(C)1996- 2020   Copyright  データベースアメニティ研究所
バーチャル卒業式やりませんか?

10mM 硫酸銅(Ⅱ)五水和物水溶液 Mnマーカー有り -10℃、10mW、ヘマトクリット毛細管で測定



○○ 測定条件 ○○

試料名: 硫酸銅水和物
実験装置: 電子スピン共鳴装置電子スピン共鳴(ESR)装置1)
測定日時: 2008/09/12 18:18:32
共鳴周波数νHz; 9.137459GHzGHz
温度TK: -10 °C
照射電力PW: 10 mWmW
中心磁場CeT: 300 mTmT
磁場掃引幅xmT: 250 mTmT
磁場掃引時間Fis: 1200 ss
磁場変調強度xmT: 0.16 mTmT
時定数tcs: 0.01 ss
増幅ゲイン増幅率x: 10 -
Mnマーカーダイヤルマンガンマーカー (Mn2+/MgO)2)Mn マーカー バックグラウンド 2007/05/31調整 ESRスペクトル (2回目)3): 720 -
g値g値4): 2.23156
g値マンガンマーカーからg値を求める計算式5): -
超微細結合定数AT: mTmT
測定者: 柿崎



電子スピン共鳴(ESR)装置
,JEOL RE-3X,,(日本電子株式会社,).

Mn マーカー バックグラウンド 2007/05/31調整 ESRスペクトル (2回目)グラフ.

(1電子スピン共鳴(ESR)装置
,JEOL RE-3X,,(日本電子株式会社,).
(2@ > マンガンマーカー (Mn2+/MgO)
マンガンマーカー (Mn2+/MgO)Mn2+ Marker, (材料).
(3Mn マーカー バックグラウンド 2007/05/31調整 ESRスペクトル (2回目)グラフ.
(4g値, (計算).
(5マンガンマーカーからg値を求める計算式, (計算).