鷹山 (C)1996-2019 Copyright  データベースアメニティ研究所 Connected via IPv4
2015年10月10日 震災から復旧 米沢高等工業学校本館
【学会】 単一正弦波相関法によるLiMn2O4を正極とするテストセルの充放電時におけるIn situ インピーダンス測定
一覧戻る進む·J-GLOBAL | 出張旅費申請
ID⇒#36@学会;
要約【学会】小又一義…らは、1996年に東京都目黒区大岡山2-12-1東京工業大学大岡山キャンパスで開催された第37回電池討論会において単一正弦波相関法によるLiMn2O4を正極とするテストセルの充放電時におけるIn situ インピーダンス測定について報告している⇒#36@学会;。
タイトル単一正弦波相関法によるLiMn2O4を正極とするテストセルの充放電時におけるIn situ インピーダンス測定
講演番号1A23
発表者小又一義
会議名第37回電池討論会
場所東京都目黒区大岡山2-12-1東京工業大学大岡山キャンパス
会期1996/09/25
イベント(会議名&イベント名)
URL
外部J-GLOBAL
対応URL
関連外部URL
管理者立花 和宏
研究グループ尾形・仁科研究室(旧応用化学C1講座)
PME形式小又一義,単一正弦波相関法によるLiMn2O4を正極とするテストセルの充放電時におけるIn situ インピーダンス測定,第37回電池討論会,東京都目黒区大岡山2-12-1東京工業大学大岡山キャンパス, ,1996/09/25
書誌情報単一正弦波相関法によるLiMn2O4を正極とするテストセルの充放電時におけるIn situ インピーダンス測定
小又一義,第37回電池討論会講演要旨集 (1996).
ページレビュー
シボレスページレビュー…/一覧