鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【学会】 正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-活物質粒度の影響-
一覧戻る進む·J-GLOBAL | 出張旅費申請
ID⇒#7@学会;
要約【学会】○千葉祐毅,…らは、1997年に大阪豊中で開催された第38回電池討論会において正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-活物質粒度の影響-について報告している⇒#7@学会;。
タイトル正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-活物質粒度の影響-
講演番号3A08
発表者○千葉祐毅,立花和宏
会議名第38回電池討論会
場所大阪豊中
会期1997/11/11
イベント(会議名&イベント名)
URL
外部J-GLOBAL
対応URL
関連外部URL
管理者立花 和宏
研究グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
研究テーマ種々の粒子形態を有するLiMn2O4の合成とリチウム二次電池用正極活物質としての評価
PME形式○千葉祐毅,立花和宏,正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-活物質粒度の影響-,第38回電池討論会,大阪豊中, ,1997/11/11
書誌情報正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-活物質粒度の影響-
○千葉祐毅,立花和宏,第38回電池討論会講演要旨集 (1997).

正極 LiMn2O4 用いたリチウム次電池の充放電挙動-活物質粒度の影響-

正極にLiMn2O4 用いたリチウムイオン二次電池の充放電挙動ということで活物質粒度1)の影響調べた2)細かな粒子の活物質使ったところで電流特性は変らずむしろ導電助材が足りないと電流特性は低下するこのことは活物質導電助材制御することが重要であること意味する

修士論文3)

葉らは1998年にPropozal for an accurate and rapid international electrochemical test for various battery materials using T-M cell(PART.4): SEM observation of LiMn2O4 positive electrode(JEC No.3) before and after the charging/discharging test in organic electrolyteについて報告しリチウムイオン二次電池LiMn2O4コンポジ電極ついて充放電サイクルよって電極がどのように変化するか電子顕微鏡で断面観察した 葉祐毅,…らは1997年に大阪豊中で開催…と述べている4)

粒度分布5)粒度6)

1997平成年度ノート7)

関連書籍
粉体と粒体8)

関連講義
マンガンリチウムスピネル9)
活物質|電解質界面10)11)
リチウム次電池における電極スラリーの調製と塗布技術,塗布乾燥プロセスと電池性能12)
電極最適化のためのスラリー調整塗布乾燥13)



活物質粒度のチェック
立花 和宏, 研究ノート, (1997).

◆1997年(平成9)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (1997).

実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物 > マンガン酸リチウム(スピネル),正極活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 活物質|電解質(界面),電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 活物質| > 活物質|電解質、導電助材(3相界面),活物質|電解質(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

リチウム > 塗布・乾燥プロセスと電池性能,リチウム二次電池における電極スラリーの調製と塗布技術
立花 和宏,リチウム二次電池における, 講義ノート, (2009).

 > 第2講 電極最適化のためのスラリーの調整と塗布・乾燥,
立花 和宏,電極動作の基礎とスラリー, 講義ノート, (2010).

(1粒度分布,粒径,粒度, (プロット).
(2活物質粒度のチェック
立花 和宏, 研究ノート, (1997).
(3種々の粒子形態を有するLiMn2O4の合成とリチウム二次電池用正極活物質としての評価
千葉 祐毅, 修士論文, (1998).
(4Propozal for an accurate and rapid international electrochemical test for various battery materials using T-M cell(PART.4): SEM observation of LiMn2O4 positive electrode(JEC No.3) before and after the charging/discharging test in organic electrolyte
Kazuhiro Tachibana, Tatsuo Nishina, Kenzo Matsuki and Akiya Kozawa, Progress in Batteries & Battery Materials, V.17, N., pp.265-272, (1998).
(5粒度分布,粒径,粒度, (プロット).
(6粒度(granularity [(無次元)].
(7◆1997年(平成9)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (1997).
(8 > 粉体と粒体
藤田重文・東畑平一郎, 化学工学Ⅱ―機械的操作―, 東京化学同人, (1963).
(9実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物 > マンガン酸リチウム(スピネル),正極活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(10結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 活物質|電解質(界面),電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(11結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 活物質| > 活物質|電解質、導電助材(3相界面),活物質|電解質(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(12リチウム > 塗布・乾燥プロセスと電池性能,リチウム二次電池における電極スラリーの調製と塗布技術
立花 和宏,リチウム二次電池における, 講義ノート, (2009).
(13 > 第2講 電極最適化のためのスラリーの調整と塗布・乾燥,
立花 和宏,電極動作の基礎とスラリー, 講義ノート, (2010).

ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧