鷹山 (C)1996-2020 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?

【ナレッジ】 回帰

ナレッジ
ナレッジ/エンジニア
研究テーマ
ナレッジ/鷹山
ナレッジ/C1
キーワード
♪Q&A-質問♪
●…
キーワード/検索/回帰…
シラバス/検索/回帰…
講義ノート/検索/回帰…
論文/検索/回帰…
山大図書館/回帰…
● >ウィキペディア/回帰…
旧バージョン(asp)
項目
題目回帰
リンク
-ナレッジ
親単元
説明
メニュー
シラバス/検索/回帰…
講義内容/検索/回帰…
講義ノート/検索/回帰…
研究ノート/検索/回帰…
ファイル/検索/回帰…
研究テーマ/検索/回帰…
論文/検索/回帰…
書籍名/検索/回帰…
雑誌名/検索/回帰…
材料名/検索/回帰…
>ウィキペディア/回帰…

説明
回帰周して元に帰ることが本来の意味であるこれから更に意味が広がってくり返すこともいう品質管理場合に要因原因Xと結果Yの間にどのような関係があるか調べる時にそれ数式つまり関数関係XとYとので表せるかどうかが問題となるこの関数関係調べること回帰分析するという要因と結果の関係の解析に回帰いう用語用いたのはダーウイン弟子のゴルトンい言われ背の高さは子供に遺伝するかという問題調査したその時に背の高いからは背の高い子供背の低いからは背の低い子供が生まれることは当然であるが全体とすると平均化つまり中心の方に近づく帰る戻る傾向が認められたこれ持って回帰いう用語使ったとされている細かい定義は別とすればつ事柄の関係解析すること回帰分析あるいは相関分析という1)
(1品質管理概論
妹能晴弥, 品質管理概論, 山形大学工学部物質化学工学科, (2006).