鷹山 (C)1996-2021 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
バーチャル卒業式やりませんか?
【学会】 災害時に備えた分散キャンパスによる情報基盤の整備
一覧戻る進む·J-GLOBAL | 出張旅費申請
ID⇒#306@学会;
要約【学会】伊藤智博,高…らは、2011年に三重大学 総合研究棟II メディアホールで開催された第6回情報系センター研究交流・連絡会議/第15回学術情報処理研究集会において災害時に備えた分散キャンパスによる情報基盤の整備について報告している⇒#306@学会;。
タイトル災害時に備えた分散キャンパスによる情報基盤の整備
英文タイトルConstruction of robust information infrastructures for disaster in decentralized campus
講演番号S1-1
発表者伊藤 智博, 高野勝美, 田島靖久, 吉田浩司
会議名第6回情報系センター研究交流・連絡会議/第15回学術情報処理研究集会
場所三重大学 総合研究棟II メディアホール
会期2011/09/15
イベント第6回情報系センター研究交流・連絡会議/第15回学術情報処理研究集会
URLhttp://w…
外部J-GLOBAL
対応URL
関連外部URLhttp://www.cc.mi…
管理者伊藤 智博
研究グループ仁科・立花研究室(旧応用化学C1講座)
PME形式伊藤智博,高野勝美,田島靖久,吉田浩司,災害時に備えた分散キャンパスによる情報基盤の整備,第6回情報系センター研究交流・連絡会議/第15回学術情報処理研究集会,三重大学 総合研究棟II メディアホール, ,2011/09/15 13:30:00
書誌情報災害時に備えた分散キャンパスによる情報基盤の整備
伊藤智博,高野勝美,田島靖久,吉田浩司,講演要旨集, 5-11 (2011).

 山形大学ではーク安定に運用するために様々な試みがなされてきた2011311日に発生した東日本大震災以前には比較的安価な商用ISPによるクア回線準備しファイアウォール複数ISP接続機能とDNSのラウンドロビン機能よるインバウンド通信冗長化技術構築していた震災による停電によってこの冗長化構成が施されたサーバついては学外から本学のサービス利用することができたこの冗長化技術だけでは学内から学外への通信はできなかったため震災安否確認システム構築アウトバウンド通信の冗長化技術導入した本稿では震災震災時および震災後に実施した情報基盤取り囲む様々な対応について報告する

ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧