鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
繊維…
「繊維」の検索結果です。
 

アンゴラ兎毛繊維の吸湿性,山形大学紀要(教育科学)10(3)(1992)


 , (1992).

斎藤拓,井上隆:多成分系の科学:繊維学会誌,50,27-282


 ,(1994).

斎藤拓,井上隆:多成分系の科学:繊維と工業,45,500-505


 ,(1989).

井上隆:ポリマーアロイヘの展望と期待;繊維と工業,48,441-445


 ,(1992).

「導電性高分子ポリアニリンに関する研究」、繊維学会誌,57巻,10月号,pp274-278(2001).繊維学会賞受賞論文


倉本憲幸 ,繊維学会誌(2001).

アルミナ短繊維強化Al基複合材のクリープ特性,日本金属学会誌,63(4)(1999)


松浦圭助,松田則男 ,日本金属学会(1999).

アルミナ短繊維強化6061Al合金複合材料のクリープ特性,日本金属学会誌,59(9)(1995)


本郷和弘,赤池 淳,松田則男,松浦圭助 ,日本金属学会(1995).

アラミド紙を用いた電子回路基板のねじれと繊維配向


永田紳一、川北嘉洋、小山清人 ,繊維学会誌(1998).

疲労とクリープにおけるガラス繊維強化ポリアミドの66の歪み挙動


加藤淳,半田浩一 ,高分子論文集(1997).

フェノール樹脂系複合材料の摩擦・磨耗に関する研究第4報アラミド繊維充填フェノール樹脂の摩耗・摩擦挙動


栗山卓,高久一彦 ,成形加工(1995).

フェノール樹脂系複合材料の摩擦・磨耗に関する研究第3報ガラス繊維充填フェノール樹脂の摩擦・磨耗挙動


高久一彦,栗山卓 ,成形加工(1993).

フェノール樹脂系複合材料の摩擦・磨耗に関する研究第2報炭素繊維充填フェノール樹脂の摩擦・磨耗挙動


栗山卓,高久一彦 ,成形加工(1992).

繊維・高分子測定法の技術,5章1機械的性質


 ,朝倉書店(1985).

ポリエチレン-カーボンブラック複合フィルムの熱伝導の解析,繊維学会誌,49(1)(1993)(共著)


 ,(2019).

有機溶媒可溶セルロースグラフト共重合体に関する詳細な研究,繊維学会誌,48巻12号(1992)


 ,(2019).

スチレン/セルロースグラフト共重合体によるセルロース被覆ポリスチレンフィルムの製膜,繊維学会誌,52巻2号(1996)


 ,(2019).

ガラス繊維強化ポリアミドの疲労過程における発熱温度の予測,高分子論文集,54(3)(1997)(共著)


 ,(2019).
業績…