸郎

くぼ, 山形大学 卒業論文(), (2007).

車椅子用電池の充放電特性と再生に関する研究

車椅子用電池の充放電特性と再生に関する研究 指導教員:菅原陸郎教授

おがた, 山形大学 卒業論文(), (2007).

卒論…
ID月日議題