鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【学会】 In vivoスピンプローブESR法によるストレス負荷サケ科魚類胚のレドックス状態計測
一覧戻る進む·J-GLOBAL | 出張旅費申請
ID⇒#160@学会;
要約【学会】○桂和彦,吉…らは、2004年に山形県山形市で開催された第26回日本フリーラジカル学会学術集会においてIn vivoスピンプローブESR法によるストレス負荷サケ科魚類胚のレドックス状態計測について報告している⇒#160@学会;。
タイトルIn vivoスピンプローブESR法によるストレス負荷サケ科魚類胚のレドックス状態計測
講演番号
発表者○桂和彦,吉村裕,横山康隆,鈴木康之,伊藤智博,尾形健明
会議名第26回日本フリーラジカル学会学術集会
場所山形県山形市
会期2004/06/24
イベント(会議名&イベント名)
URL
外部J-GLOBAL
対応URL
関連外部URL
管理者尾形 健明
研究グループ(グループ不明)
PME形式○桂和彦,吉村裕,横山康隆,鈴木康之,伊藤智博,尾形健明,In vivoスピンプローブESR法によるストレス負荷サケ科魚類胚のレドックス状態計測,第26回日本フリーラジカル学会学術集会,山形県山形市, ,2004/06/24
書誌情報In vivoスピンプローブESR法によるストレス負荷サケ科魚類胚のレドックス状態計測
○桂和彦,吉村裕,横山康隆,鈴木康之,伊藤智博,尾形健明,第26回日本フリーラジカル学会学術集会講演要旨集 (2004).
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧