鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館

【講演】 タンタル・ニオブアノード酸化皮膜の表面欠陥

イヴェント
講演会&イベント
山大スタッフ
■ セミナーなど/工学部
■ 講演会&談話会/工学部
■ 科学実験教室など/工学部
講演会テーマ
口頭発表
表示(asp)
項目
ID48
要約タンタル・ニオブアノード酸化皮膜の表面欠陥⇒#48@講演;
題目タンタル・ニオブアノード酸化皮膜の表面欠陥
会議名㈱技術情報協会 セミナー
開催場所東京五反田
開催日時2005/10/27~2005/10/27
管理者立花 和宏
シラバス固体電解コンデンサの耐電圧と漏れ電流
PME形式立花 和宏,タンタル・ニオブアノード酸化皮膜の表面欠陥,㈱技術情報協会 セミナー ,東京五反田, ,2005/10/27
講義ノート
高分子固体電解コンデンサの皮膜修復
固体電解コンデンサ
表面欠陥について
水分濃度とニオブアノード酸化皮膜の耐電圧
はじめに
1. バルブメタルのアノード酸化
 -1.1. バルブメタルの高電場機構による皮膜生成機構
 -1.2. アノダイジングレシオ、絶縁性、耐電圧、漏れ電流
 -1.3. アノード酸化皮膜の表面欠陥と電流集中
1.1. バルブメタルの高電場機構による皮膜生成機構
1.2. アノダイジングレシオ、絶縁性、耐電圧、漏れ電流
1.3. アノード酸化皮膜の表面欠陥と電流集中
2. カソード材料によるアノード酸化皮膜の表面欠陥の顕在化
 -2.2. 炭素材料接触による漏れ電流
2.2. 炭素材料接触による漏れ電流
 -. 表面欠陥について
その他の講義ノート
説明引用
固体電解コンデンサの誘電体として使われるタンタルニオブのアノード酸化皮膜には表面欠陥が存在するこの表面欠陥にカソード材料が接触すると固体電解コンデンサの耐電圧が低下したり漏れ電流が増加したりする本講演では導電性高分子などの非水系固体カソード材料接触時のアノード酸化皮膜の絶縁特性について学問的な視点から説明試みる

資料----
以前の講演会1)
よしきのノート2)

3)ニオブコンデンサ用固体電解質のニオブアノード酸化皮膜への最適塗布条件4)電解コンデンサ用カソード材料の接触によるニオブアノード酸化皮膜の欠陥修復5)

2005年度-平成17年度6)




(1固体電解コンデンサの耐電圧と漏れ電流-アノード酸化皮膜の表面欠陥とカソード材料の接触界面-
立花 和宏, ㈱技術情報協会 セミナー, (2005).
(2リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化
立花和宏、佐藤幸裕、仁科辰夫、遠藤孝志、松木健三、小野幸子, Electrochemistry, Vol. 69, No.9, pp.670-680, (2001).
(3ニオブアノード酸化皮膜の漏れ電流に及ぼす導電性高分子の接触効果
赤峰広規,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 化学系9学協会連合東北地方大会, (2004).
(4ニオブコンデンサ用固体電解質のニオブアノード酸化皮膜への最適塗布条件
伊藤晋,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 化学系9学協会連合東北地方大会, (2003).
(5電解コンデンサ用カソード材料の接触によるニオブアノード酸化皮膜の欠陥修復
田中良樹,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 2003年電気化学秋季大会, (2003).
(6●2005年度(平成17)年度卒業研究
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).