鷹山 (C)1996-2017 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【キーワード】 鉄


項目
ID⇒#297
キーワード
ソース情報
品詞
内容
トルコ3500年前に出現した鉄器農具武器として世界史変革し紀元前14001)ごろににアルメニア地方で開発された隕鉄利用した製鉄技術よってエジプトメソポタミア脅威与えました2)

金属の鉄3)コモンメタルの代表格炭素の含有量によって軟鉄硬鉄鋳鉄などの鉄鋼材料として利用されます4)磁石になる強磁性体物質つまり磁石にくっつきますホウ素5)ネオジムとの合金ビデオデッキなどに使われます6)

自動車ボディ鉄道レール磁石橋梁コンクリートの鉄筋各種合金あらゆるところに使われる金属の代表格です亜鉛めっきしたトタンは屋根などにスズめっきしたブリキ缶詰などの金属容器に使いますクロムニッケル含む合金はさびにくくステンレス7)と呼ばれます

赤鉄鉱8)などの鉄鉱石コークス石灰石加えて高炉加熱還元銑鉄作ります9)空気中では酸化されてびます加熱した鉄線は酸素中で火花散らして燃焼します

ニッケルと同様に溶存酸素の存在下アルカリ中で不働態化します食品の鮮度保つのに使われる脱酸素剤や使い捨て懐炉カイロも鉄が主成分です

関連書籍磁場10)

(1高等学校 > 高校歴史 > 世紀 > 紀元前,世紀
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(2 > ユーラシア諸地域世界の様々な「文明」を彩った「モノ」
宮崎正勝, モノの世界史, 原書房, , (2002).
(3IronFe, = 55.847 g/mol, (化学種).
(4 > 続おもしろい化学元素(目次)
カレーリン、小林茂樹, 続おもしろい化学元素, 東京図書, , (1981).
(5ホウ素BoronB, (元素).
(6無機化合 > 遷移金属とその化合物
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, , (1998).
(7@ > 無機材料 > 金属 > コモンメ >  > 合金 > ステンレス
ステンレスstainless, (材料).
(8@ > 天然資源 > 鉱物資源 > 鉱石 > 酸化鉱物 > 赤鉄鉱
赤鉄鉱, (材料).
(9 > 無機物質
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, , (2005).
(10電気と磁 > 磁場
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, , (2006).

地球の核形成しますコモンメタル代表格目的に応じて様々な鉄合金1)作られています

ニッケル2)コバルト3)とともに磁性持ちます

単体金属自動車ボディ鉄道レール磁石橋梁コンクリートの鉄筋包丁各種合金あらゆるところに使われる金属の代表格です鉄単独では腐食して錆びてしまいますが4)クロム12%以上添加したステンレス耐食性に富む合金です5)

赤鉄鉱6)などの鉄鉱石コークス石灰石加えて高炉で還元銑鉄作ります7)8)鉄鋼業は日本の産業9)して大規模な市場形成しています10)

ニッケルと同様に溶存酸素の存在下アルカリ中で不働態化します11)

鉄器の出現は紀元前1500トルコの地においてでしたタイトが紀元前1190年ごろに滅亡すると鉄器の製法はオリエント帯に広がりました12)

関連講義
無機分析化学応用実験,金属種類よる過電圧の違い13)
電気化学の庵,さかもとりょうま_坂本龍馬14)

反応式
鉄の還元15)
鉄の還元16)


特になし > 電池の起 > 予備実験 > 鉄の腐食と不働態化,予備実験
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2006).

規格と標 > JIS( > JIS.G―鉄鋼・ステンレスの工業規格,JIS(日本工業規格)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

品質管理 > 2007 > 第3講  > 鉄鋼の作り方,第3講 産業の種類と生産方式
立花 和宏,品質管理, 講義ノート, (2007).

鉄鋼関連 > 新日本製鐵株式会社 君津製鐵所,鉄鋼関連(製鉄、鋳造)
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2007).

高等学校 > 高校公民 > 産業と商業,高校公民
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

高等学校 > 高校公民 > 市場,高校公民
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).

特になし > 電池の起 > 分解電圧 > 金属の種類による過電圧の違い,分解電圧 ~速度論的取り扱い
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2007).

特になし > 電池の起 > 分解電圧 > 金属の種類による過電圧の違い,分解電圧 ~速度論的取り扱い
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2007).

高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 豪族・公 > さかもとりょうま_坂本龍馬,豪族・公家・武将・政治家
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2009).

(1@ > 無機材料 > 金属 > コモンメ >  > 合金 > 鉄合金
鉄合金, (材料).
(2ニッケルnickelNi, = 58.69 g/mol, (化学種).
(3コバルトCo, = 0 g/mol, (化学種).
(4特になし > 電池の起 > 予備実験 > 鉄の腐食と不働態化,予備実験
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2006).
(5規格と標 > JIS( > JIS.G―鉄鋼・ステンレスの工業規格,JIS(日本工業規格)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(6@ > 天然資源 > 鉱物資源 > 鉱石 > 酸化鉱物 > 赤鉄鉱
赤鉄鉱, (材料).
(7品質管理 > 2007 > 第3講  > 鉄鋼の作り方,第3講 産業の種類と生産方式
立花 和宏,品質管理, 講義ノート, (2007).
(8鉄鋼関連 > 新日本製鐵株式会社 君津製鐵所,鉄鋼関連(製鉄、鋳造)
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2007).
(9高等学校 > 高校公民 > 産業と商業,高校公民
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(10高等学校 > 高校公民 > 市場,高校公民
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2006).
(11特になし > 電池の起 > 分解電圧 > 金属の種類による過電圧の違い,分解電圧 ~速度論的取り扱い
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2007).
(12 > ユーラシア諸地域世界の様々な「文明」を彩った「モノ」
宮崎正勝, モノの世界史, 原書房, , (2002).
(13特になし > 電池の起 > 分解電圧 > 金属の種類による過電圧の違い,分解電圧 ~速度論的取り扱い
遠藤 昌敏,無機・分析化学応用実験, 講義ノート, (2007).
(14高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 豪族・公 > さかもとりょうま_坂本龍馬,豪族・公家・武将・政治家
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2009).
(15)   3Fe2O3 + CO →   2Fe3O4 + CO2, ?, (反応-546).
(16)   Fe3O4 + 4CO2 + 4CO →   3Fe, ?, (反応-547).


無機・分析化学応用実験

参考書籍…山形大学附属図書館
(1) 人間文化研究機構国立歴史民俗博物館編集, 歴史のなかの鉄炮伝来 : 種子島から戊辰戦争まで, 人間文化研究機構国立歴史民俗博物館, (2006.10).
(2) , 小邦宏治 鉄は錆びているか, , (2017/09/26 1:48:19).
(3) 曽我部静雄, 鹽鉄論, , (2017/09/26 1:48:19).
(4) セラフィモー.ウイッ, 鉄の流れ, , (2017/09/26 1:48:19).
(5) , 中ヰ励作 鉄と私, , (2017/09/26 1:48:19).
(6) , 中ヰ励作 鉄と私, , (2017/09/26 1:48:19).
(7) , 24 賜李納王武俊等鉄券元, , (2017/09/26 1:48:19).
(8) , 10-12 鉄集, , (2017/09/26 1:48:19).
(9) , 10-12 鉄集, , (2017/09/26 1:48:19).
(10) , 10-12 鉄集, , (2017/09/26 1:48:19).
(11) 柴田晴彦, 鑄鉄及鑄鋼の熔接, , (2017/09/26 1:48:19).
(12) 紀伊國屋書店, BSフジ, オルタスジャパン制作・著作/ポルケ製作, 鉄は国家なり : 九州の近代化遺産, 紀伊國屋書店 (発売), (2005).
(13) , 鉄欠乏性貧血, , (2017/09/26 1:48:19).
(15) , 岩波写真文庫 鉄 18, , (2017/09/26 1:48:19).
(16) 東北鉄資源開発調査委, 東北の未利用鉄資源 5, , (2017/09/26 1:48:19).
(17) 東北鉄資源開発調査委, 東北の未利用鉄資源 4, , (2017/09/26 1:48:19).
(18) 東北鉄資源開発調査委, 東北の未利用鉄資源 3, , (2017/09/26 1:48:19).
(19) 東北鉄資源開発調査委, 東北の未利用鉄資源 2, , (2017/09/26 1:48:19).
(20) 東北鉄資源開発調査委, 東北の未利用鉄資源 1, , (2017/09/26 1:48:19).
(21) 柴田晴彦, 鑄鉄の熔接, , (2017/09/26 1:48:19).
(22) 沢村宏, 理論鉄冶金學 基礎理論 下, , (2017/09/26 1:48:19).
(23) 沢村宏, 理論鉄冶金學 基礎理論 上, , (2017/09/26 1:48:19).
(24) 日本鉄綱協会, 鉄綱技術情報 35-36(1-, , (2017/09/26 1:48:19).
(25) 日本鉄綱協会, 鉄綱技術情報 35-36(1-, , (2017/09/26 1:48:19).
(26) 日本鉄綱協会, 鉄綱技術情報 37-38(1-, , (2017/09/26 1:48:19).
(27) 日本鉄綱協会, 鉄綱技術情報 37-38(1-, , (2017/09/26 1:48:19).
(28) 日本鉄綱協会, 鉄綱技術情報 33-34(1-, , (2017/09/26 1:48:19).
(29) 日本鉄綱協会, 鉄綱技術情報 33-34(1-, , (2017/09/26 1:48:19).
(30) 日本橋梁建設協会編, 日本の橋 : 鉄・鋼橋のあゆみ, 朝倉書店, (2004.5).
(31) 通運荷役研究所, 荷役機械形式図集 第1編;國鉄, , (2017/09/26 1:48:19).
(32) 文部省球状黒鉛鑄鉄研, 球状黒鉛鑄鉄の研究, , (2017/09/26 1:48:19).
メニュー
シラバス/検索/鉄…
講義内容/検索/鉄…
講義ノート/検索/鉄…
研究ノート/検索/鉄…
ファイル/検索/鉄…
研究テーマ/検索/鉄…
論文/検索/鉄…
書籍名/検索/鉄…
雑誌名/検索/鉄…
材料名/検索/鉄…
>ウィキペディア/鉄…
エンジニア/検索/鉄…
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧