鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【キーワード】 時計


項目
ID⇒#240
キーワード時計
ソース情報
品詞
内容
時間1)測定時刻知る道具測定装置2)振り子時計はホイヘンスによって17世紀3)発明されました4)時計発明されてから客観的な計測が可能になり近代科学が発達することになります5)さらに正確な経度計測イギリス海洋覇権もたらしました

正確な時知らせるために時計塔6)や時計台が作られました日本最古のぜんまい時計は徳川家康が導入したみたいです7)

最近は携帯電話時計代わりに使うもふえました圧電振動子して水晶使ったデジタル時計おおいのですが自動的に修正する電波時計も普及してきました液晶ディスプレイ使ったデジタル表示も多くなりましたが使ったアナログ表示もまだまだ健在です

また自動車現在位置確認するGPS衛星などに使われるのは原子時計時は金なりといいますが世界時間空間物質からなりますまた動物にはインターバルタイマー概日時計季節時計寿命などの体内時計があるといわれていますアナログタイプクォーツ時計にはステッピングモーターが使われます液晶ディスプレイ使ったデジタル表示の時計が見受けられます

時計ローター磁石強力なネオジム磁石より耐食性のよいサマリウム磁石使われます8)

関連講義
お散歩の中にサイエンス探し求めて♪,自然見る技望遠鏡顕微鏡地震計時計9)

☆諏訪湖時の科学館儀象堂10)
http://www.gisho…

関連書籍時刻時計の歴史とサイエンス11)

ミュージ > 歯車、同 > 目覚まし時計,歯車、同軸カップラー、目覚まし時計、電球
泉 多恵子,科学ゼミⅡ, 講義ノート, (2008).

高等学校 > 高校歴史 > 世紀 > 17世紀,世紀
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).

高等学校 > 高校工業 > 技術史,高校工業
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

学術・研 > 天文台・ > 明石市立天文科学館,天文台・星空観察
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2008).

建築、土 > 寺社仏閣 > 神社・神 > 久能山 東照宮,神社・神道
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2010).

電気・電 > 株式会社エスアイアイ・マイクロパーツ,電気・電子(コンデンサ)
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2007).

ミュージ > 科学館( > 国立科学 > 日本館― > 自然を見る技(望遠鏡、顕微鏡、地震計、時計),日本館―本館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2008).

ミュージ > 科学館( > 諏訪湖 時の科学館 儀象堂,科学館(工業技術系)
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).

(1時間(time [s()].
(2ミュージ > 歯車、同 > 目覚まし時計,歯車、同軸カップラー、目覚まし時計、電球
泉 多恵子,科学ゼミⅡ, 講義ノート, (2008).
(3高等学校 > 高校歴史 > 世紀 > 17世紀,世紀
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1800).
(4高等学校 > 高校工業 > 技術史,高校工業
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(5 > 暦の雑学事典(目次)
吉岡安之, 暦の雑学事典, 日本実業出版社, (1999).
(6学術・研 > 天文台・ > 明石市立天文科学館,天文台・星空観察
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2008).
(7建築、土 > 寺社仏閣 > 神社・神 > 久能山 東照宮,神社・神道
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2010).
(8電気・電 > 株式会社エスアイアイ・マイクロパーツ,電気・電子(コンデンサ)
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2007).
(9ミュージ > 科学館( > 国立科学 > 日本館― > 自然を見る技(望遠鏡、顕微鏡、地震計、時計),日本館―本館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2008).
(10ミュージ > 科学館( > 諏訪湖 時の科学館 儀象堂,科学館(工業技術系)
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).
(11 > 時刻・時計の歴史とサイエンス
吉岡安之, 暦の雑学事典, 日本実業出版社, (1999).


参考書籍…山形大学附属図書館
(1) ラッセル・フォスター, レオン・クライツマン著/本間徳子訳, 生物時計はなぜリズムを刻むのか, 日経BP社/日経BP出版センター (発売), (, 2006.1).
(2) 角山榮著, シンデレラの時計 : マイペースのすすめ, 平凡社, (2003.1).
(3) F.G. マジョール著/盛永篤郎訳, 量子の鼓動 : 原子時計の原理と応用, シュプリンガー・フェアラーク東京, (2006.6).
(4) F.G. マジョール著/盛永篤郎訳, 量子の鼓動 : 原子時計の原理と応用, シュプリンガー・フェアラーク東京, (2006.6).
(5) 米國ウォルサム時計会, 時計讀本, , (2017/09/20 18:07:47).
(6) 高木兵衞, 時計發達史, , (2017/09/20 18:07:47).
(7) 富成竜馬平, 時と時計, , (2017/09/20 18:07:47).
(8) 山形敞一, 歌集 時計塔, , (2017/09/20 18:07:47).
(9) グロスマン,J., 理論時計学, , (2017/09/20 18:07:47).
(10) 粂和彦著, 時間の分子生物学 : 時計と睡眠の遺伝子, 講談社, (2003.10).
(11) , 平野光雄 時計王 服部金太郎, , (2017/09/20 18:07:47).
(12) ビュニング.E, 生理時計, , (2017/09/20 18:07:47).
(14) , 千葉喜彦 生物時計, , (2017/09/20 18:07:47).
(15) , 千葉喜彦 生物時計, , (2017/09/20 18:07:47).
(18) マイケル・オマリー著/高島平吾訳, 時計と人間 : アメリカの時間の歴史, 晶文社, (1994.5).
(19) , 時計台, , (2017/09/20 18:07:47).
(20) アレン・カーズワイル著/大島豊訳, 形見函と王妃の時計, 東京創元社, (2004.7).
(21) 千葉喜彦著, 生物時計 : サーカデアン・リズムの機構, 岩波書店, (1975.7).
(22) 千葉喜彦著, 生物時計 : サーカデアン・リズムの機構, 岩波書店, (1975.7).
(23) G.H.バイリー[ほか]共著/大西平三訳, 図説時計大鑑, 雄山閣出版, (1980.3).
(24) リチャード・ドーキンス著/中嶋康裕[ほか]訳, 盲目の時計職人 : 自然淘汰は偶然か?, 早川書房, (2004.3).
(25) J.ブラディ著/千葉喜彦訳, 生物時計, 朝倉書店, (1980.11).
(26) J.ブラディ著/千葉喜彦訳, 生物時計, 朝倉書店, (1980.11).
(27) 織田一朗著, 時計と人間 : そのウォンツと技術, 裳華房, (1999.7).
(28) 河合企画室時計史年表編纂室編, 時計史年表, 河合企画室, (1973-1974).
(29) 浅井忠[著], 時計関係年表, [浅井忠], ([1976]).
(30) 浅井忠[著], 時計関係年表, [浅井忠], ([1976]).
(31) , 時計工業における下請系列構造調査報告書, 中小企業調査協会, (1978.3).
(32) 小島勤著/都崎雅之助校閲, やさしい時計の科学 : 歴史・構造より分解・組立まで, コロナ社, ([1959.8]).
メニュー
シラバス/検索/時計…
講義内容/検索/時計…
講義ノート/検索/時計…
研究ノート/検索/時計…
ファイル/検索/時計…
研究テーマ/検索/時計…
論文/検索/時計…
書籍名/検索/時計…
雑誌名/検索/時計…
材料名/検索/時計…
>ウィキペディア/時計…
エンジニア/検索/時計…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧