鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【講演】 G5: eLearning環境を構築する上での学認の活用事例と今後の展開

イヴェント
講演会&イベント
山大スタッフ
■ セミナーなど/工学部
■ 講演会&談話会/工学部
■ 科学実験教室など/工学部
講演会テーマ
口頭発表
表示(asp)
項目
ID94
要約G5: eLearning環境を構築する上での学認の活用事例と今後の展開⇒#94@講演;
題目G5: eLearning環境を構築する上での学認の活用事例と今後の展開
会議名大学ICT推進協議会 2011年度年次大会
開催場所福岡国際会議場
開催日時2011/12/07~2011/12/09
管理者伊藤 智博
シラバスセミナー
PME形式伊藤 智博,G5: eLearning環境を構築する上での学認の活用事例と今後の展開,大学ICT推進協議会 2011年度年次大会,福岡国際会議場, ,2011/12/07
講義ノート
その他の講義ノート
説明引用
G5: eLearning環境構築する上での学認の活用事例と今後の展開
オーガナイザ山地 認証連携部会主査国立情報学研究所
日時12/8() 9:30-10:45
概要これまで学認では多くの大学に広く等しく活用できるサービスとして電子ジャーナルークサービステレビ会議ファイル共有など集中的に取り上げてきたしかしこれらのサービス基本的に個々の大学が個別に利用するものであり大学間や社会産学連携という視点では分に学認の良さが活用されていないという側面がある現在様々な地域でeLearning核とした大学間や社会産学間の地域連携が進められている今回のションではそうした地域連携にはじまり大学間においてeLearning環境効率的に利用する上での学認活用事例や今後の可能性についてディスカション行う
パネリスト国立情報学研究所 山地国立情報学研究所 中村素典山形大学 伊藤智博徳島大学 松浦健東北大学 曽根秀昭福井県立大学 山川 信州大学 鈴木彦文京都大学 上田 
ション形式パネルセション
想定する聴衆地域連携や大学間連携に携わる方々学内の認証基盤構築運用に携わる